おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:

守門岳(1537.2)に登ってきました

守門岳 は大岳 青雲岳  袴岳の峰があり

袴岳が最高峰なので守門岳と言っています。

7月にヒメサユリ見たくて大岳に登りました。

その時袴岳行かなかったのが、気がかり

でとうとう今日の登ってきました



二口コースを上ります。

猿倉に車を止めて、立派なトイレもあります7:55
おばあちゃんと 一緒に

猿倉橋を渡ると登山カード入れの箱がありました

7:59


おばあちゃんと 一緒に

登山道は平坦で草が生えていてズボンの裾が露で

ぬれそうです
おばあちゃんと 一緒に
平坦な道を5分も歩いたら傾斜ある登山道になりました8:03
おばあちゃんと 一緒に

急登りをひとしきり登り 少し平所に

護人清水があり「この先水なし」  8:26

おばあちゃんと 一緒に

熊避けに鐘が木にぶら下がっていました


おばあちゃんと 一緒に

ブナの林が心を洗われる様に美しい

細い木が林立している


おばあちゃんと 一緒に

谷内平

少し平坦の所 「山頂へ、3.4k」  8:59

ブナの林の中を歩きます
おばあちゃんと 一緒に

山を1つ登った 見晴らしの良いところ

891.6地点 9:06

おばあちゃんと 一緒に

これから行く山並みが見えてきました


おばあちゃんと 一緒に


おばあちゃんと 一緒におばあちゃんと 一緒に 滝見台  オカバミの滝 」

「中間点 1000ml」     9:40

右先方の山の間から細い筋のような滝がみえました


おばあちゃんと 一緒に

滝からほんの少し歩くと

「大岳分岐0.50 青雲岳1:15 袴岳(山頂)1:30」

「長いのぼりの始まりだ  マイペース、マイペース」

と書かれたのが木に下がっていました。


分岐まで50分か50分で登らなきゃ?

 マイペース、マイペース

と言ったて::: あおられている気分になってしまう

9:55

私はとてもこの類の印が好きになれない。

歩く時間など地図を見て 自分で決たいからと

言うものの内心はこのタイムより遅くなりたくないからかな

おばあちゃんと 一緒に
本当に急登り30分ガンバ ガンバ心で唱え

やや緩やかになってきたら

「よくがんばた大岳分岐まであと5ふん」


おばあちゃんと 一緒に

雑木の中を歩くと

おばあちゃんと 一緒に

出ました

大岳の分岐に10:38

おばあちゃんと 一緒に

分岐点で大岳山見えました。

7月に登った時は あのあたりで下りたのかな?

