広島市安佐動物公園(広島市安佐北区)で、ツキノワグマ「クラウド」(雄、8歳)が今年も得意の棒回しを始めた。木の棒やバットを器用に振り回して人気を集める。

 野生のクマが冬眠する時期は回さないが、暖かくなると再開するパターンを3年間繰り返している。運動不足の解消か、遊んでいるのかは不明。

 ツキノワグマは5~6月が繁殖期。隣の檻(おり)で飼育されている雌2頭の目にも、クラウドの「雄姿」は映っているはずだが、恋が“空回り”に終わらないかは相性次第。【北浦静香】

【関連ニュース】
雑記帳:ガラスを隔てて猛獣と対面 広島の動物園に登場
クマ:行楽や山菜採りシーズン、注意呼びかけ ラジオなど音の出るもの携行を /山形

「政府が悪くても幸せになれる」 少子化対策(産経新聞)
<参院選>「選挙の小沢」に陰り 民主・地方行脚(毎日新聞)
少子化問題、雇用の安定へ有期契約の正社員を 佐藤博樹・東大教授(産経新聞)
史上最年少・小6プロ囲碁棋士、ほろ苦デビュー(読売新聞)
小沢幹事長「青木さん引退で逆に厳しくなった」(読売新聞)
AD