おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:

いつの間にかクズの花が咲いていた
道端の彼方此方にツルが伸びた葉の中に薄紫の花が咲き始めた
和名は大和(奈良県)の国栖(くす)が葛粉の産地であったことからの由来
根から葛粉が取れる

これが畑に入るとつるが延びてとても厄介である
歩数6310
4.1キロ
45分
145カロリー10グラム
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
チイチャンとソウチャンは
初めて谷川岳に登りました
今の時季は暑い谷川岳登山になると想像していましたが
それにしても
ともかく暑い熱い谷川岳登山になりました

朝6時40分ハハの運転するハハの愛車に乗って
高速道路を走って谷川の登山口になる谷川ロープウエイ
駅の駐車場ニつきました。
そしてロープウェイに乗って天神平ニつきました

ハハ、チイチャン 、ソウチャンと3人で記念撮影をして
ここでハハと暫し別かれて 
バアバー チイチャン ソウチャンの3人で登山の始まりです
8:40分

 
先ず熊の穴避難小屋を目指します
ゆっくり 登ります。頭を上げると 谷川岳の頂上のトマノ耳、オキノ耳が
わんちゃんの耳のように見えます
ソウチャンは木道もまだ歩幅が狭いので大またに両手を使って登ります
自分のお弁当水が入ったリックをしっかり背負って
立派なアルピニストです

熊の穴の避難小屋ニつきました9:20~9:30
ソウチャンは
「これお家なの」 不思議そうです
ここで御腹にバナナ、パンを入れて スポーツドリンクも飲んで
ソウチャンは荷物が重いのでソウチャンリックひとまずバアバーが
背負って
「サア出発」
ここから岩場が出てきます
チイチャンは
「バアバー先に行ってよ」
といいます
ソウチャンは
「オレ先に行く」
と先頭を歩きます
クサリが出てきました
ソウチャンはクサリは持たず岩を持って
一歩、一歩登ります
遠く岩の上にヒト達が見えます
「アレ頂上」 とソウチャン

天狗の止まり場ニつきました10:15~10:30
ソウチャンはいつの間にやら岩の上に
「ソウチャンバアバーの側から離れないで」
大きな声で叱られて
バアバーのところに戻って
また3人で岩の上にご機嫌なソウチャン
「ハイホチィーズ」
ソウチャン
「バアバーが重いから今度リック自分で背負う」
 ソーット お弁当着替えを抜い軽くして 
自分のリックを背負うソウチャンはご機嫌で歩きます

 
まだまだ岩場が続きます
今度はチイチャンが先頭を行きます
ソウチャンは時時立ち止まって
「景色がイイネ~」
このあたりから隣の尾根の中ゴー尾根の向こうに
万太郎山方面にいく三角条規のような尖峯ガ見えます 
こんな景色は赤城山では見られません
ザンゲ岩近くに来たところで
チイチャンが
「バアバー鼻血」「紙頂戴」
バアバは紙ではたりないと思って
タオルを渡すと
「ティシュ頂戴、早くして」
「タオルで押さえて」トバアバー
そしてタオルで押さえて
まだ氷が残っているスポーツドリンク ボトルを
首に当てたリ 鼻の上に当てたりしました
一向に止まる様子がありません
ソウチャンは登山道に寝転んで
御腹空いたと言って おにぎりを食べます
傘をさして日陰を作ったりしますが止まる様子がないので
すこし木陰があるところまで下がりそこでゆっくり休む事にしました
チイチャンの目から大きな涙が落ちています
「今日はここで下りようね」
チイチャン
「ウン下りる」
ソウチャンは登りたいな ~
休む事50分弱やっと鼻血は止まりました
この間に「ティッシュ上げようか」と声を掛けて下さった方
「お水持っている、大丈夫 お大事に」
声を掛けてくださった方 本当に有り難うございました
水も今日はたっぷり持っているし トイレットペパー一巻きティシュも持っていたので
お気持ちだけ頂きました

チイチャンの笑顔が戻って
小屋を目指しました
2人ともおトイレ行きたくなって
足が速くなりました
雪解け水が流れていました
ソウチャンは手で触ってみたが
「あったかいよ」 想像していたように冷たくなかったようです

