Thu, February 01, 2007

リコピンだよ!全員集合~参加型・巻き込み型実験  はぐれ獣医研究所~

テーマ:ブログ


Q

【はじめに】
空気が読めていない方はまずはじめにこちらをご覧下さい。


【タイトル】犬のアトピー性皮膚炎に対するリコピンの効果
【仮説】ヒトのアトピー性皮膚炎にトマトに効果がある可能性が示唆されているので、犬のアトピー性皮膚炎にも補助的な効果がある。


【実験目的】「アトピー性皮膚炎で痒がる犬にトマトを食べさせるとカイカイが減る」という仮説を検証する


【デザイン】はぐれ獣医プロデュース前向きオープン試験(Prospective open trail)
【参加条件】動物病院でアレルギー性皮膚疾患と暫定診断されて継続的な治療を行っているワンちゃんと暮らしている飼い主さんが対象
リコピンの効果(抗酸化作用)を考慮するとアトピー性皮膚炎でも、特に慢性経過を辿り、皮膚がまっ黒クロスケ(苔癬化)となっている症例で、IgE検査にてスギ、ブタクサ、シラカバあるいはトマトのしぼりかすが陰性のワンちゃんの”参戦”を強く希望します。


実験内容】
 本研究に対して同意が得られた飼い主様のワンちゃんを対象に、カゴメトマトジュース無塩缶(リコピン:16mg/160ml)を摂取させる。投与量の目安は以下の通りです。
ヒトの研究では食塩無添加トマトジュース(リコピン:16mg/160ml)を1日2缶、あるいはリコピン10mgを含有するトマトオレオレジンカプセルを1日2回、4週間摂取させていることを参考にして、アトピー性皮膚炎の犬に以下の量を4週間摂取させて頂く。





小型犬:カゴメトマトジュース無塩缶1/8缶(20ml)を1日2回
中型犬:カゴメトマトジュース無塩缶1/4缶(40ml)を1日2回
大型犬:カゴメトマトジュース無塩缶1/2缶(80ml)を1日2回
ジャイアント犬:カゴメトマトジュース無塩缶を1缶(160ml)を1日2回




[トマトジュースを飲まない場合]
小型犬:プチトマト1/2個を1日2回
中型犬:プチトマト1個を1日2回
大型犬:プチトマト2個を1日2回
ジャイアント犬: プチトマト4個を1日2回




【効果の判定】判断基準は飼い主様の主観的な印象とし、以下の4段階で評価し効果を判定する。
□トマトを与えて悪化した(参加するんじゃなかった・・・)
□全然変わらない(無駄な時間を過ごした)
□少しいいじゃない?(続けようかしら・・・)
□すごく良い気がする!(知人にも勧めてみたくなりました。)



D
予想される質問事項
Q:ドックフードにトマトケチャップをかければいいじゃないか?
A:含有量は別としてニンニクや玉ねぎ、塩や香辛料が含まれているため犬には適切ではありません。





Q:リコピンを大量に摂取しても問題ないのか?
A:リコピンなどのカロテノイドは非常に安全性が高いのでヒトでは大量に食べても問題ないとされています。



Q:犬にトマトを食べさせて問題ないのか?
A:ヒトでは果物や野菜を食べた直後に口のまわりが赤くただれたり、唇がいかりや長介のように腫れることがあります。ある特定の果物や野菜を摂取した後に、このような症状をきたす食物アレルギーを口腔アレルギー症候群(OAS)と呼んでいます。



花粉症患者になりやすいと言われていますが、花粉症の原因になるアレルゲンと果物や野菜に含まれているアレルゲンが“そっくり”であるため体が間違って反応して起こると考えられています。トマトにはヒスタミンやセロトニンなど、アレルギーで症状が出てくる過程で作用している物質を含むため、食べるとアレルギー反応の経路をとらずにあたかもアレルギー反応を起こしたかのような反応(仮性アレルギー)が起こります。
このような食物を「仮性アレルゲン」と言い、トマト以外にも他にホウレンソウ、ナス、トマト、バナナ、キウイフルーツ、パイナップル、サトイモ、山芋などがあげられます。
ちなみにトマト(植物性食物アレルゲン)はスギ・ヒノキ科のスギ・ヒノキの“そっくり大賞”なのです。野菜や果物に含まれるこのような「仮性アレルゲン」は、熱を加えて調理すると反応や症状が軽くなる場合があります。

一般的には犬にトマトを与えても何ら影響を与えません。しかし最近、犬にトマトを与えて口腔アレルギー症候群(OAS)と診断された1例が報告され、犬でもトマトとスギ花粉との間に交差共通抗原が存在するこが証明されました。メリットとデメリットを加味し、犬にトマトをあたえるかどうかは飼い主さんのご判断に委ねます。口腔アレルギー症候群を心配するより犬の食べ方の性質から特に小型犬にプチトマトを与える場合は窒息しないよう注意深く観察しておく必要があります。
ご協力頂ける飼い主様及び獣医師の先生方からの貴重なデータが明日の“教科書”に繋がるかもしれません・・・