と眺めて

おばあちゃんと 一緒に

青雲岳(1487)ニつきました11:06

おばあちゃんと 一緒に

青雲岳より少し歩いた所で袴岳方面を見る


おばあちゃんと 一緒に

頂上に着きました11:21

おばあちゃんと 一緒に
頂上は広く、360度の展望 隣の浅草岳の姿が

品良く美しく感じた、ヒメサユリをはじめて見た山だから?
おばあちゃんと 一緒に
妹と記念撮影

赤城山にでも行こうよという妹を 守門岳に誘ったので

「アア守門にきて良かった」と言う妹 

15~16年前にこの頂に立っている筈なのに

マムシに遇った事くらしか覚えていない私は

頂に立ててとっても満足しました
おばあちゃんと 一緒に

頂上で眺望を楽しんで12:35に出て湿原

で振り返り袴岳を見る
おばあちゃんと 一緒に

青雲岳のベンチで語らうグループ

なんと静かなのだろう

おばあちゃんと 一緒に

中間点1000 滝見台

オカバミ滝 ゆっくり眺めて13:49



おばあちゃんと 一緒に

上る時は霧中 うっすらと紅葉初めて



おばあちゃんと 一緒に


谷内平 上る時は 山頂3,4キロ

帰りは二口まで1,5キロ   14:30
おばあちゃんと 一緒に

登山口に着きました15:25
おばあちゃんと 一緒に

高速道路を走ってトンレルを抜け新潟に入ると

青空、「天気上 上ね」妹と2人で喜んだのは束の間


湯沢を過ぎたあたりから霧に巻かれ霧は段々濃くなっていくばかり

、「もう少し走って霧が晴れないようだったら谷川岳に変更しよう」

と話しいました。守門の案内が出た頃にすっかり霧が晴れ青空になりました。


ヒメサユリを愛でに登った大岳、それ以来頂上に登りたいと

思っていた守門 頂に立てて大満足でした


イワカガミが多かった登山道、雪が溶けた頃は

登山道がピンク染まるだろうなとその頃を想う

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ソウチャンの運動会が9月17日無事終わりました

赤城団は惜しくも2位でした。

「一番になれなかった」

ソウチャンは不満顔でした。

ソウチャンが開会の挨拶を一年代表で挨拶をするので

バアバーはビデヲ撮影に挑戦しました。


来賓の挨拶  校長先生が挨拶


そしていよいよ開会の挨拶です。


ソウチャンの名前が呼ばれると大きな声で返事が出来ました


一年生 赤城団、榛名団、妙義団 の代表


3人がそれぞれ立派に挨拶が出来ました


今年の運動会のスローガン


「信じよう  無限の力  みんなのきずな」


赤城団の旗 この列の何処かにソウチャンがいます

おばあちゃんと 一緒に


赤城団の席にソウチャンは座って


おばあちゃんと 一緒に

ソウチャン一年生のダンスです

  エイサー「ヒヤミカチ節」

沖縄の音楽にあわせて、とっても上手で 振り付けがとっても良く

感激しました。練習の時間が2週間あまりしかなく、先生が

家庭に持ち帰って音楽テープにダビングして生徒に渡して、家庭でダンスを

音楽に遇わせて練習するようにと宿題を出しました。

家では沖縄の音楽が毎日鳴りました。

皆リズムに乗って上手でした

おばあちゃんと 一緒に

いよいよ団別リレーです

選手が揃いました。 

ソウチャンは赤城団

保育園の時のお友達T君が榛名団 、

陸上で一緒のz君が妙義団

今日はそれぞれライバルです

一走目は女の子 ニ走目を走りました。

グランドの何処を走るの要領が判らず

バトンを取るところを取りたかったのですが

ビデヲに収められず残念

しかし目前をあっという間に走っていく姿が

ビデヲに写っていました。


おばあちゃんと 一緒に  

50メートル走で一番を取りました

一番だけに賞状がいただけます
おばあちゃんと 一緒に


ソウチャンは小学生になって

走るのが皆より少しだけ速いのに気がついて

とっても自信なったのか 活発になってきました。


何でもいい  自信に繋がるものが見つけられれば


1つ1つの積み重ねだから

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

9月9.10.11日北アルプスの笠ケ岳に登ってきました


計画では、9日に新穂高温泉から小池新道を経て


双六小屋に泊まり 10日に双六岳に登って 笠ケ岳山荘泊まり


11日に笠ケ岳に登り 笠新道を降る予定でした。


しかし、9日長野側の沢渡あたりまでは、青空さえ見えていたのに、


安房トンネルを出たら雨が」降っていました。


雨は降るなか駐車場の心配、出鼻をくじかれたような気分であった。


新穂高温泉、深山荘の無料駐車に幸い3台空きありとめる事ができました。



歩き出しからカッパを着て、カッパの上着を着ると暑くて、


笠をさすことにしました


左俣林道林道ゲート に着くのに道を探し時間を取られてしまいました。
おばあちゃんと 一緒に
林道は程よい傾斜 でアスハルトになったり砂利道になったりと


とっても疲れました やっと「わさび平小屋」に着きました


この小屋で鏡平小屋で稜線が風雨が強くて今日一日中


こんな天気だから下りて来てしまったと言うご夫婦に会いました。


私達は明日の天気に期待をかけて登る事にしました。


おばあちゃんと 一緒に

小池新道に入りやっと登山道らしくなってきました


相変わらず雨、笠をさしての登山


おばあちゃんと 一緒に

秩父沢にきました。昼ごはんを雨の中で、小屋の弁当らしき


物を広げている男性がいました.

