ボランティア・フレンド・メディアでは、10代の悩みを、大学生のお姉さん、お兄さんが相談友達として受けとめ、話を聞きます。一緒に居場所をつくりたいです。

 いじめ、不登校、グループの友達関係のこと、進学のこと、自分の性格のこと、ひきこもり、消えてしまいたい気持ち、リストカット、修学旅行の悩み、恋愛のこと、何でも10代の悩みを受け付けています。大人の立場でなく、若者の立場から聞きたいです。

 困ったことがあるとき、悩んでいて誰にも話せないとき、今話したいことがあるのに相手がいないとき、そんなときに相談できる居場所!! 大学生のお姉さん、お兄さんが優しく聞いてくれるよ! 

 

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。

  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

  神戸市中央区ボランティアセンター登録団体

  神戸青少年センター登録団体

 

AD

   学校で友達ができないこと

 家庭で親から暴力を受けていること

 そして、自分は、この世界にいる価値がないと思っていること

 

   それでも、今、あなたは生きている

 押しつぶされそうな苦しみに耐えてきたあなたは、

   本当は強いのです。

 

 でも、もう我慢しなくていいよ。

 あなたの気持ちを吐き出して下さい。

 あなたの気持ちを受けとめて、一緒に生きていきたい。

 今、あなたを苦しめている悩みを聞かせて下さい。

 もうひとりぼっちじゃないよ。

 同じような体験をした仲間がここにいるよ。

   

 あなたの悩みに共感できる大学生のお姉さん、お兄さんが相談友達として返事をだします。

 

                       

   

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。

  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

  神戸市中央区ボランティアセンター登録団体

  神戸青少年センター登録団体

 

AD

「お母さん ごめんさない」

 そんな気持ちになったことはありませんか? 

 お母さんに言ってはいけない言葉をつい言ってしまった時、すごく後で後悔したことはありませんか?

お母さんを傷つけてしまったと自分を責めていませんか?

 でもね。

 お母さんは、明日になれば、黙ってまた笑顔で私を迎えてくれた。昨日のことは、何事もなく、そっとしておいてくれた。

 言い過ぎた言葉は、決して本心でなかったと、お母さんに言ってみたい。そんなことはお母さんもわかっているかもしれませんが、言えないまま時だけすぎました。後悔しています・・・。

 

 今、もしお母さんにごめんなさいが言えずに、自分を責めているのなら、その気持ちをそっと告白して下さい。相談を受け付けています。後悔のないように、一緒に考えたいです。

 

        

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。

  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

  神戸市中央区ボランティアセンター登録団体

  神戸青少年センター登録団体

 

   

 

 

AD

もし消えてしまいたい気持ちになったら、

自分に問いかけてみて。

 

これまで、あなたに微笑んでくれた人はいましたか。

これまで、あなたのために泣いてくれた人はいましたか。

これまで、あなたのこぼれそうな涙をふいてくれた人はいましたか。

これまで、あなたの身代わりになって守ってくれた人はいましたか。 

 そして、これまで、あなたのことを本当に愛し続けてくれた人はいしたか。

 

静かに目を閉じて遠い過去から今までの間で思い出して下さい。

 

 どんな人が思い浮かびますか。

 

 もしあなたが、そんな人がいたことに気づいたら、

 あなたの寂しい思い、あなたの辛い思い、あなたを今まで苦しめてきたものを、その人に話してみよう。

 きっと全部うけとめてくれるよ。

 何か変わるよ。

 

 でも、もしそんな人が見つからないのなら、いつでも私たちに思いをぶつけてみて下さい。

私たちは相談友達としてあなたを守りたいです。

世界の全ての人が見放しても、私たちは決してあなたを見捨てません。

 

一緒に明日のぼる生まれたての太陽を見たいです。

 

                    

 

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。

  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

  神戸市中央区ボランティアセンター登録団体

  神戸青少年センター登録団体

 ボランティア・フレンド・メディアには、下のような心暖かな大学生中心の相談友達メンバーたちがいます。

 

ゆうな

大学二年生のゆうなと言います。私は特に中学時代、友人関係について悩むことがよくありました。そんな体験もいかしつつ、精一杯サポートしていきたいと思っています。もし良かったら、何でもお話を聞かせてもらえたら嬉しいです。よろしくお願いします!

