おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:

4月12日【木)

 

風が人もを飛ばすほど強く吹くという天気予報

 

なのに

 

ジイジーは「今日は公園まで散歩に行くよ、カタクリが

太陽に照らされ首を上げているかもしれないからね」

 

というわけで

人も飛ばすほどではないけれど、風がかなり唸っている

なかの散歩です

 

 

 

鍋割山 荒山を見ながら公園の入り口まで約3.3km

の道程、標高を徐々に上げていきます

 

荒山にはまだ雪が見えます

 

 

鍋割山を背に 菜の花が満開です

 

 

「おや? 何お花 」 畑一面に白い花が咲いている

のです よく見ると 「ナズナ」です

庭に有れば厄介な雑草、畑一面咲けばナズナも絵になる。

蕎麦畑を連想させる

 

 

 

だいぶ公園に近くなりました

人家の庭を見ると、猫が おばあさんの後を亜おばあさんが

行くなりに着いていく 何とも長閑な風景

 

 

菜の花とピンクの桜、

毎年毎年この季節同じように楽しませてくれる場所

 

 

公園」に着きました

 

榛名山を背に桜並木   一幅の絵を見るようだった

 

[えーと9日に歩いた味噌玉岩はあの奥かな」

静かな味のある山歩きを思い出しながら眺めた

 

 

 

公園の中の林二歩を進めると

芽吹きが始まっています

 

 

ジイジー 残念でしたね

カタクリの花は大方終わり、 二三輪 咲いているだけ

 

それでもジイジー

「ほらあそこに咲いているよ」と 頭を上げた遅咲きの二三輪

を愛でています

 

 

水芭蕉は青々とした葉が湿原を覆っていました

 

 

リュウキンカの花は満開

 

 

スミレが草むらの中に花開いていました

スミレ大好きなKちゃん のお顔を思い出しながら

撮ったのですが::::写真って も  難しいね

 

 

 

 

 

池の所にコブシの花が咲いていました

 

ジイジー

「池の周りがきれいになったろう  森が綺麗に池に写って

良いだろう  東にある枯れ木 、あれを今年片付けるんだ」

 

公園の中にある池ですが、これは農業用水の溜池なので

ジイジー達がこの池を毎年掃除をしているのです

 

 

池から

多目的広場に来ました

ソメイヨシノの中にピンクの桜が一本咲いていました

 

 

桜を額縁に鍋割山が見えます

 

 

 

満開 桜のトンネルです  

風が強いのに花びら一つ飛んでいないのです

今日が最高の花だろう 

 

 

チイちゃん、ソウチャンがよく遊んだ子供広場

枝垂桜が風になびいていました

 

 

子供広場の芝も緑になり、休日になれば子供の声が

この広場に響くでしょう

 

 

 

 

花見が出来た約3時間の散歩でした

健康に感謝です

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月1日(土)曇り雨

 

冬に戻ったような朝

久し振りに 時間が空いたと言うジイジと公園にミズバショウ

を愛でに散歩に出かけた

 

歩き出すと吐く息が白くなる

今にも雪でも降り出しそうな冷え込である

 

 

公園の雑木林の中に入りこむと

雑木林の下の落ち葉が雨に濡れてまるで赤い絨緞

を敷いた様  一幅の絵を見るようだった

 

 

水芭蕉の時季は過ぎただろうか?と湿地帯に下りた

水芭蕉は咲いていた。しかし花が咲いてから雪が降ったので

花先が茶色のが多い

 

リュウキンカと水芭蕉

 

寒い中 水芭蕉を愛でに出かけて来た人が思っていたより

多いのにちょっと驚き

 

 

カタクリがまだ咲いているというので カタクリの群落場所に

行った。  下の方に水芭蕉の白い花が赤い絨緞の様に

敷き占められた先に見えた

 

 

 

カタクリの花は太陽が出ていないのでしぼんで垂れていた

 

 

公園の南側

 

桜の花が咲いてる場所に行くと東屋に3人座っていた

 

その御一人がジイジーのそばに近寄って来た

 

カワセミが魚を咥えた写真をくださった方だった

 

ご夫妻で野鳥の観察を趣味にし 写真を撮っている

朝9時ごろから野鳥が来るのを待っているとか

 

鳥の話をしてから、

小根山(おねやま)で小さい白い花を撮って来たと言って

写真を見せてくださった。

写真を見るとキクバオオレンだった。 

 

