おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:

3月31日で仕事を辞めることにしました

1972年10月に開院し あれから43年強の年月が経ちました

先ず 皆さまのおかげで  ここまでよき年月を 重ねられた事を

深く感謝します

若い時は生涯現役で過ごすことを 理想としていました

しかしジイジーが77歳 バアバーが75歳になった今年

一つしかない命を預かる身と して 、

まだ体も元気  判断する能力も十分あるうちに 引退する方が 皆さまに

迷惑を掛けないと 判断し  苦渋の選択をしました

自営は定年がありません  それだけに 選択は難しい

辞めるにあたって皆様から沢山の励ましをいただきました

本当にありがとうございました

バアバーは東京オリンピック、や 新幹線が開通した1964年に大学を卒業し

 白衣を着それ以来52年  脱いだことはありませんでした

 これからは 白衣をエプロンに変えて 唯 ただ 家庭菜園 などをしたり

自然の中で 過ごしたいと考えています

これからの人生、動物を介して皆様と貴重な時間を過ごせたことに感謝し、

終わりにあったて多くの皆さまからの励ましを胸に  前向きに生きていきたいと

思います 

今 老子の言葉   「吾唯知足」 を指針に

どんな人生が待っているか また これ  楽しみでもあります


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
チイチャンは日曜日に高熱が出てしまいました

休日当番医でB型インフルエンザと診断されました

お医者さんから帰ると

「あゝ インフルにかかちゃった  春休みで良かった」 とチチャン
 ふうと肩を下ろしました


中学生になってから学校を一日も休んでいません

皆勤賞を狙っているのだそうです

「あと一年頑張りたいんだ」

日曜日 、月曜日と  顔を赤くして 床に寝ていました

月曜日に夕方やっと食欲も出てきました 

火曜日の今朝熱も下がり お布団を陽に当てたりして 、ピアノを

弾いたり 自由に起きていました 

夕方になって顔が赤くなったので

「熱を計ってみたら」というと

少し熱が上がってしまったようです。

熱を見て 急にしょぼんとして 床に入っていきました

明日はチイちゃんの熱が平熱になっているといいのですが

部屋の湿度をなるべく高くして

ウイルスが住みにくくして  

他の家族が発症しないことを願っています


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3月27日(日)曇り晴れ
午前中にそれぞれ今日の目的の作業が終わったので 午後 カタクリと水芭蕉を愛でに
いつも散歩に行く公園にジイジイと二人で出かけました

カタクリの花


水芭蕉



公園の駐車場は車が沢山止まっており いつになく賑やかだった

森の中に入り湿地帯に水芭蕉が 咲いていた


水芭蕉を見て丘に上がっていくと カタクリの群生地 
カメラを持っている人が大きなレンズを付けてけている人ばかり
バカチョンカメラはバアバーくらいだった


目的の水芭蕉 カタクリを愛でたので公園のなかを少し歩くことにしました

ジイジーが「ほらスミレ」 と土手の草むらに咲いてるスミレを発見しました


アヤメやカキツバタ 菖蒲が咲く湿地帯には鳥を観察する人が 大きなレンズを付けたカメラに
双眼鏡を首から下げて 篠籔を覗いていました

[因幡の白兎」の話に出てくる がまのほだよ とジイジーが指さしました


歩いてきた道を振り返って

池に映る木々が美しい


森から抜けて帰り道 道路に這っている人がゐました

桜を下から眺めて写真を撮っていました


カンヒサクラが満開です
前回の散歩のときにこの公園で同じ桜が違う場所で咲いていました
 友人のKちゃんにいただいた 桜の本を見ると「緋寒桜」が別名でカンヒサクラ
というのが本当らしいということが分かった
「さくらガイド」の本を kちゃんから平成18年4月21日に頂いた
あれかrかれこれ10年になるとは:::  この春はこの本片手に桜見物でも
出来たらいいな~ Kちゃんありがとう;;:ね


犬の散歩に桜見物に来たという ジイジーと一緒に 地域活動をしている方の
奥様に逢いました 。 そしてあそこの荒れた竹藪をこの間伐採したとか 耕作
放棄地をミニ観光林にすればいいとか 地域を皆愛しているのだな ~ということ
を会話の中から強く感じました



約7.5kmの散歩は 花を愛で ジイジーに色々聞きながら地域の田畑を見ながら
ゆっくり歩いた約3時間 でした  ジイジー付き合てくれてありがとう


午前中は
撒くのがチョット晩くなったけど スナックエンドウ   ブロッコリー  サラダ菜
インゲン  キュウリの種を蒔きました

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3月21日(月)
自宅の庭から南に見える 御荷鉾山 は 富士山形をしている