 

みお

春から大学3年生になるみおといいます。つらいこと、苦しいこと、嬉しいこと、楽しいことなんでも聞かせてくれたら嬉しいです。あなたの心に寄り添いたいのです。よろしくお願いします。

 

ひかる

大学三回生のひかると言います。今、大学で社会福祉を専攻に勉強しています。大学での学びや、中高生で経験した部活動での人間関係を活かしてたくさんの人に寄り添えたらなと思っています。一緒に頑張りたいです。よろしくお願いします。

 

とも

社会福祉について学んでいます。

散歩が好きで、気ままに歩きながら風景を楽しんだり、カフェや雑貨屋さんに立ち寄ってみたりして満喫しています。運動にもなり、気分もスッキリするのでオススメです!

不安なこと少し気になることなどなど、お話しを聴かせてください。

 

あや

あやです!大学で心理学を学んでいます。

妥協しないをモットーに、勉強はもちろん、遊びだって全力!

一瞬一瞬を大切に今年度も頑張ります。

どんなお話でも聞きますよ!

気軽にメールやお手紙くださいね。

 

けん 

福祉と心理を学びつつ、演劇サークルで脚本を書いている大学4年生。

甘いスイーツをこよなく愛す。自分にも甘々な性格。

趣味は将棋と野球観戦。今年は高校野球も見に行きたいな。

どんな内容でもいいので、相談してくださいね。待ってます。

 

 その他、ふきこさん、ゆりさん、ふーさん、翔子さん、りりーさんなど、多くの個性的で心暖かなメンバーが返事を出します。

 

 

 

        

 

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。

  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

  神戸市中央区ボランティアセンター登録団体

  神戸青少年センター登録団体

 

ボランティア・フレンド・メディアでは、大学生会員が中心に毎月研修をしています。

 テーマは、いじめ、不登校、友人関係、家族の問題、虐待、LGBT、リストカットなど、様々です。もう20年続いています。

研修会では、正しい意見はありません。それぞれの意見が尊重されます。

 会員も入れ替わり、今を生きる若者の世代の感性が反映されます。それぞれの体験を交えて、本だけでは学べない今の時代の若者の抱える生き辛さについて語り合い、日々新たな発見があります。

 その中でも、世代は変わっても、女子グループ問題などは、変わることなく、女子のいじめの問題として存在し続けています。

 また、研修会では、どのように相談友達として悩みを抱える若者をサポートしたらよいのか常に話し合っています。悩みを通して子供とともに成長できればと思っています。

 

 いじめや虐待などの押しつぶされそうな悩みによって、自分を否定してしまうのではなく、誰かに相談してのりきり、生きていくこと。多くの若者は、悩みがあっても、自殺するのではなく、他者に相談して、悩みを成長の糧にしていきます。

 信頼して相談できる他者が周りに見つからない時に、SOSがあれば、私たちは味方になって支えていこうとし、活動を続けています。悩みが来たら、単なる相談屋ではなく、友達として継続的に支えて行きます。危機場面があったら、その都度、会員は継続的に相談にのります。また、相談だけではなく、楽しい話をしたりもします。そんなかけがいのない対等な信頼関係の中で、互いに成長していきます。

 

私たちからのメッセージです。  

 

ひとりぽっちで悩んでいるあなた

ひとりぽっちでたえているあなた

ひとりぽっちで傷ついているあなた

でも、これからは、もうひとりにさせない

私たちは、あなたとひとつになって、

辛さや悲しみを受けとめていきたい

あなたの辛さや悲しみを抱きしめようと覚悟したから

だから聞かせてほしい

あなたの気持ちを吐き出してみて

心の痛みが癒されるまで

 

VFM(ボランティア・フレンド・メディア)では,10代の若者の悩みを聞き, ボランティア会員(大学生中心)が相談友達として継続的に支援します。メールや文通相談では、一対一なので、リラックスして相談にのることができます。

 

 

  ★VFM名古屋での全国研修会

 

      

  ★VFM東京イメージキャラ「ハッピーちゃん」

 

     

  ★VFM発足時には、福岡市の市政だよりにも掲載していただ  きました。以来、現在まで20年間ずっと全国で活動が続いて  います。

 

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。

  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

 

 