<注意事項>


リコピンは果物や野菜に豊富に含まれるファイトケミカル(植物化学物質)で、トマト等に含まれるカロチンの一種です。 緑黄色野菜の中で、トマトにはこのリコピンが最も多く含まれます。 トマト以外にはスイカや柿やグレープフルーツ(ルビー)などにも含まれています。 人医領域で交差反応が証明されているのは
シラカバ-りんご
ラテックス-栗、アボガド
ヨモギ-セロリ

トマトはスギ花粉以外にカモガヤ(イネ科)、ブタクサ(キク科)、シラカバにも交差反応することがあります。
従ってこれらのアレルゲンに対して反応するワンちゃんにトマト(リコピン)を与えるとアトピー性皮膚炎の症状が
悪化する可能性があります。


<参考文献>
Oral allergy syndrome induced by tomato in a dog with Japanese cedar (Cryptomeria japonica) pollinosis.
J Vet Med Sci.2002 Nov;64(11):1069-70.
<参考サイト>
KAGOMEニュースリリース

皮膚病診療Vol・22 No・10 2000
続・野菜の色には理由がある
<予備実験に参加していただいた飼い主様へ>
この度は予備実験にご参加頂きありがとうございました。お時間がありましたら下記の質問に答えていただきコメント欄に投稿して頂けると幸いです。
ペットの名前: ___________________________ 品種: ________________________________
性別: _______________ 年齢: ______________ 色: ________________________________

動物病院での(暫定)診断名: ___________________________




1.どんなタイプのフードを与えていますか?ブランド名(     )□ドライ □缶 □人間食 □ その他


2.食事以外に与えているものはありますか?□人間食 □ジャーキー □ビスケット □ビタミン剤 □サプリメント 
3.最も気になる皮膚の症状は何ですか?____________
4.何歳の頃に症状が出ましたか? ____________その症状はどれくらい続いていますか?____________
5.症状は一年中見られますか? □はい □いいえ □わからない
6.一年の中で症状が悪化する時期はありますか? □春 □夏 □秋 □冬 □わからない
7.痒みのレベルを1~10のスケールで表すと、実験前後で痒みのレベルは変化しましたか?  (0:痒みなし1:時々噛む/引っかくくらいの超軽度~10:夜も寝れず、常に引っかく程超重度)
実験前【□0 □ 1  □2  □3  □4  □5  □6  □7  □8  □9 □10】
実験後【□0 □ 1  □2  □3  □4  □5  □6  □7  □8  □9 □10】


最後までご協力頂き、誠にありがとうございました。貴方様の愛犬がこれまで以上に高いQOLを維持できることをお祈りしています。


はぐれ獣医






■ローキック・・・つま先かすった?
ペットの名前:  ■マイロ  
品種:  ■ジャックラッセルテリア
性別:  ■雄   
年齢: ■4歳7ヶ月  
色: ■トライ( 白茶黒 )
動物病院での(暫定)診断名:  ■アトピー性皮膚炎 (ハウスダスト少し陽性)
1. どんなタイプのフードを与えていますか?ブランド名 
■ROYAL CANIN スキンサポート) ドライタイプ
2. 食事以外に与えているものはありますか?
■人間食 ご飯・トマト・・・ 
■サプリメント イムラックダブ
3. 最も気になる皮膚の症状は何ですか? ■足とお腹の赤みと掻き壊し跡。
■目も痒くなり、目が腫れる。
4. 何歳の頃に症状が出ましたか?  
■2歳過ぎ 
    その症状はどれくらい続いていますか?
■もうスグ3年
5. 症状は一年中見られますか?
■いいえ
6. 一年の中で症状が悪化する時期はありますか?
■春 ■秋 
7. 痒みのレベルを1~10のスケールで表すと、実験前後で痒みのレベルは変化しましたか?
実験前■レベル6: ヒンパンに飛び起き、引っかき続ける。痒くてモジモジする。
実験後■レベル2: 目に痒みがある。敷物・人の足に目をこすり付けるしぐさが目立つ。

痒い季節は一ヶ月に一週間弱の薬投与で乗り越えてまいりましたので(参加2週間前に飲んでいる)
もう少し様子をみないと『どちらとも言えない』 というのが実感です。
花粉の多い時期、散歩も最小限にしていることもあってか、
以前見られた4足を噛むしぐさは無くなり、
毛がむしり取られて桃色になった皮膚は改善されました。
これは、薬を飲んで抑えていた時には改善されなかった部分!
去年は3・4月がピークだったので現状継続の願いを込めて今後も継続します。