雨の中休む気もしません


暫く登ったら、雨も小雨になり、止みました。木の下で急いで


お昼ごはん。私達の前を 二組が登って 通り過ぎて行きました。


今日は降りのヒトにたくさん会いましたが、登る人が少ない気がしました。


この天気だからだろう

おばあちゃんと 一緒に


シシウドケ原の休憩場所 立派なベンチ   2090メートル地点
おばあちゃんと 一緒に
登山道も平坦になってきました、もう少しで鏡池だろう


お花畑になっている所に「熊のおどり場」  

おばあちゃんと 一緒に

鏡池は灰色一色     14:28
おばあちゃんと 一緒に
鏡池山荘   14:35 着きました

今夜はここで泊まることにしました。


おばあちゃんと 一緒に

夕食 17:00

おばあちゃんと 一緒に

10日朝起きると青空  朝ご飯もそこそこ、鏡池に

槍、穂高連峰が雲の流れるまま、顔を出したり、引っ込めたり


それが池に写っていました。 ここに泊まって良かった



おばあちゃんと 一緒に

山荘を6:15に出て、弓折岳に出ました


槍ケ岳、穂高連峰も素晴らしい眺め、

おばあちゃんと 一緒に

稜線に出て これから歩く山、来た山が見える


おばあちゃんと 一緒に
秩父平を過ぎるときつい登りが待っていました
おばあちゃんと 一緒に

チングルマが 風になびいていました。もう少しできつい

登りも終り 

おばあちゃんと 一緒に
ハイマツ帯の稜線歩きとなりました。笠ケ岳の姿が美しい


ここで携帯に写真を撮って、子供達に送ろう


しかし写真機に収めず、御腹が空いてお弁当にしてしまいました。


笠の上に雲がかかってしまい、その後こんな美しい姿を見られません


本当に山の天気の移り変わりは「山男の歌に」あるように速いものです


おばあちゃんと 一緒に
笠新道の分岐に来ました
おばあちゃんと 一緒に

笠ケ岳が近くに見えてます
おばあちゃんと 一緒に

抜戸岩です
おばあちゃんと 一緒に

笠ケ岳山荘を頭を後ろにそらさないと見えないくらいに

最後がまた急登り「がんばれよ」と言うように「山荘はスグソコ」

おばあちゃんと 一緒に

笠ケ岳山荘に着きました。13:35  早く着いたので明日の天気は分からない


今日の内に登る事にしました


先ず、コーヒーを頼んでおやつにしました。
おばあちゃんと 一緒に

笠ケ岳は雲に覆われ
おばあちゃんと 一緒に
頂上手前に祠が
おばあちゃんと 一緒に

  2898メートル頂上で 雲の中記念撮影

おばあちゃんと 一緒に

頂上で、晴れれば360度の展望  少しでも山並みを見せて


頂上でゆっくりと過ごしました

おばあちゃんと 一緒に
テント場
おばあちゃんと 一緒に


夕食17:00

おばあちゃんと 一緒に


夕食後夕焼けは期待できないと、床にいると誰か女の人が

「槍、穂高、が見えるヨー」といって部屋の前を通り過ぎた


早速部屋を出ると 月。穂高
おばあちゃんと 一緒に
槍ケ岳が見えました

小屋の前のテラスうつり行く景色をながめました
おばあちゃんと 一緒に
小屋の受付に可愛い木彫りが下がっていました
おばあちゃんと 一緒に
11日朝小屋を4:40分出て頂上で日の出を見ることのいしました


