勝者のフットワーク塾 オフィシャルブログ

オーストラリアでコーチに転身、元高校教師、中屋晋の思考の響き。
日々 テニスに真剣に向かい合っている人に送ります。
フットワークがわかるとテニスが変わる。
勝者のフットワーク塾の教え。出来ないことが出来るようになるテニススクール開講中。


テーマ:
テレビの放映で全仏オープンを堪能なさっておられる方も多いでしょう。
日本中が錦織選手の活躍に注目していますね。
さて、錦織選手の1回戦の対戦相手はイタリアのボレリ選手。

雨の途中順延を挟んで、3-0で1回戦突破。
試合後のインタビューで面白いやり取りがありました。

錦織選手のボレリ選手との対戦成績は3戦全勝なのですが、
インタビュアの質問に何と錦織選手の反応は
「負けた記憶があるんですけど、、」

これにはインタビュアもびっくり。
数多く対戦して、何勝何敗かを勘違いするくらいならわかるが、3回しか対戦してないのに。
天然と言えば天然。

錦織選手の頭のなかでは、勝敗とは別の価値観で試合を記憶しているということでしょうか。
興味深い反応でした。

錦織2012US


一般に「負けず嫌い」ってよく言いますが、多くの人は負けたくない人のことをイメージすると思いますが、私が思うに、一流のアスリートの「負けず嫌い」は少し違う気がします。

やりたいことが出来たかどうか、思ったことを達成出来たかどうか、この辺のこだわりの強さのような気がします。必ずしも勝敗に限らないのではないか。

体操の白井健三選手が以前、こんなことを言ってました。
「自分は負けず嫌いではなく、勝ち好きなんです。」
満足できる内容なら負けてもいい。でも、勝ちたい意欲は人一倍あるとのこと。

勝つまでの過程を大事にするということかも知れません。

競争心が強い人ほど、幸福度を下げるという人もいます。
なぜか、常に人との比較で幸福度を測る人より、自分が何を達成したかで幸福度を測る人の方が、自分で幸福度を余計に下げることがないというのです。

さもありなん。

1億円稼いでも、10億円稼いでる人を見て落ち込む人がいますからね。

人との比較ではなく、自分が目標に掲げたことの何を達成出来たかを評価すべきで。
余分な見栄やプライドのために大切なことを見失うことは避けたいものです。

錦織選手の目標が達成されることを祈念します。

右矢印勝者のフットワーク塾 サマーキャンプ参加者募集中!!
初参加、大歓迎 気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12159929821.html



いいね!(5)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
勝者のフットワーク塾恒例のサマーキャンプを昨年に引き続き岩手県の安比高原で開催致します。
毎年、充実した環境で練習が出来ることに感謝しつつ、今年も参加者を募集致します。

「勝者のフットワーク塾」の合宿は、例年通り初参加大歓迎です!
奮ってご参加お申込み下さい。

★昨年の様子です。
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12066120734.html

ということで、

宿泊は今回もペンション・アーラワッカに決めました。
ペンションと言っても昔のペンションのイメージとは違います。
全室バス・トイレ付で、狭苦しいイメージはありません。
食事は豪華フルコースの毎日。
http://www.aara-wakka.com/index.php

ー安比高原の気候ー
8月で日中の気温は25度前後。テニスには最適です。逆に朝晩は10度を切ることもあるとのことです。
まさに猛暑の都会を脱出して、のびのびとテニスが出来そうです。

ーアフターテニスー
フリードリンク制です。
今年も飲み放題のプランです。
例によって、グラスを傾けながら、楽しいテニス談義を満喫しましょう。

ー宿までのアクセスー
新幹線で盛岡まで行き、そこから送迎バスがあります。とにかく盛岡駅まで行けば宿まで集団行動です。
または『ぎんが鉄道線』で安比高原駅から送迎バスというルートも可です。
飛行機の場合は 花巻空港駅→盛岡駅→安比高原駅。送迎バスが随時ございます。

ーご家族の観光リゾートー
牧場・温泉・自然体験教室など都会の猛暑を忘れ、ゆったりした時間のなかで大自然を満喫頂けます。
是非、お友達・ご家族連れのお申し込みもお待ちしております。