肩の小屋で100円入れて用足しして11:45
いよいよ頂上です
「ネイネイが先頭ね」ソウチャン
頂上行くまでもソウチャンは立ち止まっては景色を眺めます
山ノ稜線が雲で新潟と群馬側にはっきり分かれています
新潟川は雲に被われ山はだが見えません群馬側はササの山はだが見えます
その景色がとても美しいのです
いつまで見ていても厭きないらしいソウチャンです
やっとバアバーに呼ばれて
頂上で記念撮影 12:00~12;30
そしてランチタイム 大カップラーメンを2人で話を合いをつけて2人で分けて
食べました 。
向かいに座ってた人が「鼻血が止まって頂上にこられて良かったね」
「うん よっかttです」えがおです

チイチャンは「水が終わった」
バアバーのリックからまだ飲んでないスポーツドリンクが二本出てきました
「わお~」 「ビックリ」 

「早く肩の小屋に行って バッチとハハとジイジにお土産を買おう」

 

肩の小屋で
ジュース買って
ソウチャンは
「ジュースいくらだった」
「一本300円だったよ3人でいくら?」とバアバー
「900円だよ ,安いね」
  バアバーはほっとしましたソウチャンガ大きな声で高いねと言わなかったので
  山はここまで持ってきてくる手間賃を飲むんだからね
   ここで冷えたカンジュウスーを飲めるのだから最高ね 
  2人とも「美味しかったね」
 ハハの待つロープウエイ駅を目指して下山します13:00

 
肩の小屋下まだ雪渓が残っています
雪渓を背に写真その向こうに西黒尾根が見えます


くだりの方が慎重に
ソウチャンはもう二年生一人で下ります
 雪解けの水が流れている所で滑って
 チイチャンに
「滑ってなんかいられないだよ谷に落ちてしまうんだよ
ここだから良かったけどさ」
ソウチャンは身にしみたらしいです
バアバーの言うことを聞くようになりました
右足 を地に着いたか確かめて左足を出します
これを守はました
ソウチャン
「こえ~頭使う」 この言葉を何回も言いながら慎重に下ります

テング止まり場の周りに咲いていた花
ソウチャンは花より眼下遠くに見えるハハの待つ駅や山ノ景色の方に
興味があるらしく景色を良く眺めます
チイチャンはここで花の写真を撮りました
 
シモツケソウ

 

クルマユリが岩場に

 
まだまだ岩場が続きます
ソウチャンはとても足運びが上手くなりました
チイチャンは先に行っては待っています
熊穴避難小屋ニつきました13:55~14:15
もう今までのような岩場がないのでソウチャンはネイネイの後を続きます
その後をバアバーが歩きます
ソウチャンはもう少しで楽しみな駅で食べるアイスが頭に浮かんだようです
「~アイス」とアイスの名前が入った歌を歌いだしました
チイチャンの足も速くなりました ソウチャンモネイネイに続きます
バアバーは2人の後を一生懸命に続きます
2人は駅で待つハハの姿がを思い浮かべているようです

駅が見えました
チイチャンが下の方を見て 
「ハハがいない ~」とつぶやきました
天神平つきました15:20

チイチャンはハハがリフトに乗って天神峠まで一緒に行くといったので
楽しみにしていましたから
やっとハハが来ました
チイチャンはハハと一緒にリフトに乗ってご機嫌です



天神峠ですこし遊んで
リフトで下りました
「こえ~リフトで下るのって初めてだもの 」
怖いの連発するチイチャンです
そして
「今度冬スキーでここを下りたい! ここにスキーにきたいな~」


 
登頂出来たお祝いの
メロン大好きなソウチャンはメロンカキコオリ」
チイチャンはアイスクリーム  バアバーイチゴコウリ

チイチャンは「鼻血が出て小さい子には抜かれるし皆にはきょろきょろ見られるし、不安に
なって涙が出てしまった」
でも「谷川岳に行ったんじゃなくて頂上に登ちゃったんだよ」

「諦めなくて良かったね」   チイチャン 

 
こうして登った頂は雲の中になってしまったが
無事にロープウエイのって帰ってきました


 
駅で土産を買って家路つきました 17:00~18:45
車の中で谷川岳に登ると決まった時チイチャンは
ネットで谷川岳のことを調べたそうでとても怖い谷川岳と言う
印象で登ったと話しました
ドウリで熊穴避難小屋からは先頭に立つのを嫌がった理由が分かりました
日一杯楽しんだ谷川だけでした
2人とも
無事登頂おめでとう

