おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:

9月13日(雨)

公益社団法人群馬県視覚障害者福祉協会主催の

ハイキングがありました。 

クラブのメンバー12名と参加しました

視覚障害者とサポーター そして クラブのメンバー の

総数57名でした 

 

以前クラブに視覚障害者の方がいました

その方と 西黒尾根から谷川岳や 湯の丸 戸隠山など一緒に

登山し 楽しい思い出を頂きました。

その方は転勤になり退会しました

 

それから数年して 至仏山で偶然御会いしました   こちら

 

今回は直接のサポーターの方がいるというので、参加させて頂きました

 

 

前日の夕方 リーダーから小雨決行 というメールが入っていた

 

しかし 朝起きると土砂降りの雨である。

集合場所の駐車場も雨だと冠水すると注意書きがあった。

果して、あそこの駐車場の集合でいいのだろうかと思い、

ともかくリーダー に聞いてから出かけることにした

 

電話の向こうで  リーダー 

「あそこの冠水は豪雨の時の話、午後は雨が止むから大丈夫」

 

集合時間が通勤帯でもあるので いつもより 早く家を出た

車のワイパーが盛んに動く こんな日にハイキングに向かうなんて

バアバーも随分と若返っものだなと思いながら車を走らせる 

 

 

雨で行程を変えて先ず

 

群馬県埋蔵文化財調査事業団 の見物

 

ここはチイちゃんとソウチャンが小さい時 

お気に入りだった所で  何回か

見物したり 勾玉 や土器作りし 遊んだ

 

 

 

 

 

雨も小雨になって

水沢の 

 「万葉亭」に寄って うどんと御饅頭を試食し

ジイジーが大好きな二品 うどんと 御饅頭を買い求めた

 

 

 

 

榛名湖畔に着いた

雨も止みました ハイキングもできるなと思っていると

昼食を先に食べるという 

 

 

湖畔の白樺亭の食堂から 視覚障害者や福祉協会の方 が乗ってきた

群馬のマスコット「ぐんまちゃん」と風船の華やかな可愛い絵柄、

「愛の募金号」のバスが窓の下に見えた

 

 

女将さん

「この小さいワカサギ私が釣ったのよ」

 

とても美味しかった

ご馳走様でした

 

 

 

 

さてこれからが 表題のハイキングの始まり

その前にビジターセンターで

クラブの会長と今日のリーダーによって

ハイキングについてのレクチャーが行われました

 

 

雨も止んでいました

 

いよいよハイキングが始まりました

ビジターセンターから歩き出し 雑木林の中やキャップ場

の所を歩き 湖畔を見ながらだんだん急勾配の山道になって

行きました。ここを下りるの滑りそうで嫌だなと思っていると

行き止まりになって下りるしかない、

笹の中を滑らないように歩き

最後のドロドロ急勾配は会長がロープを張って、

ロープを頼りにハイキングと言うより山登りの体験をし

みな無事に下山しました

 

 

最後に

 

湖の遊覧船「白鳥号」に乗って湖を遊覧しました

 

 

林間学校に来ていた中学生らしき生徒がボートを漕いでいた

 

遊覧船からボートから手を振りあって 楽しんだ

 

 

美しい榛名富士を見て 下船の用意をしてください

と放送があった 

どんよりした雲の中の榛名富士も またいいものだと思った

 

 

「愛の募金号」に乗った 方々に手を振ってお別れし、

今日の全行程を消化し無事に終わりました

 

点字を書く紙の端で作ったという鈴を頂きました

紙と思えないほど固くしっかりして 

振ると優し気な鈴の音がします。リックにつけて使わせて頂きます

 

 

雨も止み 一日ゆったり観光気分のハイキングを

楽しませて頂きました。ありがとうございました

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

5月3日(曇り

 

足利のフラワーパークに サイクリング して

 

藤の花を見に行ってきました

 

自宅から国道に出て 上毛電気鉄道に乗って 終点の西桐生まで行き

 

そこからサイクリングで足利フラワーパークに行った

 

上毛電気鉄道は自転車を載せて乗車できます

 

9:27発

一番後ろの車両が自転車を載せ乗れる

 