★一昨年の様子
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-11891127734.html

http://ameblo.jp/vfootwork/entry-11892288783.html

-実施詳細-
1.期間:8月19日(金)~8月23日(火)4泊5日
2.開催場所:安比高原テニスクラブ(岩手)
3.宿泊所 安比高原ペンション アーラワッカ
http://www.aara-wakka.com/index.php
<参加費>
洋室2~3名 4泊5日3食付
98,000円
※宿泊料、飲み放題プラン、安比高原駅まで送迎代。
滞在期間の「勝者のフットワーク塾」によるフットワークレッスン費用が含まれ
ます。
※雨天時のインドアコート使用料も含まれます。
※お一人で参加の場合は基本的にシングルユースでの宿泊になります。
相部屋の可否をお知らせ頂ければ、洋室2~3名のお部屋に調整出来ることもあ
ります。
※シングルユース:プラス4,000円
※部屋割りについてはこちらで調整させて頂きます
※途中参加も可能です。(定員を超えた場合には全日程参加の方が優先されます。)
お見積もりも承ります。
4.内容:1日目 昼過ぎ着 勝者のフットワーク塾専属コーチと自由練習
2日目~4日目 5hレッスン
5日目 午前中 3hレッスン
※レッスンはVfootworkメソッドの基本から段階的に実戦的な技術練習まで行います。
※雨天の場合は町営のインドアコートまで車で移動します。
★練習風景
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-11570283012.html

http://ameblo.jp/vfootwork/entry-11579065176.html

5.最小催行人数:8名、定員:12名
ご家族連れ様でテニスレッスンを受講されない方には割引もございます。

6.お申込み
以下のフォームよりお申し込み下さい。
PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/form/pc/isHHorc2BZwIkBEh/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/form/i/isHHorc2BZwIkBEh/


Webからのお申し込みができない場合には
info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

お見積りなどお問い合わせについては、お気軽に下記アドレスにご連絡下さい。
info@vfootwork.com

7.開催決定日:7月22日(金)

本日より募集を開始します。
料金やイベント内容詳細についてはお気軽にメールでお問い合せ下さい。

楽しい夏休みをご一緒に過ごしてみませんか\(^o^)/

サマーキャンプ

いいね!(4)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
土居美咲選手がイタリア国際でベスト8入り、ランキングもトップ50に入ってきました。

1年ほど前まで100位あたりをずっと前後したのですが、何があったのか。
どうやらアメリカ人コーチ、ザハルカの指導の影響が大きかったようです。

その指導は何がどんな風に違ったのか。

まず、土居選手が最初に戸惑いを覚えたのは、繰り返し言われた「スイングスピードを上げろ」という言葉。
練習ではショットがコートに入る、入らないを気にすることなく、全力で腕を振り抜きボールを何度も何度も繰り返し打ちこむことも求められたそうです。

しかし、結局そのような練習を通じて目指していたのは、「安定感」と「ショットの質の向上」でした。

日本の指導では、「安定感」を求めた場合、丁寧に振ることやラケットを振り回さないこと。
こういったアドバイスになる傾向があります。

やはり、安定感とスピードの両立は一流のプレーには必要です。
しかし、安定感を求めるとどうしてもスイングを落とす方向に意識が向かってしまいます。

私の考えでは、真の安定とはある一定以上のスイングスピードのうえに成立するものではないか。
そんな風に考えてきました。

ここである一定以上と定義したのは、中途半端なスイングスピードでは逆にラケットでボールが暴れるということです。

理想は、全体の印象はゆったりとしていて、スイングスピードが速いこと。
ラケットのトップスピードの瞬間に動きの連鎖が集約して、現れるということです。
これはフルスイングで打ち続けた結果、無駄がそぎ落とされて到達出来る領域の技術だと思います。

「”試合の頑張り”を作る唯一の方法は、第2の天性となるまで練習を繰り返すことと、トップスピードで練習を繰り返すことである。」チルデン著ベターテニスより
1920年から6年間、デビスカップで負けなし、10年間全米ランキング1位であり続けたスーパースター、ビル・チルデンの言葉。

日本の指導者が求める安定感への道のりの発想が根本的に違う気がしました。


■テニスの勉強会のお誘い~新たな理解から始まる上達~
Vfootテニス明解セミナー 5/20 於:東京
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12143343205.html

セミナーバナー
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年 5月21日 ・ 5月28日、ワンデーレッスン開催

あなたのフットワークを整えませんか。
シチュエーション別フットワークドリル・段階的指導

ワンデーレッスンとは…

・土曜日の昼間に、第1部 午前10:00~12:00、第2部
午後13:00~15:00の2部制で、月1回ペースでテーマ別に実施。今月は月に2回の開催になります。

・ご都合に合わせて、第1部だけでも、第2部だけでも受講可能。もちろん、連続受講も可能です。連続受講の
場合は、なんと、料金2,000円off!