もしも家族で自分だけが居場所がないと感じるのなら。

もしも兄妹の中で自分だけが差別されて辛いのなら。

もしも家族で自分だけがきつく言われるのなら。

もしも家族の中で自分だけが寂しさや辛さを感じているのなら。

そして、家族の中で自分だけが愛されていないと感じるのなら・・・。

 私たちは、そんなあなたの気持ちを受けとめたい。

 私たちは、そんなあなたを放っておくことはできません。

 

 あなたは、本当は大切な人。

 世界に一人しかいない大切な人。

 

私たちは、あなたが笑顔でいられるように。

どんな時も、あなたがあなたらしく生きるために。

もう、ひとりぽっちじゃないよ。私たちが友達になるから。

 

        

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。

  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

  いじめや無視で、クラスで、一人ぽっちで弁当を食べるのっ て、辛いよね、寂しいよね、押しつぶされそうだよね。

 

 でもね。

 あなたは一人じゃなんいだよ。

 あなたことを思ってくれている人がいます。

 あなたの周りにいるどんなクラスの子よりも、あなたを守りた いと思っている人がいます。

 

 目の前にあるあなたの弁当を食べてみて下さい。

 ほら、気づいたでしょう。

 心を込めて毎日あなたの弁当をつくってくれている人です。

 

 そう、お母さんです。

 

 あなたは、弁当を食べながら、お母さんの愛を食べているので す。

 あなたは、弁当を一人で食べている時は、お母さんと一緒にい るのです。一人ぽっちなんかじゃありません。

 

 だから、どんな辛くても、どんなに寂しくても、どんなに押し つぶされそうでも、あなた自身を大切にして・・・。

 お母さんの弁当には、そんなメッセージが込められています  よ。

 

追伸 

 もし今の辛い気持ちを誰にも言い辛かったら、ちょっと勇気をだして私たちに気持ちをはきだして下さいね。メールかお手紙で相談友達として悩み聞きます。

     

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。

  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

 「いじめ」という言葉とは基本、無縁だと思っていました。

当時、小学生だった私は、学年が上がるにつれ妙な遊びが流行りだしていることに気が付いていました。教室の隅で読書をしているクラスメイトの悪口は、よく耳に入りました。みんなより少し体の大きい子はしつこいくらいにからかわれ、その子に触ると菌が付くと騒がれていました。

 それでも私は、友達を作るのは得意な方だったし、たとえ加害者になったとしても、被害者になることなんて一生ないと思っていました。そこで、幼いころから正義感の強かった私はクラスで気の弱くおとなしい子たちを集めてグループを作りました。初めは遊んであげているつもりだった私ですが、日を重ねるうちに彼らは本当の友達になり、毎日がとても楽しくなっていったのを覚えています。

 そんなある日、グループ内で小さなもめごとが起こりました。それは本当に些細なことでしたが、グループ内の誰からも賛同されなかった私は悔しくなって教室を飛び出しました。休み時間の間、一人で冷静に考え、私も悪かったと反省しました。しかし謝りに戻った教室は、もう私が知っているあの教室ではありませんでした。仲の良かった友達はケンカの内容をみんなに話していました。私の味方は、その日を境にいなくなりました。

その後は毎日が地獄でした。絵にかいたようないじめはなかったものの、給食で席をくっつける時は私の机だけ離され、死ねと書かれた紙が自分の椅子に置かれていることもありました。休み時間には私の机を触った子がまるでその手が汚れているかのように別の誰かの肩に「それ」をこすりつけ、私の菌は鬼ごっこを引き起こしました。

毎日が辛くて、辛くて、もう死にたいと思っていました。しんどい、どうして私ばっかりこんなめにあうんだろう、私の何が悪いんだろう。ある時は原因を自分の服装にし、母に無理を言って流行りの服を買ってもらい、ある時はみんなに言われる「ブタ」や「デブ」という言葉を気にしてダイエットをしました。

結局、卒業まで状況は変わりませんでした。卒業式当日も、親戚に借りて着ていった私の勝負服は指をさされて笑われました。式中、後ろからパイプ椅子を蹴られ小さな音がしていたのを未だに覚えています。

 

