おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:

9月30日(金)

 

野ばらの実が秋を感じる

関東ふれあいの道 は関東一都六県をぐるっと一周する

長距離自然歩道で総延長距離は1799kmである

 

群馬県編歩きをしたリーダーが群馬編を歩き終わり 今度は

栃木県編を計画した その第一回目が行われた。それに参加した

 

栃木県編は日光市の庚申山から福島県の白河市旗宿(白河の関所)

までの393kmで 32コースが設定されている

 

今日歩いた栃木県編のNO1 の「赤銅の道」は 備前楯山の展望の

素晴らしさに感激し また

日本の経済発展の礎になった、日光市の足尾銅山の自然破壊と

また悲しい歴史の(外国人強制労働など)事実を知った

 

「関東ふれあいの道」は、自分の足で歩くので、その土地の歴史や

自然、文化、人々暮らし、空気 など を肌で感じることができる 

 

これから栃木県編を歩き 健康 感性豊かになれるように:::と

思っている

 

メンバーがいるから歩ける

 ありがとうございました  そして次回からもよろしくお願いします

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

9月25日(日)

 山岳会県連の初級地図読み講習会が行われました

 

集合場所の栗谷神社で

名簿と 今日の山行の緯度、経度、補助線が書き込まれた地形図、

ポイン地点の緯度、経度の表が渡された

 

 緯度、経緯の票

地形図にポインを付けた

 

 

栗谷神社

 

登山口で 挨拶し 

のち四班に分かれて、地図読み講習の始まりです

先ず、今いる場所を地図の上で確認し

これから行く、緯度経緯表の①番目を地図に書き 

 コンパスで行く方向を決めます

 

 

神社の階段を登って、山の中に入って行き、

登山道はありません。コンパスを頼りに籔漕ぎをしながら

尾根から外れないように歩きます

 

 

オヤ 標識がある

「表登山口、東登山口」 とあったが 籔が深そうだ

 

 

 

鉄塔の所に出ました

鉄塔は地図読みでは目安になります

 

岩場があります

 

 

三角点がある標高351

  ポイント ⑦ 地点」

 

 

湯殿山標高398,7   頂上

 

 

緩やかな尾根をに出ると 赤城山が見えました

 

 

二つ目の鉄塔 

 

 

 

壊れそうな橋を渡り林道二出ました ⑫地点

 

⑬地点

彦谷湯殿神社の説明版がある広場

 

 

栗谷分岐  東尾根の標識

沢を登りあげていく

 

 登るときに籔の中にペットボトルが在った

帰りにもここを通ると、今日の講師M氏が言っていた

そのペットポトルを籔の中のるを見つけ 感激した

 

 

 

無事に登山口に 着きました

挨拶後解散

 

湯殿山の変化のある山を楽しみ、

緯度、経度 とポイントを付け、GPSを使って

非常に有意義な地図読み山行となりました

 

ありがとうございました

 

今日歩いた道

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

9月24日曇り雨

 

 今日はソウチャンの小学校生活最後の運動会が行われた

心配していた天気も 競技をしている時は雨も降らないで 

プログラムの時間を繰り上げて、全部終ることが出来ました

 

今学校は工事中で  工事の板塀を利用して

「HG五輪 みんな目指せ 金メダル」 のスローガンが書かれ

ていた

 

 

ソウチャンは運動会の最後の競技の団リレー (赤城 榛名 妙義)

赤城団の選手で走りました  走った走って バトンを渡す直前で

一番の妙義団を抜きました

ソウチャンは念願の6年間団リレーに出られました 

 

最後の運動会も無事に終わり 

バアバーも6年間 一杯楽しませてもらいました

ありがとう

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

9月25日

 このところ、青空文庫が気入り、伊藤左千夫の[野菊の墓]を読んで

から、永井隆、[この子を残して]、今井邦子  [伊那紀行] [滝]を読ん

で、そして佐藤春夫の「オカアサン」を読み終った。

 