・平日の受講が難しい方、丸1日集中して取り組みたい方、レギュラーレッスンの+αとしてご利用下さい。

◆2016年 5月21日 ・ 5月28日ワンデーレッスン開催日程要項

日時:
5月21日(土)
第1部 午前10:00~12:00
第2部 午後13:00~15:00
テーマ:
第1部 ラテラルトランスホップ(回りこんでフォアでアタック)
第2部 第2部 ボレー(膨らむ曲線のスイング)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:エースプラザテニスコート 集合場所:アウトドアオムニコート前
http://www.jfe-life.co.jp/ace-sports-i/
開催決定日:5月13日(金)
定員:6名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~6名:1面展開(コーチ1名)

日時:
5月28日(土)
第1部 午前10:00~12:00 (インドアコート)
第2部 第2部 午後13:00~15:00 (アウトドアコート)
テーマ:
第1部 サービス(プロネーションでスライスとスピン)
第2部 パワームーブ(ワイドなボールには)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:エースプラザテニスコート
集合場所:午前インドアハードコート・午後アウトドアコート使用
http://www.jfe-life.co.jp/ace-sports-i/
開催決定日 5月20日(金)
定員:6名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~6名:1面展開(コーチ1名)

--------------------------------------------------------

料金:
1回 6,000円(1部もしくは2部のみ受講)
2回10,000円(1部と2部連続受講)
*回数券3回分15,000円(1年間有効・vfootクラブと舎人塾の会員対象)

申し込み開始日:4月17日(日)18:00よりお受けします。これ以前のお申し込みは無効となりますので
、ご了承ください。

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。
PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/form/pc/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/form/i/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはinfo@vfootwork.com
ご連絡ください。

また、Webからのお申し込みができない場合も
info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

※レッスン料は当日現金、もしくは回数券でのお支払いとなります。

※開催決定日以降にキャンセルされますと、キャンセル料が以下のように発生いたしますのでご注意下さい。
1部もしくは2部のみ受講の場合:6,000円
1部と2部連続受講の場合:10,000円
回数券をお持ちの方につきましてもキャンセル料は発生いたします。

(遠方の方には個別対応いたします)
※当日何かございましたら担当コーチまで直接ご連絡下さい。


いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 テニスを習いに来る方々の多くは、それぞれ技術的な課題を持っています。そして、その課題への取り組みは、人として尊い営みの種類に属するような気がします。
 こうなりたいという自分の姿と実際の姿には差はあるものです。それを解決するための道中に迷いは生じます。
 迷いがあるから悟りがあるのです。迷わない人は何も悟りません。
 迷いもがきながら糸口をつかんだ時、細やかですが幸せを感じます。出口の見えない洞窟を彷徨い歩くような不安は、意外と細やかな幸せで一瞬にして癒される。
 レッスンの最中は、受講者それぞれの迷いが伝わってきます。志しの上に乗った迷いには未来へのエネルギーを感じます。
 先日、「ステップダウンをどう打てばいいか悩んでいます。でも、その悩んでいることが楽しいです。」という言葉が耳に入りました。
 なかなか高級な幸せ感だと思いました。たぶん、志しの上に乗った迷いですね。
 テニス屋の端くれとして、出来るだけ意味のある迷いに誘導しなければと思っています。
迷いながら未完成を抱えて、いかに豊かに生きれるか。
テニスで幸せになりましょう。

GW全体写真

■新たな理解から始まる上達
Vfootテニス明解セミナー
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12143343205.html

いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
感謝祭konndou
大阪 近藤様より

Vfoot理論、試してみませんか。
「フットワークがわかるとテニスがかわる」
http://vfootwork.com



■新たな理解から始まる上達
Vfootテニス明解セミナー
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12143343205.html

■「確かな成長は確かな土台から」
2015春Vfootジュニアワンデーキャンプ
http://junior.vfootwork.com/junior/2015/03/2015springjuniorcamp/
いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
GWに関西地方でクリニックをします。
Vfootworkのフットワークレッスンに興味のある方。
5月3日 於:ハロースポーツ 
http://hellosports.jp/original8.html
申込みは、直接ハロースポーツまでご連絡下さい。
詳細はこちら
大阪ワンデー2016





