おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:
晴れ

新しい世界に飛び出す時、色々の場面で「旅立ち」という言葉が使われます。
「旅立ですね」と今日は何回言っただろうか? 

子猫ちゃんが貰い手がついた。お嬢さんが社会人になって東京に行ってしまう、またある人は結婚してワンちゃんを連れて行ってしまう。おばあちゃんが亡くなった。息子が結婚して家を出て、息子が飼ってた犬を置いていかれた。三月で定年退職する。
など聞くたび、私は旅立ちですねと言った。

昨日の夕方、いつも新聞の集金に来る人が、「長いことお世話になりました、僕今月で辞めるので」と頭を下げた。
「あら、どうしてまた」と私が聞くと、
「僕、大学院を三月に卒業して東京に就職するもんで」と彼はいった。
 私は「あら学生さんだったんですか」
今まで集金の時、「ごくろうさま」「ありがとうございます」と言う会話しかなかったので、私は彼が新聞の仕事を、本業でやっているとばかり思っていたのである。

ちょうど夫が帰ってきて、「やあー」と、とても親しいそうである、色々話し始め、「まあ最後だから、上がって、お茶でも飲んでいかないかね」と彼を誘った。

彼は就職活動始めるとき、夫に相談したそうである。何社も受け、大学の先輩が経営してる会社に就職が決まり、自分も満足している話をしてくれた。

彼は「僕は年をとっていたから、どうも不利だったようだ」とポツンと言った。
年を聞くと娘と同じ年生まれである。大学受験に失敗して浪人していたが、親に「大学に行くより早く働け」とうるさく言われ、いったんサラリーマンになって働いていた。それから大学に入り大学院まで進んだんだそうである。

親が「学費は出せん、自分でしろ」と言うので、高校三年間と全部で十二年間新聞の配達と集金で今まで賄ってきた話をしてくれた。

私は「偉かったね、毎日朝も早いし、天候も悪い日もあるし、良く頑張ったね。でも頑張れたのがこれから自信につながるわね」と言うと、

彼は「ええ、自分でも良くやったと思っているんです。つらくはなかったです」ときっぱり言った。

親が「頼むから学校に入ってくれ」と塾に送り迎えして勉強してしてもらう家庭もあるのに、自分で何かをしたい気持ちがあることは、本当にすばらしいことと感心した。

夫は家業を継いでいたが、家業が好きになれず、25歳のとき大学にはいった。夫はこの学生さんにかつての自分を重ねたようである。

止め処もなくいろいろの事を話して「今度は結婚だわね」と私のおせっかいおばさんが言うと
「ええ綺麗な人と結婚したいです。まだいないけど」と彼の声のトーンが高くなった。彼の希望に満ちた顔は眩しかった。

彼は綺麗な結婚相手を今度は連れてくると言って帰って行った。
  希望に満ちた彼の「旅立ち」に幸あれと祈る。
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今年、どれだけ山歩きを楽しめるか分からないけど、ハイキングの項目をもうけ、記録したいと思った。

鍋割山と荒山、南から見る。登山口は北側になる。
晴れ
朝、「おい、晴れたぞ、起きろ」と言う声で目が覚めた。「支度して、裏山に行こう。」と言う夫の掛け声で、ようやく起き上がった。それから急いで支度をして、先週、荒山に登った時と同じ登山口から、今日は反対側の鍋割山に登る事にした。

登山口では、何台かの車があり、「晴れたから、これから予定を変更してく、黒檜山に登る」と言うグループに会う、やはり此処も女性達が元気である。
登山口付近、昨夕の寒さで、雪がふったようである

先週は風が強かったが、荒山高原付近は今日は風はなく静かである。荒山の霧氷が綺麗である。

                          ウサギの足跡

     鍋割山稜線、この付近は今の時期北に谷川連邦、上州武尊山、
、手前に小野子山、子持ち山、さらに西北部に四阿山が見え、歩き我意のある稜線歩きとな。春5月の後半、この付近は「やまつつじ」が咲く。黒檜山方面も灰色の雲に覆われている。登山口で会った、今朝のグールプはどうしたろうと気になった。



富士山が見えた。富士山が見えると何でこんなに心が躍るのか、分からない、理屈無しでうれしい。デジカメに写るか分からないのにパチパチ何枚も取った。この中に、富士が写っていたのがあった。東京の雲取山の西、飛竜山の上に雪を被った富士がはっきりと見えた。此処から新宿のビルががうっすら見えるのだが、今日はみえない。

        
頂上近くに大きな「どうだんつつじ」がある。この山に登り始めた25,6年前に比べると大分年を取り、また空気の汚れも影響しているのか、枝も枯れ、小さくなった。この山に登るのは、このつつじに会うのも楽しみの一つである。霧氷が太陽に照らされ綺麗だ