上毛電鉄鉄道の 西桐生駅

 

レトロな駅舎です

ここから本格的にサイクリングの始まり10:05

桐生の町を抜けて 渡良瀬川沿いに走ります

 

このサイクリングロードは 桐生足利藤岡自転車道として

マップも出ています 

桐生市綿町から栃木県藤岡町までの38,4

 

案内版が建っていた    (錦桜橋) 10:35

 

 

右が渡良瀬川  ここからがサイクリングロード

次の橋 (昭和橋)

 

渡良瀬川と」石版があったので記念撮影

渡良瀬川 のサイクリングロードに入った途端

 

バアバーは初めて来たので 景色に見とれ写真を撮っていた

 

ソウチャンが「写真など撮っていると着かないよ」

 

と言ってソウチャンがバアバーを監督するために

 

バアバー の前を走るといって 走る順番」を変えました

 

渡良瀬川沿いのサイクリングロードは 平坦で

 

見える山が丘の様で 風景が穏やかで 

 

利根川サイクリングロードとはまた違う雰囲気を持っている

 

桐生市と足利市の境の橋   

 

桐生市から足利市にこれから入る 11:05

 

 

 

公園になっている 

ここでランチタイム 12.00~12:25

 

福寿大橋   12:43

渡良瀬川を渡って ここから サイクリングロードから一般道を

走る

 

この橋を渡って 右に曲がって 行けども行けども 

 

足利フラワーパークの案内の標識は出てこない

 

車道の脇にわずかに区切りされている道 

 

車の通りは激しく 絶対に転べないと真剣走る 

 

段々車道は車の渋滞が始まった 栗田美術館の案内板

 

が出て来た ここは車で何回も走っているので見覚えのある

 

道。こんな方まで来たんだと思いながら 

 

 ジイジーの自転車の後ろをぴったりついて はしった

 

しばらく走ると交通整理の人が立っていた。間違いなく目的地についた

 

 人 人の行列 自転車を押して 行列に加わった

入り口の広場に 白い藤が咲いていて   

 

「わ凄い綺麗」  目を見張るばかり

 

入り口の所で記念撮影

 

写真を撮るのをお願いしたのが  

 

タイから来た人で 何回もここには来ていると言ってた

 

足利フラワーパークは こちら

 

アメリカ   CNN の

世界夢旅行の行き先10選  のなかに入った

 

日本では唯一ここだけだそうで

 

言葉が日本語だけではなく (主にアジヤ)色々の言葉が耳に入ってくる

 

 

長い白い藤のトンネル 

その下に 人々が上を向いて写真を撮ったりしている

「かしぐね」 の様に高くなって紫の藤の花

池にうつるとまた美しい

 

長い藤

池の反対側に 今日のお目当ての大藤がある

 

大藤

 もともと 足利市 の「早川農園」 に大藤(畳250畳) はあった が

都市計画で引っ越さなければならなくなり ここに移植され

1997年 「あしかがフラワーパーク」とて開園した。 

女性樹木医の第一号の塚本こなみ氏によって大藤は移植された

樹齢130年もの藤の移植は前例がなかった

バアバーは開園した頃 そんな話を聞いて大藤を観に来た

 その時の大藤は よく頑張っている という印象だった

 

大藤を眺めるソウチャン

 

最初」見たころより大きくなった 様 

 

 

 

 

園内は足元も沢山の花  着物姿も良いです

  

 

八重の富士

園内は 何を買うのも長い行列 です

 

ソウチャンはアイスが食べ多かったが時間の無駄

 

「いいかげんで限にして、いくら見ても同じだよ」

 

といってお花見物も限にして 園を 14;45ふんころ出た 

 

コンビニのアイスを楽しみにしていたソウチャン

ガリガリ」くんが好きなのです

 

ソウチャンが言うには

 

「安いしね65円だものさっぱりしているし」

また渡良瀬川沿いを 来た道を戻ります

 

足利市と桐生市の境の橋

 

この橋を渡ると桐生市です16:52

 

 

桐生市に戻ってきました

桐生市の町中を走る

 