東と西と二つある その隣 西側に御荷鉾山より小さい三角の山 これがオトゲ山である

御荷鉾山は母校の校歌にも歌われ、また夏の農作業の時など御荷鉾山に雷雲がかかると
「御荷鉾の3束雨」来る と亡き母が叫んだのを思い出します

今は朝な夕なに眺めているこれらの山に長年の夢が叶い登ることが出来ました



クラブのメンバ14人、車3台
コース案内
東登山口 →東御荷鉾山頂→西登山口 →車で移動 南登山口→西御荷鉾山頂
→西登山口→オトゲ山登山口→オトゲ山頂→オトゲ山登山口
(黒線が辿った道)


登山口の標識から少し歩くと山の斜面に東御荷鉾山の札があった8:59
そこを急斜面をよじ登ると尾根に出た


尾根に出て間もなく9:06 御荷鉾山まで1,2kmの旗があった
どうやらトレイルランの旗らしい


登山道は雑木林の直登である


青緑の岩が出て来た 山波石 同じようだ


一直線 状に 山頂に繋がっている 急登の登山道 を
見上げて 一休みをする メンバー
「つづくな~直登が~」


ひたすら急登を行くと 石碑がありました
四十五丁と書いてありました


雑木林が美しいのです


上を見上げると空の色にとけこんで 雑木がのびのびみえました


五十丁の石碑
もうすぐ頂上


頂上が見えました 祠があり ました


1246メートルの東御荷鉾山 山頂」で記念撮影 10:15~1025


西の登山口に下山する
雪が残っている 急下降をひたすら下る

樹林の間に西御荷鉾山が見える。我が家から見る御荷鉾山より
鋭い山 という感じがした 
結婚して間もないころ
 御荷鉾山を見てはここらの山より、なんと優しい姿なんだろう と眺めたものでした


西御荷鉾山が見えました 
西登山口の林道に下りました11:00



くるまで移動して西御荷鉾山 南登山口から登ります



11:25
登山案内版を見て登山開始する メンバー


階段がある やれやれ」と思ったところで


頂上が見えてきました
石塔が建っていました


1287.2メートルの山頂12:05  
浅間山がくっきり見え 遠く赤城山も見えた

山頂は広く石碑や地蔵がありました

冷たかった風もなく陽射しが柔らかく昼寝がしたくなるような山頂
「いつまでもここに居たいな ~」と誰となし いうメンバー
ツツジも沢山あり春は綺麗だろう 


山頂から不父見山(ててめじやま)を見る
クラブに入って間もなく不父見山に登った その時御荷鉾山を見ると
御荷鉾山が胴体不達にを切られた様に林道が撒きていた。それを見た瞬間に
何故か無意識にとめどもなく涙が流れてきてしまった  




オドケ山 
駐車場もありこれから登る


オトゲ山が樹林間から見えました

登山途中から 樹林間から 西御荷鉾 東御荷鉾 山を見る


オトゲ山  (1119m)頂上


オトゲ山はピストンした

次は赤久縄山(あかくなやま)に登ろうとしたが
 林道に積雪があり車が進めず断念しました


林道脇に東屋がある」見晴らし台に登りました

見晴らし台から 登って来た
手前がオトゲ山 西 東 御荷鉾山が見えました
遠く すそのが長い赤城山がみえました 



生まれ育った土地のシンボルだった御荷鉾山はそこで過ごした時はあまり

眺めた記憶はないが 

嫁いでこの地に来てからは 毎日雲がない限り

眼前遠くに2つ綺麗な姿を眺めることが 出来る


この登山は宿題が終えた気分でした 

大満足の1日

リーダーはじめ運転してくださったメンバー  ご一緒してくださったメンバー

ありがとうございました

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
3月20日(日)

この日は風が強く肌寒い日でした

春彼岸の中日 墓参りに行く人でわが家の横の道は朝から大渋滞です。

皆で朝のうちに墓参りをして 午後バアバーがいつもと違う道を

案内する ということで娘とソウチャンと3人で出かけました



ソウチャンはとうとう ケヤキの木に上ることが出来ました

そして散歩前にお披露目をしました



家から出て   鍋割山 荒山 を背に広い畑が広がっているところ 


ソウチャンはスケーターで散歩です
念願のスケーター散歩です


いつもの公園に 花が 
ヒガンサクラ

椿 が沢山咲いていました

公園から東の大通りから一歩 入った道、森の中を下りました
森を抜けると  砂ほこりが舞う 広い畑に出ました」 ここはこれから作物の作付け
されます
砂ほこりが舞って 散歩には良い条件でないのですが 娘は今までの散歩道とは

違う森の中 この広々とした 景色 が気に入ったらしく「 近くにこんな所があったの」

盛んに写真を撮っています ソウチャンは 坂道をスケーターで下りたかったので

先に行ってはまた戻るの 繰り返し  その挙句 草むらに寝転んで空を眺めています


一本のヒガンサクラが咲いていました

牧草地もあります


最後に紹介したかった沼に着きました

ジイジーの田圃に水を引く灌漑用水池です、この沼は今は釣り禁止ですが

息子が子供の頃は子供たちの釣り場だった  あれからこの沼も整備し
小さな公園の様にあった



家から半径 約3キロ強 の違う風景を楽しんだ散歩

8,7km  少々3人とも疲れました

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。