勝者のフットワーク塾 オフィシャルブログ

オーストラリアでコーチに転身、元高校教師、中屋晋の思考の響き。
日々 テニスに真剣に向かい合っている人に送ります。
フットワークがわかるとテニスが変わる。
勝者のフットワーク塾の教え。出来ないことが出来るようになるテニススクール開講中。


テーマ:
リオ五輪では、錦織選手が銅メダルを獲得しましたね。報道でご承知の通りテニスでは90年前に熊谷一弥さんがアントワープ五輪で銀メダルを獲得しています。

実は、全競技を通じで初のメダル獲得はテニスだったのですね。戦前のこの時代の日本人選手は世界のトップクラスのレベルで活躍していました。

コーチのなかには、熊谷一弥さんの存在を知らない人もたまにいます。もちろん、この時代の日本人選手のことも、また、その時代のテニスのことも。

歴史家の加藤陽子氏が著書でこんなことを言っていました。「重要な決定を下す際に、結果的に正しい決定を下せる可能性の高い人というのは、広い範囲の過去の出来事が、真実に近い解釈に関連付けられて、より多く頭に入っている人である。」と。

つまり、今の目の前のことだけでなく、過去に起きた事を個人的な感情や偏見を持たずに出来るだけ多く頭にいれている人の言うことは間違いが少ないということ。

分かれ道

テニスについても、今のテニスのトップ選手だけ見て、技術を論じると狭い範囲の見解の判断になってしまうと思います。

例えば、前述の熊谷一弥選手の映像を探して見てみると興味深いことがわかります。スイングは、ナダル選手のプレーでよく見るラケットを持っている肩の上で面を上にして終わるスイング、いわゆるバギーウィップなのです。

90年も前の日本人選手のスイングです。こういう事実を知るとナダルのスイングに対する見方もかわるでしょう。そして、この事実を知っていることによって選手に教えるべきことも変わってきますね。

間違いない判断のための材料をどれだけ持っているか、これは信頼出来るコーチ選びの大切な指標の1つになると思います。

ただ、どの世界でも同じですが、単に知識が多いというだけでは意味がありません。言うまでもなく、価値のある知識を多く持っているということ、またその解釈に偏りや思い込みがないこと。このことが大きなポイントです。

例えば学者でも政治家でも、読書量や知識量が豊富な人で平気で決定的な間違えを犯す人は枚挙にいとまがないほどたくさんいます。もちろん逆も同じです。たぶん大事なのは知識の多少というよりも加藤女史の言葉にある「真実に近い解釈への関連付け」。この辺のセンスにある気がします。


■勝者のフットワーク塾 秋のキャンプ参加者募集中!!
初参加、大歓迎 気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12190558445.html


■新たな理解から始まる上達
Vfootワンデーレッスン開催
http://ameblo.jp/vfootwork/theme-10065002712.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
後ろで頭を運ぶことで、軸そのものを打点に近づけることが出来ます。
2つある股関節のうち前足の股関節を折り込んでボールを打つと軸が折れます。
軸と打点2

打点が近すぎるからもっと前で打ってと言われ

軸と打点1

このまま打点を前にすると身体が泳いでしまいます。

ではどうすればいいのか。

動画をご覧ください。






■勝者のフットワーク塾 秋のキャンプ参加者募集中!!
初参加、大歓迎 気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12190558445.html


■新たな理解から始まる上達
Vfootワンデーレッスン開催
http://ameblo.jp/vfootwork/theme-10065002712.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
2016年10月22日・10月29日、ワンデーレッスン開催

あなたのフットワークを整えませんか。
シチュエーション別フットワークドリル・段階的指導

ワンデーレッスンとは…

・土曜日の昼間に、第1部 午前10:00~12:00、第2部 午後13:00~15:00の2部制で、
月1回ペースでテーマ別に実施。今月も、月に2回の開催になります。

・ご都合に合わせて、第1部だけでも、第2部だけでも受講可能。もちろん、連続受講も可能です。連続受講の
場合は、なんと、料金2,000円off!

