みなと銀行(本店・神戸市)が社会福祉法人「祉友会」に融資した3億3千万円を無断で別の法人の口座に移したなどとして、業務上横領罪に問われた同行元明石支店長、竹本尚正被告(52)=退職=に対する判決公判が28日、神戸地裁で開かれ、岡田信裁判長は「複雑な犯行計画を企画・立案し果たした役割は大きいが、被害の実態が不明瞭(めいりょう)」として懲役3年、執行猶予5年(求刑懲役3年)を言い渡した。

 竹本被告は無罪を主張しており、即日控訴する方針。

 判決によると、竹本被告は平成18年4月、祉友会の元理事長=同罪で公判中=と共謀し、同行から祉友会に融資された3億3千万円を、大阪府枚方市の社会福祉法人「加樟会」名義の口座に入金し、横領した。

 竹本被告は「契約書類などが偽造されていたことを知らなかった」と主張していたが、岡田裁判長は「偽造を知らなくても、融資が不正利用されることは認識していた」として退けた。

【関連記事】
みなと銀行頭取交代 尾野副頭取が昇格
元社福法人理事長が脱税 乗っ取り協力報酬1・5億円隠す 大阪国税局告発
みなと銀が賭けゴルフ 内部通報で警察から注意19人処分
みなと銀行・籔本頭取 「兵庫の地銀として再編と一線画す」
就職安定融資をだまし取る 詐欺容疑で建設会社社長ら12人逮捕 大阪府警
iPadが上陸

種牛主力級5頭は陰性、49頭は殺処分されず(読売新聞)
闘牛 口蹄疫の影響で「牛の角突き」中止 新潟・小千谷(毎日新聞)
障害者支援財源、5割増を―民主・谷議員(医療介護CBニュース)
<社民党>連立離脱9割方が支持 反対意見のみこむ(毎日新聞)
首相沖縄再訪「辺野古」明言 “公約”と矛盾 偽りの5月決着(産経新聞)
AD