 いじめにあっていた頃、私は自分のことを弱いと思っていました。私がこんなに弱いからいじめにあうんだ、と。

現在私は高校を卒業し、新しい生活に胸躍らせる日々を送っています。たくさんのかけがえのない友達を持ち、いじめの原因が私ではなかったことに気が付きました。小学校を卒業した後もいろんなことがありましたが、今の私を作っているのはあの時のいじめの経験です。あの経験が人の気持ちを考えられる「私」を作っています。もちろん、あの頃の私にこんな言葉をかけてもそんな風には思えなかったでしょう。これは今いじめにあっていないから、あれほどの辛いことがないからこそ言えるずるい言葉です。

 

 それでも、今、人間関係で悩んでいる人にはぜひ知っておいてほしいと思うのです。あなたは弱くないという事。充分胸を張れる生き方をしているという事。辛さの原因はあなたでもいじめっ子でもなく、関係性の中にあるという事。耐えることや、人に相談することは逃げることではないという事。前を見て生きることだけがすべてじゃないという事。

 学校を休んでもいいんです。辞めてしまってもいいんです。親に話して悲しまれてもいいんです。だからすべてが終わって、良い経験だったと思える日が来たら、まだまだそうは思えないという誰かを、あなたが手助けしてみてください。そこからよい循環が生まれ、いつの日か「いじめ」がなくなることを信じています。私の文章が誰か一人にでも私の想いを届けていれば嬉しいです。

     

 VFM編集部より

 VFMでは、皆さんのいじめ体験記を募集しています。どのように自分のいじめ体験を自分で意味付けるか、生きる上で、それが大切です。トラウマにしてしまうのではなく、自分の成長につなげることもできるのだと思いました。

 この体験記の感想も募集しています。

 

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。
  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!

 

こんにちは、VFM神戸の翔子です。
重ね着の数を減らしても、寒いというよりは暖かいと感じられる季節になりました。
一日外に出ない日があったのですが、その間に桜もちらほらと見えるほどに春が近づき、翌日外に出て鳴呼あたたかいなと、小さな感動を覚えたものです。満開になればカメラを片手に花見をしたいところですが……
もうすぐ再開する大学の授業、履修登録に頭を抱えながら過ごしています、履修たいへん(゜ω゜)

さておき、3月22日に行われた研究会では「うつ」や「素の自分」について触れました。

一つ目については、「うつ」への周囲の人間の対処の仕方について話し合いました。
うつの原因は、遺伝的なものであったり、ストレスであったりするのですが、時に原因がわからないものもあるそうです。漠然と不安を感じたり、なかなか寝付けなかったり、朝目が覚めなかったり……うつチェックというのもあるのだと知りました。そんな時に一番大事なのは、安静に休むこと。でも、そんな時間もなかったりで、どうしても人は無理をしてしまう。そんな時にどうするのがいいのか、それは人それぞれなのだなと、私は思いました。

二つ目については、「素の自分」という概念はあるかどうかを主な命題とし、「素の自分」に対する心理学的な考え方と社会学的な考え方について話し合いました。
心理学的には「素の自分」という概念は存在し、「作った自分」が「素の自分」を抑えていると考えられます。「本音」と「建前」という言葉を聞いたことがあるかと思いますが、まさにその通りです。「素の自分」はふとした瞬間にぽろりと無意識的に出るものであり、だいたいは「作った自分」が意識的に働いているのです。
社会学的には「素の自分」という概念は存在せず、人によって自分の行動を変えているというのは、それぞれに対する役割を果たしているだけで、どれも「自分」であるという考えです。
どちらが正しくてどちらが間違っているわけでもありません。考え方の違いです。そしてこれも人それぞれであると、私は思いました。

当たり前のことかもしれませんが、人はみんな違います。遺伝的にはもちろん、生きる環境によっても人は変わってきて、やっぱり人は面白いな、と思う今日この頃です(*´-`)

では、また次にお会いする時まで。

       

   

<悩みを下の応募先で受付けています>

  メール(携帯メールでもOK)の場合

   mailfriend@vfm-info.com

  VFMのHPはこちら

   http://www.vfm-info.com/vfs/

 

  手紙の場合

   〒651-0001 

   神戸市役所内郵便局留  VFM神戸ペンフレンズ係

  秘密は守ります。ボランティアだから無料です。
  メールの場合は、匿名(ペンネーム)でも結構です!