・平日の受講が難しい方、丸1日集中して取り組みたい方、レギュラーレッスンの+αとしてご利用下さい。

◆2016年10月22日・10月29日ワンデーレッスン開催日程要項

日時:
10月22日(土)
第1部 午前10:00~12:00
第2部 午後13:00~15:00

テーマ:
第1部 ローターン(すべる速いボールに)
第2部 スライス・ボレー(膨らむ曲線のスイング軌道)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:エースプラザテニスコート 集合場所:午前・午後アウトドア1面使用
http://www.jfe-life.co.jp/ace-sports-i/

開催決定日 10月14日(金)

定員:8名(リピーター枠2名) 
最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

日時:
10月29日(土)
第1部 午前10:00~12:00
第2部 午後13:00~15:00

テーマ:
第1部 サービス(リストワークとスピン)
第2部 ハイスピン(ワイドで高いボールに)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:エースプラザテニスコート 集合場所:午前・午後アウトドア1面使用
http://www.jfe-life.co.jp/ace-sports-i/

開催決定日 10月21日(金)

定員:8名(リピーター枠2名) 
最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)

--------------------------------------------------------

料金:
1回 6,000円(1部もしくは2部のみ受講)
2回10,000円(1部と2部連続受講)  
*回数券3回分15,000円(1年間有効・vfootクラブと舎人塾の会員対象)

申し込み開始日:9月4日(日)18:00よりお受けします。これ以前のお申し込みは無効となりますので、ご了承
ください。

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。
PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/form/pc/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/form/i/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはinfo@vfootwork.comへご連
絡ください。

また、Webからのお申し込みができない場合も
info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

※レッスン料は当日現金、もしくは回数券でのお支払いとなります。

※開催決定日以降にキャンセルされますと、キャンセル料が以下のように発生いたしますのでご注意下さい。
1部もしくは2部のみ受講の場合:6,000円
1部と2部連続受講の場合:10,000円
回数券をお持ちの方につきましてもキャンセル料は発生いたします。

※雨天で中止の場合は原則1時間前にメールにてご連絡いたします。
(遠方の方には個別対応いたします)

※当日何かございましたら担当コーチまで直接ご連絡下さい。


■勝者のフットワーク塾 秋のキャンプ参加者募集中!!
初参加、大歓迎 気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12190558445.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 先週金曜、Vfootテニス明解セミナーが無事開催されました。
 題して「Vfootで考える仕組みの本質」
 各局面で使われるグランドストロークの構成要素を割り出し、その効果と適性を実戦の動画をもとに説明しました。 

 キーワードは、「納得」です。仕組みを理解し納得すること。その「納得」のエネルギーが練習を継続させ、結果、自分の考える上達に繋がる。そのために仕組みを理解することの意味は深いです。

 そもそも「納得」という言葉は仏教の用語で、「納」は受け入れるということ、「得」は覚悟を決められるほどの理解のことをいいます。つまり、「納得」とは覚悟を決められる理解を受け入れることのようです。

 スポーツの技術を習得するとき、2つのパターンがあるのですが。
1つは、見てすぐそのまま出来るパターン、もう1つは、少しずづ技術を作り上げていくパターン。

 競技のレベルを上げて行けば行くほど、2番目のパターンが多くなります。その場合、ただひたすら数をこなすことで解決するのではなく、その構造やメカニズムを納得して数をこなす方法を取るべきだと思います。

 構造を知るということは、地図やメジャーを持つこと似ています。どこにどれだけ向っていけばいいのかの有力な手掛かりとなります。
 
 今回のセミナーの「仕組みの本質」では、グランドストロークの各局面で使われるフットワークの構成要素を割り出し、実戦動画で検証を行いました。構造やメカニズムを納得をして頂けたと思います。