■新たな理解から始まる上達
Vfootテニス明解セミナー
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12143343205.html

■「確かな成長は確かな土台から」
2015春Vfootジュニアワンデーキャンプ
http://junior.vfootwork.com/junior/2015/03/2015springjuniorcamp/

いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 今回は、1980年、ボルグがウィンブルドン5連覇をかけてマッケンローと死闘を演じた伝説の名勝負から考察します。
 この約4時間にも及ぶこのボルグ対マッケンローの試合は名勝負としてあまりにも有名です。

 先日、たまたま当時のその試合を紹介した記事を読んで思ったこと。
「実はボルグの思考レベルが1枚上だったのでは」と。

winbledon

 簡単に振り返ります。
 ボルグのウィンブルドン5連覇をかけたその決勝は、予想外な第1セットから始まったのでした。20歳のマッケンローが、大方の予想を裏切りあっさり王者ボルグから6-1で第1セットを取ります。
 この瞬間、観客のボルグの勝利への期待は消えていました。
 しかし、第2セットをボルグは奪い返し、更に第3セットも取り一気に5連覇に王手。

 ところが、ここからがドラマの始まり。
 かの有名な22分間の死闘と言われるタイブレークが始まるのでした。
延々と緊迫したタイブレークが続き、マッチポイントを逃れるすれすれの瞬間が何度も訪れる度に、目撃した観客の心拍でスタジアムは揺れる程。
 そして、16-16。ボルグのフォアハンドの強打が惜しくもネット。ついに17-16マッケンローのセットポイント。
 ここで、ボルグはマッケンローのフォアハンドリターンをドロップショットで返球、これがネットにかかり長いタイブレークを落とすことになってしまうのでした。そしてファイナルセットへ。

 勝負の分かれ目はこの時のボルグの心境です。
 試合後、その時の心境をマッケンローは語った。
「タイブレークを落として気落ちしないやつはいないと思っていた」と。

  これに対してボルグは、「あのドロップを狙ったことが賢明でなかったとは思わなかった。とにかくやろうとしたのだから。予想以上に相手のボールが速かっただけ。そう思って第5セットに入った」とボルグ。

  結局、ファイナルセットはタイブレークを落とした影響を微塵も見せず、ついにボルグはマッケンローにゲムセットまでリードを許すことはなかった。
 そして、見事、5連覇は達成された。

  この偉大な記録の樹立には第4セットのタイブレーク後のボルグの心境が大きく影響していたと考えられます。
 つまり、「自分がやろうと決意して実行した結果をネガティブにとらえるか、ポジティブにとらえるか」が、ポイントです。
 もし、ボルグが、あんなドロップショットしなければよかったと少しでも思ったら偉大な5連覇という記録はなかったでしょう。

 我々がこのことから学ぶべきことは、その場の周りの成り行きと感情に流されてしまうことの影響です。
 もし、自分で考え決断しベストを尽くした結果をネガティブにとらえてふさぎ込んでいたら、ボルグは次のセットも落としていたことでしょう。

  勝つ時もあるし負ける時も、大事なことは自分で決断できたかどうか、そこを自分自身でしっかり評価すべきなのです。

 ドロップショットが作戦としてどうだったかより、それを自分で決断した結果だと彼が自信を持って評価したことがすばらしいチャンピオンの証では。

 5年前、王者ジョコビッチがナダル、フェデラーに挑戦する位置にいた頃、よくドロップショットのミスを見かけました。テレビ解説者は一様に批判的だったことを覚えています。

 ジョコビッチは、ただ自分が決断したことを実行しただけ、結果ではなく決断を一つ一つ実行していくこと。これが勝ち切る思考法の様に思えます。



■新たな理解から始まる上達
Vfootテニス明解セミナー
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12143343205.html

■「確かな成長は確かな土台から」
2015春Vfootジュニアワンデーキャンプ
http://junior.vfootwork.com/junior/2015/03/2015springjuniorcamp/


いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
>息子への私からのアドバイスの源は、vfoot理論です。今後とも、よろしくお願いします。