「おねやま」って何処だろう思い家に帰って調べた

小根山森林公園の事だった

 

 

家の近くまで来ると

 篠の藪の中に ヤブ椿が咲いていた

 

公園と家の標高差約100m位だけど 家に近くなると

とても暖かくなった気がした

 

約3時間の散歩 と言うよりハイキングした気分になった

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3月12日(日)晴れー

 

 風もない穏やかな朝である。久しぶりに一人で散歩に出ました。

今日は御先祖様に花を進ぜる花を買ったりしようと、少し頑張って家か

ら約4km離れた、風車があったり道の駅がある「大胡ぐりーんふらわ

ー牧場」   こちら        まで足を延ばしました。

 

 外に出ると空気が少し冷たい、また家に帰ってネックウォーマーを

付けて完全武装で出掛けました。家から標高約280m登ります。

 

 以前散歩していた公園よりさらに赤城山の方に登ります。

 

道の駅の駐車場は満杯状態で、買い物袋に野菜が一杯入った

袋を下げた人々が駐車場に沢山いました。

 

  チイちゃん、ソウチャンが小さい時 時々来ました。

 風車は前橋市と合併する前、この町の「ふるさと創生事業」により

町のシンボルとしてて建設されました。赤城山(鍋割山、荒山)を背に

関東平野が一望できる場所に建っています。

 

オランダ風 の風車が 廻っています       

 

鍋割山 と荒山

 

園内は子供連れがちらほら いるだけで 、道の駅とは

違ってとても静かです。 広い芝生を歩いてみました。 見晴らし台

に上がる、と関東平野が一望できます。今日は春霞でもやっとしています

 陽だまりにあるベンチに腰掛け 、自動販売機でコーヒーを買って、

静かな広場で、山を眺めたりし ゆったり過ごしました。

 

 

帰りに、何時も散歩に行っていた公園の水芭蕉の芽吹き

加減が気に成り寄って見ました。

 

枯れた葉の湿原の中にちらほら若緑の水芭蕉の芽が出

いる中に、数株花が咲いていました

 

 

雑木林の中にある 水芭蕉のある湿地帯

 

雑木林の光も春めいてきました

 

 小鳥の観察に来ていたご夫婦に会い、小鳥が沢山見られる

と言うので、ご夫婦の後に 続いていきました。

枝が沢山出ている雑木の前に来ると、シジュウガラ、が沢山

止まっていました。「ほらコゲラも来たでしょう あそこにヤマガラ

」と奥さんは 鳥を指さしては教えてくれます。

 次から次へと小鳥が木に止まったり、飛んだりしています。

この公園で沢山の小鳥をすぐ目の前で見たのは初めてなので

感激というより、驚きました。

 

 道の駅でお花だけ買おうと、 思って出かけましたが、あまりに

も安いので、 つい 人参 ごぼう  レタス ブナシメジを買って

しまいました。その袋を下げて、靄に包まれた遠くの町を見下ろ

しながら歩き、 約3時間ちょっとの散歩 とても清々しい気分。

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

2月26日(日)晴

 

ジイジーは地域活動に朝早く家を出てまた午後昼ご飯を

そこそこに食べて出かけて行きました。 

午後ソウチャンと二人になりました。バアバーは庭の草が気になり

草むしりをしていました。

そこにソウチャンが「手伝おうか」とやって来ました。ちょっと手伝って

から「やっぱりオレ自転車乗りしょうかな」と言い出しました

やっぱり草むしりを手伝うのは気が進まないのだな、手伝うと

言ってくれるだけでいいのかな思いました。

しかしソウチャンと一緒に行動するのも今の内だろう 

散歩なら一緒に行くだろうと思い

「バアバーと散歩に行こうよ」とソウチャンを誘いました

 

ソウチャンが通った幼稚園まで行くことにしました

標高差約100m位の片道2,3km 朝かつて何時もバアバーが

散歩していた道です

鍋割山 を見ながら歩き 西に目をやり榛名山が見えると

昨日ジイジーとソウチャン3人で水沢山にドライブをしました。

その時に榛名山に近づくに従って大きく迫る榛名山に恐怖を感じた

事を思い出したようで

「オレ榛名山が噴火するんじゃないかと思ったよ」などお喋り好きな

ソウチャンは色々の話をしてきます

 