上毛電気鉄道  西桐生の駅舎」前につきました 17.37

 

 

 

 

17;46発の電車に乗れました

 

電車に乗って 部活で来れなかったチイちゃんに電話して

 

「風呂の用意をしてと頼むと 

 

「もっと早く帰って来るかと思ってとっくに用意してあるよ」

 

大藤の生きる力の強さに驚き 色々の国の方が観に来ていること

 

そしてツアー客の多さにも驚きました。

 

先導してくれた娘やソウチャ ンジイジー に感謝 留守番をしてくれた

 

チイちゃんにもありがとう  皆無事に行ってこれて 健康に感謝です 

 

62kmのサイクリングは無事終わりました

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月24日(日) 曇り

 

今日は利根川サイクリングロードの終点まで走って

 

みようと出かけた   時間はすでに 十時 五十五分 

 

走る順番は 何時ものとうり娘 , ソウチャン バアバー

 

 

 

国道 17号 線  「新坂東大橋」

写真を撮っていると 二人は早い   遠くに行ってしまう

 

 

 

今日はなるべく 二人に遅れを 取らないよう走ると決めた


途中で娘が

 

「お母さん走るの早すぎる」 と聞いてきたが

 

「そんなことないよ」 と言って

 

「よし そっれ と」 心で言って   頑張った 

 

 

「大正橋」 まで 来 た 

 

 時は十二時 

 

ここにあるコンビニで ソウチャンのお目当ての から揚げ

グミ ジャガリコを買った 

 

 目的の最終地点まで 後   約 3,5km 

 

昼を回ったが 

 

「3,5km などすぐよね 最終地点でランチしょうよ」

 

と意見が一致 した。  ここから先は今日初めて走る  

 

娘がスマホで地図案内を設定する

 

国道17号線を走る

 さすが日曜日の国道は」車の通りが激しい

 

「あれ?」

渋川保健福祉事務所

 

「チョット道 可笑しいね」と 思いつつ

 

吾妻川の橋を渡ってしまった。

 

 サイクリングロード から外れたと気が付いた 

 

散歩している ご夫妻に道を尋ねると

 

「この橋の下に道がついているのよ だから戻って 

 

右に行ったところを 入るとサイクリングロードに入れるわよ」

 

お礼を言って   言われた通りに行ってみたが 人家の屋敷に

 

入ってしまう 、うろうろしていると 先ほどの奥様が 走って来て

 

「ここを入るの」 

 

と人家の脇の急下降の細い道を案内してくださった

 

地元の人じゃなければ分からない 猫が通るような道だった

 

御親切にしてくださって ありがとうございました

 

お蔭さまで無事に 吾妻川沿いのサイクリングロードに

 

入れ  吾妻川公園の 最終地点に到着した 

 

 時は十二時三十六分だった   

 

 「 とうとう来たね  」

 

 

ランチタイム は 即席に握って来た おにぎりと パン 

ソウチャンは待ちに待った コンビニのから揚げを先ず食べた

 

帰りは間違わないように 忠実に 走ろう 

 

時は十三時 十分   出発した

 

吾妻川の沿ってついているサイクリングロードヲ走る

 

 

 

間違った吾妻川の橋の下をくぐって 

 

吾妻川が利根川に入りこむ地点  (吾妻川 と利根川の合流)

 

こんな地点は 

 

なんだか   「ロマン」を感じる

 

 

国道17号線 「新坂東大橋」の 下の方にある

 

「吉岡温泉道の駅」に寄った

 

ここまで 終点の吾妻川公園から 一気に走った 

 

下り と言うことも あるが 二人に 離れないで 走った

 

 

ソウチャンは待ちきれないように 

 

「早く行くよ 」

 

と出発の準備をさっさとして自転車に乗り込んだ

 

時  十四時 少し前

 

 

 

「今日は前より楽に走れるわ」と

 

バアバーは二人の後を 離れずぴったとついて行った

 

「お母さん力がついたのよ」

 

 と娘に言われ 

 

チョットいい気分  

 

なおのこと離れられません

 

ソウチャンは  遊びのテリトリーに来た途端

 

独走体制 さっさと走って姿が見えなくなってしまった

 

帰りは登り坂が多いのです 最後の極め付けが

 

自宅近くなのです

 

仕事場があったところに着いた 

 

時   十四時五十分

 

ヘンスに巻き付けたバラが 白く清楚に咲き誇っているでは

ありませんか  一本のバラが何処まで伸びるのか?