 次回は11月18日です。お楽しみ、、 

セミナーでの参考資料です。
ko-to

目的別フットワーク分類

■勝者のフットワーク塾 秋のキャンプ参加者募集中!!
初参加、大歓迎 気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12190558445.html


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 全米オープンの錦織選手のプレー、素晴らしかったですね。一介のテニスコーチとして、あの錦織選手の動きは、どのように構成され、構築されてきたものか、非常に興味があります。

 解説の松岡さんが、「なんだこの技は!?」と試合中に何度も声をあげていました。その通り多彩で通常のフォームからは考えられないショットをいくつも全米オープンの大観衆の前で繰り広げていました。

錦織ノーフォーム


 私が尊敬する選手に原田武一という選手がいます。全米3位、世界7位、戦前に日本の男子が世界の強豪と称された時代があったのです。弾まないボールを擦り切れるまで打って練習していた時代が日本男子テニスの黄金時代だったとは不思議なものです。

 武一の唱える「ノーグリップ・ノーフォーム」説は、最終的な私のコーチとしての理念でもあります。全てのグリップで全ての球種を打ちこなせるというのが究極の理想だと私も考えているからです。
 
 もちろんグリップによって特性があることを知っていることが前提ですが、その理想に少しでも近づくことが本当の意味でボールを操る技術となるのではないか、また、それが全てのグリップの可能性を最大限に引き出すということになるのだとも思います。

 私がオーストラリアに渡った理由の1つは、どのレベルにも共通のテニスの原理を知るためです。シドニーには世界のトップクラスの選手が集まるビッグトーナメントがあり、朝から晩まで飽きるほど彼らのプレーを見る機会がありました。

 そこで気が付いたことは、我々が試合で見ているのは彼らの持ってる膨大な技術のほんの一部で、研ぎ澄まされて浮き出て来る技術を目にしている。その技術の裏には見えない積み重ねられた基本があるということです。

 「個性」と「基本」についてよくレッスンで話をしますが、技術は「個性」と「基本」で構成されています。トッププロの「個性」は計り知れないものがあります。1年に1度使うかどうかという技術、例えばコンチネンタルグリップでトップスピンを打つなどということは基本からは外れていることですが、試合中の1つの局面では、個性的な技術の1つとして時に垣間見ることが出来ます。

 この彼らの持つ多種多様な「個性」はかたちに捕らわれない「ノーグリップ・ノーフォーム」説につながると考えています。それこそ、普遍的なテニスの原理に基づくテニスなのかも知れません。大事なところがしっかり確立されているということだと思います。

 この究極の理想であるこの「ノーグリップ・ノーフォーム」の状態に近づいた時に大切なことは、逆に「基本」を知っているということではないか、そんな気がするのです。
 
 ウェスタングリップでボレーをするにしても、それしか出来ないという人とそれも出来ることの1つという人では全然違います。幅広い個性と基本に基づいた技術を備えて初めてバランスのとれたテニスになるのでしょう。この究極のバランスこそ錦織選手の技術に対する美学では。
 
 思うに本当の原理を知れば「ノーグリップ・ノーフォーム」が実現する気がします。今回の全米オープンでは、粋で豪快でありながら反面ナイーブな原田武一のプレーに現代の錦織選手のプレーが重なって見えました。彼の生き様を描いた「フォレストヒルズを翔けた男」テニスの風雲児・原田武一物語 小林公子著。一度読んで見て下さい。

Vfootwork9月のテニス勉強会9/16です。お申込みはこちら↓
■新たな理解から始まる上達
9月Vfootテニス明解セミナー「テニスについて、仕組みの本質」
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12193320427.html


■勝者のフットワーク塾 秋のキャンプ参加者募集中!!
初参加、大歓迎 気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12190558445.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 Vfoot舎人塾9月期が始まりました。最近、新しい受講生も増えて、Vfootのレッスンで経験したことのない新しい世界を堪能して頂いております。「なるほど」の連続で、それが大いなるモチベーションに繋がり、いい雰囲気がコートに広がっています。 

