政府は12日、6月の月例経済報告で示す景気判断について「回復」の表現を盛り込む方向で検討に入った。同表現が復活すれば、リーマン・ショック前の2008年7月以来1年11カ月ぶりとなる。来週初めの市場動向なども見ながら最終判断し、18日の関係閣僚会議でまとめる。
 政府はこれまで、景気の統括判断を「着実に持ち直してきている」としてきた。1~3月期の実質GDP(国内総生産)改定値が年率5.0%増と高水準の伸びを示し、日本経済の好転が明確になったことを踏まえ、上方修正を検討する。 

【関連ニュース】
6年半ぶり「回復」表現=景気判断、一歩前進
「着実に持ち直し」を維持=景気判断-5月月例経済報告
景気判断、2期ぶり上方修正=5地域で改善
景気判断据え置き=4月の月例経済報告
7地域で景気判断を上方修正=設備投資の改善広がる

菅首相、亀井氏の後継選任へ=与野党は「会期1日延長」で詰め(時事通信)
基礎収支、20年度に黒字化=民主参院選公約(時事通信)
身ぶりでゲーム操作 米MS「体感型」発売へ(産経新聞)
オールドでも乗り心地はいいわよ 吉野山ロープウエー(産経新聞)
山田農水相、IWC総会欠席=「口蹄疫問題、予断許さず」(時事通信)
AD
 文部科学省は3日、事業の無駄を自ら洗い出す「行政事業レビュー」を始め、対象6事業のうち4事業(10年度予算計20億3900万円)を、11年度以降「廃止」と判定した。4日まで行われる。

 このうち、「世界最高水準のIT(情報技術)人材育成」をうたい、限られた大学に補助金を出す事業では「どんな人材を育成したいのか不明確。IT教育は大学の本来業務で、一部だけ支援するのは理解できない」とした。

 また、テロ対策の研究など「安全・安心科学技術プロジェクト」(同4億2100万円)も「廃止も含め抜本的見直し」と判断。大学や研究機関の補助金となっている「科学技術振興調整費」(同296億4300万円)は、「調整費という本来の目的に沿うよう抜本的改善」を求めた。

 出席した川端達夫文科相は「内閣は変わるが、ぜい肉のない筋肉質な行政を作る民主党政権の方針は変わらない」と述べた。

<鳩山首相>「次の総選挙出馬せず」 (毎日新聞)
2010年の夏のボーナス、去年と比べてどうですか?(Business Media 誠)
岡田外相ら11閣僚再任へ(時事通信)
<民主代表選>「この国を立て直すことが第一の仕事」 菅新代表の当選あいさつ(毎日新聞)
<殺人>弁護士が男に胸など刺され死亡 横浜の事務所で(毎日新聞)
 27日午前8時半ごろ、千葉県成田市大菅の県道で、近くの「月かげ保育園」の送迎用ワゴン車が乗用車に衝突され横転した。乗っていた3~6歳の男児5人と女児3人、男性運転手(65)、同乗の女性保育士(45)の計10人が病院に運ばれたが、全員軽傷という。

 県警成田署によると、送迎用ワゴン車は保育園に向かう途中だった。丁字路を右折した際、後方から来た専門学校生の男性(19)運転の乗用車がワゴン車の右側面に衝突したという。現場は片側1車線で、乗用車はワゴン車のすぐ後ろを走っており、追い越そうとして衝突したとみられる。【中川聡子】

【関連ニュース】
<関連記事>京都市バスが電柱に衝突 乗客ら8人がけが
<関連記事>3中学生けが:衝突のはずみではねられ
<関連記事>観光バスなど3台衝突 乗客ら12人けが
<関連記事>衝突で学生死亡 9日前に免許取得
<関連記事>雨で車7台が多重衝突事故--瀬戸中央道下り線

日米会談 両国防衛相、緊密な連携で一致(毎日新聞)
ラーメン店主を包丁で襲う 23歳女「誰でもよかった」(産経新聞)
<会社役員殺害>新たに組長逮捕、4人目 群馬県警(毎日新聞)
<口蹄疫>特別措置法が成立 国の損失補償、より手厚く(毎日新聞)
<岡本倶楽部>財務局の違法性指摘後も口頭で「元本保証」(毎日新聞)