 

喘ぎ喘ぎ最後の力を振り絞って登って見たバラは なおのこと美しい

 

 

約36kmのサイクリングでした

 

念願の利根川サイクリングロードの最終点、まで走れ

 

また 一月に走った こちら  時より 力が付いたと感じた


大満足のサイクリングでした

 

 

夕方の事

今日の夕ご飯は手打ちうどんにした

ジイジーは朝から町内の草刈りや 畑の草刈り

夜はコンバイイン組合の総会とか忙しい

そこでジイジーの大好きな「うどん」にした

 

手打ちうどんと言っても 

鶉山の下見に行ったときに 道の駅で買った

農林61号の粉をこねて

 40年位前に買った「小野式製麺機」 で切るのです

本当の手打ちと言えないのですが

ジイジーは大好きなのです

庭の畑から三つ葉 ネギ  うど など取って  サツマイモ

と冷蔵庫にあったちくわ ソウセイジのてんぷらをして出来上がり

 

チイちゃんが部活から帰ってすぐ夕食にしました

久し振りに全員揃った 明るい内の夕ご飯でした

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月19日(晴れ)

ジイジーは 仕事の関係の70歳以上の今年度

初めての集まりがある。

 

仕事を辞めたので その会の世話人を引き受けた

 

朝から何となく落ち着かない。

 

バアバー―が自転車乗りに行こうと誘うと

 

「今日は行かない、やることがあるんだ」

 

そこで

「5月のロングサイクリングに向けて走らなくちゃ」

 

とバアバーがいえば

 

「うるせいから行くか」 

 

ということで

今朝もジイジーとサイクリングに出かけました

 

運動公園に向かって走りました

 

運動公園を通り過ぎたところで

ジイジーが自転車を止めて 鍋割山を眺めました

そして 

 

 

「ここから見る赤城山は女性の寝姿に見えるところだよ

 

鍋割山が顔で荒山が胸辺り そして少しお腹がふくらんで

 

後に続いているというわけさ」

 

なるほど  

 

我が家で見る赤城山とは

 

異なって形が緩やかに伸びている

 

赤城山は住んでいる所で 見る姿が異なる

 

自分の住んでいる所で見る赤城山が

 

一番美しいという

 

ジイジーは 鍋割山と荒山が並んだ大きな山が赤城山だという

 

バアバーは東と西に裾野が広く伸びた山容の赤城山が

 

赤城山らしく 最も美しいと思う

 

13kmのサイクリング

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月18日(月)晴れ曇り

 

 昨日のサイクリングでの途中で

 突然田圃の中に現れるモダンな空間を 

ジイジーに見せたくてサイクリングに誘った

 

「出発するわよ 」というと

ジイジーは振り返ってカメラに向って手を上げるでわないか

 

「振り向かなくっていいのよ」と言えば

 

「出発の合図はこれでしょう」

 

 

 

田圃のど真ん中ににハナミズキ並木が見えたところ

 

 

止まってよく見ると 真ん中に小川が流れていてその周りが

菜の花が咲いて 小川の反対側も散策路があってベンチが

置いてある

ジイジー

「ここはO地区だな 用水路を使って整備したところだな」

やはりジイジーは地元育ちで 土地勘がある

 

 

 

田圃のど真ん中に突然現れる ちょっとしたモダンな空間

 

今朝も散歩する 昨日とは 違う老人に御会いしました。

 

田圃の中にこんなおしゃれな場所があれば

自然と 「あそこに行って見よう」

 

という気になって散歩に出たくなるだろう

 

「歩くことは健康の第一歩」 ですものね

 

 

 

そして朝のサイクリングをしていた運動公園まで坂を

登りあげ 一回りして 帰った

約18kmサイクリング

 

5月のロングサイクリングに向けて

訓練の第一歩サイクリングでした

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。