 さて、楽に威力のあるボールをコントロール良く、安定して打つためにはどうしたら良いのでしょうか。リラックスして全身脱力して好きなように打てばいいのでしょうか。

 やはり、自分の好きなように、動かし易いようにボールを打ち続けていては、フォームや動作に偏りが生じるようです。

 瞬間的な不自然を作り、それを自然に戻す力を利用することは、技術をより効率的に機能させる重要なポイントのような気がします。

 日常生活で取り扱う軽く小さなものを動かす仕組みとは、明らかに違う仕組みを使わなくてはならないと思います。

 小さな動きでハイレベルなパワーとスピードを実現するためには、扇の要を動かすようなイメージで、大きな関節と大きな筋肉を使う必要があります。

 さらに瞬間的不自然を生み出す、関節を動かす位置とタイミングを要素として加えること。
不自然は意識的にしか作り出せません。しかし、無意識に自然に戻ろうとします。ここの力を利用出来れば楽に打てるような気がします。

 レッスンでは、段階的に導入動作を指示しながら、より合理的なテニス的な身体の動かし方を目指していきたいと思います。
舎人塾5

Vfoot舎人塾の詳細 ↓
http://vfootwork.com/tennis_school.html


9月のテニス勉強会のお申込みはこちら↓
■新たな理解から始まる上達
9月Vfootテニス明解セミナー「テニスについて、仕組みの本質」
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12193320427.html


■勝者のフットワーク塾 秋のキャンプ参加者募集中!!
初参加、大歓迎 気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12190558445.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
 初心者にもプロにも共通する原理があるのです。ここがVfootworkの肝です。
安比2016-1
 
 今回のサマーキャンプには、春の選抜の優勝校、湘南工科大付の主将畠山尚君が参加しました。
実は畠山君、12歳の時が初参加で、そこからのお付き合いです。
 フォアハンドへの迷いに対する答えを求めての参加でした。さて、結果はどうだったのでしょう。

 一方、初参加の松久保さんはラケットを持って7ヶ月の女性で。テニスの魅力に取りつかれ夢中でプレーした時に仲間にVfootworkを勧められの参加でした。
 以下、二人の写真。トップジュニアと初心者のご婦人が同じ練習メニューに並んで集中する光景は乙なものです。

安比2016-2
左が松久保さん、右が畠山君

安比2016-3
打点を点ではなく、線で捉える肩関節のローテーションの練習

安比2016-4
今回は、名古屋から貝吹コーチも参加もありました。本当に年齢、レベルに関係なく皆さん練習メニューに取り組んでいました。

やはり、あらゆる局面に通用する理論を追求して欲しいと思います。

私がオーストラリアに渡った理由がそこにあります。一部で通用するものではなくグローバルに通用する原理原則を知りたいと思っていました。

そして、その共通するものを徹底的に鍛えれば、あらゆる局面に繋がる力を養うことが出来るはずです。

現象面だけでなくその現象を引き起こす源が大事なのです。そこを知って鍛えることです。Vfooworkは、そんな豊かなテニスを目指します。

P.S
翌日、メールが届き、「もやもやしていたものがすっきりして、いろいろなことが繋がってきました」と畠山君。良かった、良かった。(^^)v


9月の勉強会のお申込みはこちら↓
■新たな理解から始まる上達
9月Vfootテニス明解セミナー「テニスについて、仕組みの本質」
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12193320427.html


■勝者のフットワーク塾 秋のキャンプ参加者募集中!!
初参加、大歓迎 気軽にお問い合わせ下さい。詳しくはこちら
http://ameblo.jp/vfootwork/entry-12190558445.html

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
前回のセミナーは、「試合中にぶれないための心の本質」についての解説でした。
アンケートでは、皆さんに揃って満足の評価を頂き、光栄至極でした。