帰りは遠く幾重にも重なる山山を眺め、特徴のある御荷鉾山が

下るにしたがって見える位置が違ってくるを眺めたり

ソウチャンは今将来の仕事を何をしょうかなと色々考えている

様ですが何になりたいという強い希望がないようです

バアバーにあの仕事はどうかな この仕事はどうだろうと 

歩きながら色々聞いてきます

  

先週授業参観があったようです。その時自分の好きなこと

今熱中していること 将来の夢、仕事について英語で

スピーチをしたそうです その時仕事について確かにこれに

なりいことが決まっていないから 普通―のサラリーマン

になって普通のサラリーがもらえる人と言っておいたよ

また中学生になれば考えも変わってオレ違うこと 思っている

かもしれないしなど言ってるソウチャンです

 

まだ土手があれば土手に登って歩きますが 

自分の将来の道を模索しているソウチャンの姿を見ました

 

「ホトケノザ」が土手をピンクにそめていました

ホトケノザの花言葉は 「調和」 「輝く心」 だそうです

ソウチャンと散歩で見た今日のホトケノザはとても美しいと思った 

約一時間の散歩 

今年の春、中学生になるソウチャンと今日の様な

時間を持てるのもだんだん少なくなるだろう 

とても貴重な時を過ごせてとてもよい散歩でした

ソウチャンありがとう 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2月14日
 
何年か前までは 
家から道の路 約3kmの公園がバアバーの散歩道だった
 
地方新聞にその公園の梅が満開と報道された 
 
ジイジーに梅を見に公園まで散歩に行こうと誘われ出かけた
 
散歩道は家から標高差にして約130mである 久しぶりに歩
 
く道   随分傾斜がきついと感じた
 
駐車場はこの時季にしては 沢山車が止まっていた 
 
梅の花は 白  薄桃色  濃い桃色  と三色の梅の花が
 
咲いていた  満開ではないが 4分咲というところ 
 
濃い桃色
 
 薄桃色
 
まだまだ楽しめそうだ 
 
 公園の土手に43段の階段がある。 これがかつてのバアバーの
 
トレーニングの階段だった 
 
 散歩に来た時や チイちゃん ソウチャンと遊びに来た時 この階段を
 
上ったり下りたりした   その時の光景が浮ぶ  二人はもう公園には
 
付き合ってはくれない。  しかしチイちゃん、そうちゃんと良い時を過ごした
 
なあと  思いながら、
 
階段の上から チイちゃんソウチャンが」遊んでた子供広場を眺めた
 
 
一人で遠い思い出にふけりながら 階段の上り下りしていた
 
ふと気が付くとジイジーの姿が見えない  ジイジーの行きそうな 
 
多目的広場に 行った  しかしジイジーの姿は見えない
 
 鍋割山が 頭を見せていた 鍋割り山をしばし眺め 多目的広場の
 
芝生の感触を楽しみながら広場を横切って歩いた
 
 
池に出た  3羽 カモが泳いでいた
 
バアバーが池に近づくと 沢山のカモが池の端から 一斉に池の
 
真ん中の方に泳ぎ出した みな池の端で休憩していたのだった
 
そのうちにカモの二羽が行き佳いよく ケンカが始まった
 
カモを」眺めていると 電話の音 
 
「何処にいるんだよ オレ 子供の広場で待っているんだけど」
 
とジイジーからの電話
 
「すぐ自分の世界にはいちゃんだから それぞれにこれから行動しよう」
 
と電話の向こうでジイジーが怒っている
 
 
慌てて バアバーは久し振りにジイジーがiいる場所まで
 
公園の中を走った  息が切れる  しかし 公園の土は
 
柔らかくて靴底から伝わる感触がとても気持ちが良い
 
ジイジーが怒っているだろう と思いながらも 清々しい!
 
 
 
駐車場でジイジーとジイジーの好きな缶コーヒーを飲んで
 
一休みした
 
 
帰り道に色の濃い山茶花が咲いていた
 
ジイジー
「この山茶花色が綺麗だな この種が落ちたら拾って蒔こうかな」
 
バアバーは庭にこれ以上木を植えるのは手入れが大変なので
 
嫌なのである。しかし また公園に見に来ればいいと思いながら
 
黙って聞いていた
 
 
 
 
梅の花を見に来た公園
 
雑木林 や 枯れた芝生   池  など 広い公園は とても
 
気持ちよく、家の周りの散歩とは一味違い、お出かけ気分が楽しめた
 
ジイジーありがとう
 
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。