25日午前9時20分ごろ、兵庫県姫路市網干区網干浜、市ごみ焼却・リサイクル施設「エコパークあぼし」内にある健康増進センター建設工事現場で爆発があった。市消防局によると、作業員8人がやけどや骨折などの重軽傷を負い、病院に運ばれたという。

 県警網干署によると、爆発があったのは健康増進センター内の温水プール建設工事現場付近といい、詳しい原因を調べている。

 エコパークあぼしは、ごみ焼却施設のほか、焼却熱を利用した温水プールや、環境問題を学べる体験型施設などがあり、27日に完工式が行われ、4月から稼働する予定になっていた。

【関連記事】
トヨタの工場で小爆発 従業員1人が軽いやけど
インド機で爆発物見つかる 乗客らにけがはなし
空き地で爆発音、車2台全半焼 茨城・神栖市
新幹線あわや…ドラム缶爆発、日本新薬3社員あすにも書類送検
ライターつけたら…千葉の交番で爆発 原因は天然ガス?

5歳児餓死、母親「腕にアイロン当てた」(読売新聞)
役員から国会議員一掃=国保中央会(時事通信)
<神戸市>震災再開発事業で初の行政代執行(毎日新聞)
<強奪>3人組が風俗店事務所から200万円奪う 横浜(毎日新聞)
課題多い若年性認知症、理解と支援体制が不十分―都が報告書(医療介護CBニュース)
AD