ずさんな融資を繰り返し経営難に陥らせたとして、新銀行東京(東京都新宿区)が旧経営陣の仁司(にし)泰正・元代表執行役と丹治(たんじ)幹雄・元執行役に計5億円の賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が18日、東京地裁(菅野博之裁判長)で開かれ、仁司氏らは全面的に争う姿勢を示した。

 銀行側は、仁司氏らが05年の開業以降「スコアリングシステム」と呼ばれる自動審査システムを使って中小企業向け融資を展開したため回収困難な融資が続出したのに、抜本的な対策を取らず経営悪化を招いたと主張している。

 丹治氏は弁論前に会見し「都議会の承認を得たマスタープランをベースに運営したもので、執行陣の意思決定権限にはおのずから限界がある。業務執行に携わった一人としての責任は感じているが、賠償責任を追及される立場にはない」と話した。

【関連ニュース】
石原都知事:出馬を示唆「場合によってはやるよ」
石原都知事:4選出馬に含み

下呂温泉の芸妓組合、78年の歴史に幕(読売新聞)
雑記帳 刑務所キャラ「わかP」が即売会を応援 和歌山(毎日新聞)
<違法献金>小林議員から参考人聴取 札幌地検(毎日新聞)
トキ 「疑交尾」の画像を公開 環境省(毎日新聞)
放射線障害防止法にクリアランス制度-文科省が改正案(医療介護CBニュース)
AD