 この「オカアサン」とういのは、 作者がひょんな事から鸚鵡を飼うに

なった。そのオオムが 色々な言葉を発声する、その言葉の中でも 

オカアサンと発声する音が、ひとつでなく色々である。作者は 鸚鵡が

発声する言葉から元の飼い主の 事を色々想像していく のである

 

  鸚鵡の発声する言葉から色々想像していく様子が、興味深く読み

ました それと同時に子供が小さい時 飼った九官鳥「キュウチャン」の

事を思い出した。

 

 バアバーガ何故か子供の時から鸚鵡を飼うことに憧れていた。

大人になったら何時か鸚鵡を飼いたいと思っていた。子供が小学生

になり少し時間の余裕が出来ると、子供の頃の思いが頭を持ち上げ

た。ジイジーに鸚鵡を飼いと言うと「いいだろう」ということになり、

動物商の方にお願いした。九官鳥の方が手に入りやすいということで

九官鳥にした  バアバーは念願がかない九官鳥が来るのが

待ち遠しかった。 今こうして「キュウチャン」の事を思い出していると

その時の気持ちが蘇ってくるようだ。

 

九官鳥が我が家にやって来た。

九官鳥なので、ただ九の字の最初を取って「キュウチャン」とバアバー

が名前をつけた。嘴が黄色くつやつやとした黒い羽 まだ雛だった

「キュウチャン」の置き場所は、部屋も狭かったので、衛生の事も考えて

玄関の下駄箱の上に置かれた。時間があるごとに行っては言葉を

教え込もうと、「おはよう」 「キュウチャン」 「ありがとう」 など言った

そのうちに「キュウチャン」は微かに言えるようになった

 

しかし

朝になると中々起きてない息子を起すのに、 二階にいる息子に

「 kー 」おきなさい  と玄関でバアバーが怒鳴るのが日課に

なってしまった 。すると「キュウチャン」はその声をたちまち覚えて

しまった。そして「Kー」 {Kー」と時々面白そうに「キュウチャン」は

鳴くのです。当然息子は「九官鳥まで人を呼び捨てにする」と怒って

しまう。 覚えた言葉は止めさすことはできない

「キュウチャン」はそれ以外もだんだん言葉を少しづつ

覚えていき、  置き場所を玄関でなく仕事場に置くようにした。

 

この「オカアサン」を読んで九官鳥 が{K-」と呼ぶようになって

しまった 不味い 苦い、思い出と この作者の様にまでは

可愛がれなかったのかなという反省と、あの可愛らしい黄色い嘴

が思い出されて、複雑な気持ちになった。  

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

9月22日 (木)雨

 

  このところ天気が悪く外の仕事はできない。

そのままになっていた子供達の部屋を片付けた

大方二人は必要な物は持って出たようだけれどもまだ空になった

わけでない

息子の洋服ダンスの上に埃に被った菓子箱が置いてあった

 

菓子箱を開けてみると百人一首 と上毛カルタの札がバラバラ出て来た

 

上毛カルタ      こちら     こちら  は  郷土カルタで

 

小学生の時代を群馬県で過ごしたことがあれば、上毛カルタを知らな

い人はいない。 たとえ大方忘れたとしても「つる舞う形の群馬県」 位

は覚えている。子供時代に上毛カルタ大会があって、冬になるとその

大会に向けて学校や 子供会で練習をする。

二人の子供もそれぞれ自分のカルタを持っていた 

札の後ろに一枚一枚 名前がついている。多分学校に持っていて練習

したのだろう

 

ソウチャンは子供会で大会はあるが学校で練習することはなかった。

家で数日練習するだけで、子供達が小学生の頃とは違って  

学校も全体的に関心が薄いようだ。

カルタの札を捲って見ると 群馬の名所等が網羅されていて、

改めてこれを作った浦野匡彦 やそれを広げ群馬県に根付か

せた人々は凄いことだと思った  

 

バアバーは子供の頃 カルタをしたが それほど覚えていない 

そこで上毛カルタを一枚一枚捲りながら  

これ覚えてみようじゃないかと思った

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。