頂上からは関東平野が広がり天下を取った気分になる。東山並みの奥に筑波山、西に浅間山、南西に山並みが綱なる奥に、八ヶ岳、蓼科が見えた。この方面がこんなに良く見えるのに出くわした事は、何回も登っているが数回ほどしかである。少し下山した所で、今朝の黒檜山に向かったグループに会う、吹雪いていたのでまた引き返した。自分達は正しい選択をしたと言っていた。


               昼食、ちゃんぽんうどん
箕輪登山口9:00→荒山高原9:45~9:50→
頂上10:45~11:45→荒山高原→12:20
~12:30→登山口13:00
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
晴れから曇り

今朝は秩父の山並みがはっきり見える。

昨日の体の寒気もすっかりとれ、手の甲の腫も少しひけ、すがすがしい。

24日の夜、おじいちゃんが誤嚥したと病院から連絡を受ける。風邪で熱が出ていたのだが、食欲はあるので心配はしてなかっただけに、びっくりした。夫は「何しろ96歳だから、夢中で食べたんだんべー」と言った。

その時に右手の甲に少し腫れがあると気がついていた。しかし何で腫れたのだろう?とは思ったが、たいして気に留めてなかった。次朝、体が寒気がして、風邪の時の寒さとも違う気がした。左の手の甲を見ると、パンパンに張っている。これ、もしかしてウサギに咬まれた傷かな?他に思い当たる事は無いのである。そこで医者で抗生物質をもっらて飲む。

今日はおじいちゃんも呼吸が落ち着いて、熱も下がり、スヤスヤ寝ていた。


今日は 久し振り餃子を作った。何時も焼き方が上手く出来ないでので、焼くのは夫の役目である。夫は結構料理がも上手く好きである。何しろ自分の流しが欲しいというくらだから。
今日はchipapaさんの餃子の焼き方をためしてみました。少し焦がしてしまいましたが。上手く焼け美味しかったです。









そこで画像をデコレーションしたくなりました。社会性を身に付けさせれば、うさぎはとっても可愛いです。
私が小学5年の時,母にウサギを飼ってもらいました。母はウサギを抱っこすると,死んでしまうから,抱っこしてはいけませんと言った。がしかし,母に内緒で学校から帰ると,
木のリンゴ箱で作った,ウサギ小屋から子うさぎを出して、抱っこをしては、畦道で採って来た草をやった。暫くすると、ウサギ小屋から出しても他に逃げないで、「ミーちゃん」となずけたウサギは,私が動く後を付いて回るようになった。当時はウサギを飼うのは農家の副業であったので,友達から珍しがらてた。今は色々の種類のウサギが売っている。ウサギは人懐こくて、おとなしいくて小さいし、小さな小屋でも飼えるまた以外に臭いも少ないので、子ウサギから愛情もって社会性を身につけさせればアニマル、コンパニオンとしていい動物かなと思う。ところでウサギを数える時一頭でなく一羽二羽と数えます。


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
私の近くにスッポンを養殖し、それを料理に出してくれるお店がある。そこで、かれこれ15年振り位でしょうか?同業者4夫婦と食事会をした。

皆、既に子供は独立し、夫婦二人暮しである。長い事、会っていなかった女性達は、昔行った旅行の時の話、孫の話、自分がどれだけ老いてしまったかなどの話で、長い事会っていなかった時の空間を感じることなく、時間の過ぎていくのを忘れてしまった。

家の近くにあっても、スッポン料理は、高級感があり今まで行ったことは無かった。今夜はスッポン料理のフルコースである。

何でも話の種かなと思って、出たもの皆食べたが、血や胆汁、肝類は体に良い、目に良いと云われても、あまり気持ちの良い物ではない。酢の物や、から揚げはとても軽く、鍋物は割りに淡白で美味しかった。

女将は、スッポンは食べられるまでには、2年も掛る。スッポンを池から、出す時に何度も咬まれて、その傷が丁度昔、駅のキップに入れるパンチの大きさで、なかなか傷が治らない。、またスッポンは池から陸に上がるとスッポン同士が噛み付いて数珠繋ぎになって、又水の中に入れると離れるのだと、可笑しいそうに叉いとおしいそうな顔をして話してくれた。
私は薬膳料理を食べた感じがした。


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
晴れ
朝、自転車に乗って顔に受ける風が大分和らいだ感じがした。
今日は嵐のような風で埃が舞い上がった。昼のニュースで「春一番」が関東地方に吹いていると云った。
土手に一輪、小さなタンポが去年の綿毛の下に咲いていた。
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。