さて、前回のセミナーの冒頭でもお伝えしました今後のセミナーの構成についてですが、全6回を1クールとし
て以下の様な内容を予定していきたいと思います。
1.心の本質(2016年7月)
テニスとの向き合い方
2.仕組みの本質(2016年9月)
Vfootworkメソッド
3.スイングの基本動作(2016年11月)
4.ステップの基本動作(2017年1月)
5.ボレー編(2017年3月)
6.サーブ編(2017年5月)

ということで9月のテーマは「テニスについて仕組みの本質」です。
テニスの技術的な仕組みをわかりやすく掘り下げて解説します。
プロ選手の動画解説を取り入れながらVfootworkメソッドを多面的に実証してみたいと思います。

勉強会後の懇親会も予定しています。

日程:9月16日(金) 19:00~20:30(18:45受付開始)
定員:20名
受講料:5,000円
会場:全水道会館
〒113-0033 東京都文京区本郷1-4-1
TEL : 03-3816-4196
・JR水道橋駅 東口下車2分
・都営地下鉄三田線水道橋駅 A1出口1分
http://www.mizujoho.com/front/bin/ptlist.phtml?Category=9177

テーマ:「仕組みの本質」
あらゆる局面に通用する理論を追求して欲しいと思います。

各局面に共通するもの何なのか、又は各局面特有の必要なことは何なのか、それらを包括的にカバー出来る理
論を知りたい。

私がオーストラリアに渡った理由がそこにあります。一部で通用するものではなくグローバルに通用する原理
原則を知りたいと思っていました。

そして、その共通するものを徹底的に鍛えれば、あらゆる局面に繋がる力を養うことが出来るはずです。

現象面だけでなくその現象を引き起こす源が大事なのです。そこを知って鍛えることです。Vfooworkは、豊か
なテニスを目指します。
そのための有意義な時間になればと思っています。

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。

PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/form/pc/3qrwB4WpGrjUgt3f/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/form/i/3qrwB4WpGrjUgt3f/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはinfo@vfootwork.co
mへご連絡ください。また、Webからのお申し込みができない場合もinfo@vfootwork.comへご連絡下さい。

※受講料は当日現金でのお支払いとなります。

※お申込みいただいた方には、開催日一週間前にリマインドのメールを差し上げます。万が一キャンセルされ
る場合には、セミナーの開催日の前々日までにホームページの「お問い合わせ」画面からご連絡下さい。
開催日前日からはキャンセル料【前日:50%、当日:100%】が発生しますのでご注意下さい。
ホームページはこちらから↓
http://vfootwork.com

セミナーバナー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ワンデーレッスン 9月開催のお知らせ!

2016年9月17日 ・ 9月24日、ワンデーレッスン開催

あなたのフットワークを整えませんか。
シチュエーション別フットワークドリル・段階的指導

ワンデーレッスンとは…

・土曜日の昼間に、第1部 午前10:00~12:00、第2部 午後13:00~15:00の2部制で、
月1回ペースでテーマ別に実施。今月も、月に2回の開催になります。

・ご都合に合わせて、第1部だけでも、第2部だけでも受講可能。もちろん、連続受講も可能です。連続受講の
場合は、なんと、料金2,000円off!

・平日の受講が難しい方、丸1日集中して取り組みたい方、レギュラーレッスンの+αとしてご利用下さい。

◆2016年9月17日 ・ 9月24日ワンデーレッスン開催日程要項

日時:
9月17日(土)
第1部 午前10:00~12:00
第2部 午後13:00~15:00

テーマ:
第1部 パワームーブ(超ワイドなボールに)
第2部 ラテラルホップ(ワイドな短めのボールに)

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:エースプラザテニスコート 集合場所:アウトドアオムニコート前
http://www.jfe-life.co.jp/ace-sports-i/

