前原誠司国土交通省は12日の記者会見で、鳩山由紀夫首相の指導力を問われ、中国・秦時代の武将、劉邦の名を挙げ「首相は人の話を聞いて、まとめていく『劉邦タイプ』だ。その意味ではリーダーシップがないとは思わない」と語った。

 劉邦は項羽と覇権を争い、序盤は負け続けたが最終的に勝ち、初代皇帝・高祖となった。内閣支持率下落が続いているが、いずれ盛り返すと言いたかったようだ。

 また前原氏は、圧倒的な優勢を生かせず劉邦に敗れた項羽に言及し、「(首相は)自分でまず目標を掲げて突っ走る項羽タイプではない」と指摘した。では前原氏が思い描く項羽とは一体誰なのか。

【関連記事】
普天間移設 前原国交相「首相は本気」 
前原氏まるで他人事…小沢氏&トヨタに苦言で評論家気取り!?
予算委遅刻の前原、仙谷、原口3閣僚平謝り 官房長官「猛省を促す」
民主・小林議員、辞職必至も補選にらみ“牛歩戦術”か
国交省審議会の“自民寄り”委員を更迭 後任には「親民主」がズラリ
20年後、日本はありますか?

<年金>旧社保庁職員のアンケ基に新たな解決策 記録回復委(毎日新聞)
学士院賞に11人=山中教授らは恩賜賞も(時事通信)
<氷見市長選>堂故茂氏が無投票で4選 富山(毎日新聞)
「敬愛する金総書記」107回、日米に敵対…朝鮮学校「現代朝鮮史」(産経新聞)
実質年3.8%増に下方修正=10~12月期GDP改定値-内閣府(時事通信)
AD