博多で行われた全国高校選抜で決勝、強豪柳川高校に競り勝って全国優勝の報告。

安比サマー2012

思えば、畠山尚君が初めて参加した時は、中学校1年生でした。(この写真 ↑ )
自分が思ったように攻めのテニスが出来ずに悩んでおられ相談を受けました。

サマーキャンプに参加後、
秋には、さっそくお父さんからのメールで嬉しい優勝報告。
>仙台で東北ジュニア海外派遣選考会がありました。
>上位3名がタイへ派遣されるとあって、
>必死にがんばりました。
>決勝では、今まで一度も勝ったことがない先輩と対戦、
>なんと、8-6の僅差で初勝利し、海外派遣の資格を得ました。
>
>安比での合宿は、息子を大きく変えました。
>大変感謝しています。


そして、春にはジュニアランキングJOP1位へ
翌年のサマーキャンプも参加し。

>安比キャンプでは、悩んでいたボレーレッスンを受講し、
>ボレーのフットワークやこつを丁寧に教えていただきました。
>お陰さまで、シングルスの試合でも、ボレーでポイントが多く取れるようになりました。
>より安定感のボレーを目指して、5つのフットワークを完璧にマスターしたいです。

>来月の全日本ジュニアでは、優勝目指して更に練習していきます。
>今後もご指導よろしくお願いします。

その後、畠山君は神奈川の湘南工大付に進学、1年生でレギュラーとして活躍。
先週、嬉しい全国優勝の報告をお父さんからもらいました。
これからも技術としっかり向き合って前進して欲しいと思います。

畠山優勝2016選抜



■「確かな成長は確かな土台から」
2016春Vfootジュニアワンデーキャンプ
http://junior.vfootwork.com/junior/2015/03/2015springjuniorcamp/

■新たな理解から始まる上達
Vfootテニス明解セミナー
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12143343205.html



いいね!(1)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 間違った思い込みや勘違いとは何なのか。どこに気が付けば根本からの修正にたどりつくのか。
Vfootworkメソッドとはどんな理論なのか。
この辺を解説して、参加者の皆さんにはステップアップして頂こうと思います。

セミナーバナー2



 講義形式のテニスレッスンです。中屋が担当します。
今までVfootworkのレッスンで全国でたくさんの皆さんにお目に掛かりました。
有り難いことに行く先々で高い評価を頂いて、お陰様で自分なりにやり甲斐や手応えを感じつつレッスンをしてこれました。

 各会場では私の技術解説をビデオやICレコーダに記録される方、ポケットのメモ帳に記録される方等、熱心な受講者の方々にたくさん出会えたことが印象に残っています。

 やはり、社会人のテニスの上達は、理解がきっかけになることが多いように思いました。
オンコートの実技で理解する、持ち帰ってゆっくり自分なりに理解する、両方あると思います。

 今回の「Vfootテニス明解セミナー」は、口頭の説明だけではなく、映像や資料を使って上達のきっかけになる理解を深めるセミナーにしたいと考えています。

 少しでも興味のある方、お気軽にお申込み下さい。
時間帯も平日の夜7時からですので、お仕事帰りにお寄り頂けるかも知れません。

日程:5月20日(金) 19:00~20:30
定員:20名
受講料:5,000円
会場:東京都千代田区飯田橋4-4-8 朝日ビル 3F  飯田橋駅 徒歩3分
http://www.instabase.jp/rooms/asahi-building/space/644/catalog
テーマ:テニスが上達する仕組み

 セミナーの内容は、上達するために知っておいて欲しいテニスの技術解説、また練習に取り組むうえでの考え方のヒント。今まで、間違った思い込みや勘違いが目的地にたどり着く道の障害となっているということを多くの機会で感じました。
 その間違った思い込みや勘違いとは何なのか。どこに気が付けば根本から修正が出来るのか。
その辺を明解に解説して、参加者の皆さんにはステップアップして頂こうと思います。

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。

PC/スマートフォン→https://ssl.formman.com/form/pc/3qrwB4WpGrjUgt3f/

携帯電話→https://ssl.formman.com/form/i/3qrwB4WpGrjUgt3f/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはinfo@vfootwork.co
mへご連絡ください。また、Webからのお申し込みができない場合もinfo@vfootwork.comへご連絡下さい。

※受講料は当日現金でのお支払いとなります。

※万が一キャンセルされる場合には、セミナーの開催日の前々日までにホームページの「お問い合わせ」画面からご連絡下さい。
開催決定日以降のご連絡にはキャンセル料【前日:50%、当日:100%】が発生しますのでご注意下さい。
ホームページはこちらから↓
http://vfootwork.com


いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)