開催決定日9月9日(金)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)
(リピーター枠2名)
日時:
9月24日(土)
第1部 午前10:00~12:00 
第2部 午後13:00~15:00 

テーマ: 
第1部 モーグル(ワイドなボールに)
第2部 ワンフットピボット(ステップダウンより高いボールに) 

担当コーチ:広瀬コーチ
場所:エースプラザテニスコート 集合場所:アウトドアオムニコート前
http://www.jfe-life.co.jp/ace-sports-i/

開催決定日 9月16日(金)

定員:8名 最少催行人数:1名(開催決定日の時点で1名未満の場合は中止です)
1~8名:1面展開(コーチ1名)
(リピーター枠2名)

--------------------------------------------------------

料金:
1回 6,000円(1部もしくは2部のみ受講)
2回10,000円(1部と2部連続受講)  
*回数券3回分15,000円(1年間有効・vfootクラブと舎人塾の会員対象)

申し込み開始日:8月14日(日)18:00よりお受けします。これ以前のお申し込みは無効となりますので、ご了
承ください。

【申込方法】以下のフォームよりお申し込み下さい。
PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/form/pc/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/form/i/ttZDzHKXEoQP2lUZ/

※2009年以前のモデルの携帯電話ではアクセスできない場合があります。その際にはinfo@vfootwork.comへ
ご連絡ください。

また、Webからのお申し込みができない場合も
info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

※レッスン料は当日現金、もしくは回数券でのお支払いとなります。

※開催決定日以降にキャンセルされますと、キャンセル料が以下のように発生いたしますのでご注意下さい。
1部もしくは2部のみ受講の場合:6,000円
1部と2部連続受講の場合:10,000円
回数券をお持ちの方につきましてもキャンセル料は発生いたします。

※雨天で中止の場合は原則1時間前にメールにてご連絡いたします。
(遠方の方には個別対応いたします)

※当日何かございましたら担当コーチまで直接ご連絡下さい。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
勝者のフットワーク塾が長野県で開催決定!!
全国のVfooterの皆さんに勝者のフットワーク塾のレッスンを体験していただくため、秋のテニスキャンプを企
画いたしました♪
今回は白樺林に囲まれた高原テニスリゾート。是非ご家族・ご友人と一緒にテニスキャンプにご参加下さい。

<日程>10月8日(土)~10日(祝) 2泊3日

<場所>小海リゾートシティ・リエックス
〒384-1103 長野県南佐久郡小海町松原湖高原 TEL:0267-93-2211
http://www.reex.co.jp/KOUMI/TENNIS/index.html

<費用>60,000円
上記費用に含まれるもの(宿泊費、夕食、昼食、朝食、レッスン料、コート代、ボール代)
*コート2面(雨天の場合はインドア1面を使用する予定)
*コーチ:中屋コーチ他1名
*2人~3人1部屋(洋室)
*部屋割りについてはこちらで調整させて頂きます。ご了承下さい。
*シングルルーム希望の方はお知らせ下さい(追加料金がかかります)

<レッスン日程>
1日目14:00-17:00/ステップダウンとリストロール
2日目9:00-12:00/ スライスとボレー、14:00-17:00/トランスホップとローターン
3日目9:00-12:00/スマッシュとサーブ、14:00-17:00/モーグルとパワームーブ

<定員人数> 12名

<最小催行人数> 8名

<開催決定日> 9月9日(金)

Vフットクラブメンバーの皆さんには優先的にお知らせすると同時に、
本日から予約を受付いたします(受付先着順)

◆お申込み
以下のフォームよりお申し込み下さい。
PC/スマートフォン→
https://ssl.formman.com/t/D0XT/

携帯電話→
https://ssl.formman.com/t/i/D0XT/


Webからのお申し込みができない場合には
info@vfootwork.com
へご連絡下さい。

お見積りなどお問い合わせについては、お気軽に下記アドレスにご連絡下さい。
info@vfootwork.com

秋のキャンプ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)