小屋の人が日のでは5:20分くらいと教えてもらいました


山頂)から日の出前の槍岳


おばあちゃんと 一緒に

太陽が出ます  昨年縦走した大キレット 意外と短いのね
おばあちゃんと 一緒に

焼岳、乗鞍岳も
おばあちゃんと 一緒に

6:15   笠ケ岳の小屋を出ました
おばあちゃんと 一緒に

テント場を過ぎたところで「サヨナラ」と石に書かれていました。


サヨナラ だけでは寂しい言葉


マタネ :::


それにしては山が大きい  若ければまた来たい山

おばあちゃんと 一緒に
登山道から少し入った 抜戸山に登って 
笠ケ岳が美しい7:25
おばあちゃんと 一緒に

石の間を高度をドンドン下がる

おばあちゃんと 一緒に
穂高を背に チングルマが風に揺れて、
おばあちゃんと 一緒に

振り返れば 笠の姿が 
おばあちゃんと 一緒に
杓子平 ここが笠ケ岳の見納め点 


あきることなく 皆さん眺めて8:44
おばあちゃんと 一緒に


杓子平を抜けると 今度は槍ケ岳  穂高連峰が眼前に広がった


おばあちゃんと 一緒に

槍ケ 岳の穂先が凛と立って
おばあちゃんと 一緒に

下る、下る 急下降
おばあちゃんと 一緒に
笠新道の登山口にたどり着きました10:55
おばあちゃんと 一緒に
林道脇は苔が そして風穴も
おばあちゃんと 一緒に
林道を黙々歩き
おばあちゃんと 一緒に

新穂高登山指導センターに 下山届けをしました12:15
おばあちゃんと 一緒に

深山荘 無料駐車場へ

おばあちゃんと 一緒に


深山荘で風呂に入りました


700円 山の風呂にしてはやや高め しかし桧風呂に一人

締めできたのは 値段は言う事なし


露天風呂が目玉らしく、露天風呂も入れますよとのこと


おばあちゃんと 一緒に





双六岳には登る事が出来ませんでしたが、鏡平小屋に泊まれ


鏡池に写る、穂高、槍を見て、また来ようと思った。


今度は鏡平小屋に一泊 双六岳に登って双六小屋に泊まり


花ノ時季がいいかな   夢を見て帰路につきました。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

チイチャンは念願のリレーの選手になりました。


そしてアンカーになりました。


チイチャンの学校もヤハリ、アカギ、ハルナ、ミヨギ、の両毛三山に


アサマを加えて団として各種競技を競います。


団リレーの他かにクラス全体でリレーをやって競います。


チイチャンの学校は二年生から選手リレーがあります


二年生から選手になっていますが、何時もスターターです。


今年は先ず選手席を勝ち取って、アンカーになるのが


チイチャンの目標でした。


チイチャンはタイムは二番ですが、競争すると


何時も一番になります、今年も


「やっぱりチイチャン競争したら一番になったよ」


クラスで選手になった2人で話し合って


チイチャンは、クラス全体リレーでアンカーをすることに


なったそうです


「やっとアンカーになった」


とチイチャン


そして


「ここまでくれば6年生まで。選手席を勝ち取とるんだ」


チイチャン、


そしてチイチャンは


「ハハ、2人が選手で嬉しいだろうね」


頑張ってチイチャン

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

ソウチャンは


念願の


赤城団の選手になりました。


「オレ一生懸命に走ったよ。二番になった、O君 オレと競ったけど


こりゃダメだと思って諦めたんだと、でも赤城団の選手だよ」


4人選手が選ばれたようです。


昨日はハハが


帰宅するのが待ちどうしかったソウチャン


「ハハに早く話したいな~」


と何度も時計を見ました。


そして


先生がダビングしてくれたCDをかけて踊りの練習


そして開会式で一年生の赤城団の代表で挨拶する練習


我が家はソウチャンの運動会一色です

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。