色々励ましやら 温かい言葉を掛けてくださった登山者や 一緒の場面であった登山者の温かい心で無事に登る事がが出来ました
そしてハハにもジイジーにも有り難うございました
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ソウチャンは夕べ早く寝たので
6時前に起きて
「バアバーいる 」と言って
朝ご飯を作っているバアバーのところにきました
「オレバアバーーが散歩に行ってしまったかと思ったよ
だってね時計を見たら6時半なんだもの」
どうやら時計を一時間見間違えたようです

「散歩に早く行こうね」

ネイネの方はまだぐっすりお休み
6時になるので声を掛けると
「お腹が冷えたから散歩に行かない」

ジャソウチャンと2人で行こうと出かけようとしたら
ネイネイがしぶしぶ起きてきました
ジャ3人で行こう
ネイネイの仕度をまって
歩き出しはネイネイは目が覚めず
なにやらグズグズ言っています
ソウチャンは
「オレあの心臓破りの坂まで全速力で走っていっていい?」

と言って飛んでいって凍みました
バアバーも真剣に追いつこうとしてもあっと言う間に姿が
遠くなっていきます

チイチャンといえばバアバーの後ろから段々離れていきます

やっと急坂に取り掛かるとソウチャンが既について待っていました。
ネイネイも目が覚めたようです 歩く早さも早くなってバアバーを追い越しました
坂を登り切って 3人揃って歩き出しました
チイチャンも朝の空気に触れ気分も良くなったようです
チイチャンは突然
「群馬は一番森が多いんだって」
森のトンネル状態の所を見て

「ホラあそこ 小さいトトロノ森みたいね」
カシグネの中から生まれたばかりの鳥の鳴き声
「カシグネの中につばめ赤ちゃんがいるみたい」
「前家にも巣を作ったよね」

散歩はいいね チイチャンはとってもウキウキしてきたようです
歩数5290
39分
3,2キロ
118かろり  8グラム
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

散歩の帰り畑に寄った
そしてインゲンを採った
ソウチャンは一生懸命に手伝ったがチイチャンは道路に座っって畑に入ろうともしません
ソウチャンはナスも採ろうよきゅうりもね もぐのが面白いらしい 小さなナスも採って
これチビナス これふとなす きゅうりは痛いね  インゲン一杯あるよオレ大好き
おしゃべりしながら のお手伝い

そのうちチイチャン待つのがあきたのか
「まだ終わらないの ~」

バアバが手伝わないのなら帰ってもいいよ

その内にクローバー摘みを初めて 
「ヨツバのクローバー見つけたよ」

そういえばチイチャンは初めてヨツバのクローバー見つけたんだっけ

ソウチャンそれを見て
「オレもみつけようっと」
チイチャン
「ソウはもう何回も見つけたんだから今日はみつけないで

2人の言い合ガ始りました

果たして結果は

バアバーは2人のケンカしてるのを置いて
家に帰ってきました

大事そうに初めて見つけた
クローバーーをチイチャンは持って帰って着ました
ソウチャンはクローバーを一つも持っていませんでした
歩数56713.5キロ
36分
125カロリー8グラム
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は曇り
ソウチャンは曇りだしプールに行かないと言っていました
ハハが作ってくれた焼きソバ弁当を食べながら
テレビを見ていました
盛んに関西方面が気温が上昇の話を聞いて
「オレヤッパリプールに行こうかな」
と言い出しました

「行ってくれば」

というと
「先生が一人ではプールに来てはダメって言うし」

「バアバーが送ってiいこうか、::でももう二年生だしね」

「でもヤッパリオレ一人でも行こうっと」

「ジイジーオレプールに行ってくるね」

「いっといで 気持ちいいと思うよ」 トジイジーにも言われ

決意したらしく 支度をして

「オレ早く行くんだ」

と言って12時半に家を出ました

家を出たところで

同じ登校半のY君が迎えに来てくれました

Y君
「あの飯店前で 友達と約束しているだよ 一緒に行こう」

ソウチャン
後ろを振り向きながら
バアバーに手を振って

2人で駆けて行きました


プールーに行くと決めたから
お友達と一緒に行けて
 良かったねソウチャン
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。