今回の報告は以上です。
デザートに飲んでいるトマトジュース。
マイロは器に注がれるのをいつも楽しみに待っています♪

楽しみながらローキック一発を狙って v(^^)
e-yamameyablog 2007-03-02 11:13:44 >>このコメントに返信

■実験の報告です
【効果の判定】
■少しいいじゃない?(続けようかしら・・・)
ペットの名前:ピエール
品種:フレンチ・ブルドッグ
性別:オス
年齢:4歳
色:パイド
診断名:アトピー性皮膚炎(コナヒョウダニ、ヤケヒョウダニ、アシブトコナダニ、ケナガコナダニ強陽性、サヤアシニクダニ弱陽性)
1. どんなタイプのフードを与えていますか?
 ■人間食(おじや+生馬肉、魚など)
2. 食事以外に与えているものはありますか?
 ■サプリメント(カルシウム、亜鉛)
3. 最も気になる皮膚の症状は何ですか?
 目の周りの乾燥、痒み、脱毛
 外耳炎
4. 何歳の頃に症状が出ましたか? 1歳
 その症状はどれくらい続いていますか?3年
5. 症状は一年中見られますか? ■はい (季節に よって変動はあるが完全になくなることはない)
6.一年の中で症状が悪化する時期はありますか? ■春 ■夏
7. 痒みのレベルを1~10のスケールで表すと、実験前後で痒みのレベルは変化しましたか?
 実験前■7
 実験後■5

 外耳炎が出る頻度が少なくなったのと、耳垢の量が減りました。手ごたえを感じたので続けたいと思います。
ピエールママ 2007-03-05 23:00:09 >>このコメントに返信

■リコピンの経過報告
ペットの名前: レオ  品種:コーギー
性別: ♂ 年齢: 7歳 色:セーブル
診断名: アレルギー性皮膚炎


1.どんなタイプのフードを与えていますか?ブランド名(z/dウルトラ)

2.食事以外に与えているものはありますか?□人間食 ■ジャーキー □ビスケット □ビタミン剤 ■サプリメント 
3.最も気になる皮膚の症状は何ですか?痒み
4.何歳の頃に症状が出ましたか? 1歳
その症状はどれくらい続いていますか?一旦、食事をd/dに変更し、落ち着き、5歳頃にまた再発。
5.症状は一年中見られますか? ■はい □いいえ □わからない
6.一年の中で症状が悪化する時期はありますか? □春 □夏 □秋 ■冬 □わからない
7.痒みのレベルを1~10のスケールで表すと、実験前後で痒みのレベルは変化しましたか?  (0:痒みなし1:時々噛む/引っかくくらいの超軽度~10:夜も寝れず、常に引っかく程超重度)
実験前【□0 □ 1  □2  □3  □4  □5  □6  □7  ■8  □9 □10】
実験後【□0 □ 1  □2  ■3  □4  □5  □6  □7  □8  □9 □10】

クッシングの治療でケトコナゾールを投薬していたのですが、少しの間、休薬しました(主治医の許可あり)。
その結果、痒みが軽減されたようです。
今は、減薬したケトコナゾールで痒みをコントロールし、プチトマトを食べています。
プチトマトは食べて1ヶ月が過ぎましたが、痒みは減薬のおかげなのか、定かではないですが、格段に減っています。
主治医の許可も得て、参加しているので 『皮膚炎が少しでもよくなれば、儲けもの』といった感じでこれからも続けようと思っています。
mary 2007-04-01 17:42:32 >>このコメントに返信

■「トマトの実験報告」
お待たせしました。「トマトの実験報告」をします。
大サービスで2ヶ月ぶんです。

ペット名 「おから」
種   「ジャーマンシェパード」
性別   「メス」
年齢   「5歳9ヶ月」
毛色   「ウルフグレー」
診断名  「アトピー性皮膚炎」
実験物  「ミニトマト 1日4個」
 

1、どんなタイプのフードを与えていますか?

ドライ=ブランド名「皮フアシストFP」
缶  =     「ナチュラルバランス ラム」
人間食=     「米 うどん おから 人参 食パン」

2、食事以外に与えている物はありますか?
 
「ビスケット」
「リプロフレックス(サプリメント)」

3、最も気になる皮フの症状は何ですか?

A 耳の腫れ
A 耳の痒み(かき壊し出血)
A プルプルする。

4、何歳の頃に症状が出ましたか?

A 3歳の頃

その症状はどれくらい続いていますか?

A 2年くらい

5、症状は一年中みられますか?

A はい

6、一年中で症状が悪化する時期はありますか?

A、春~夏

7、痒みのレベル (実験開始日 2月5日)

実験前 レベル 「8」
                              実験後(1ヶ月後) レベル「4」       

~コメント~
全体的に、耳をひっかきまわさなくなりました。(特に左耳)
左耳は、少し腫れは残りますが、立ち耳になり良くなりました。
右耳は、腫れは残っていますが、カサカサした皮フは少し良くなりました。多少痒みは残りプルプルしたりかいたりしていますが、実験前よりは効果があったと思います。 
  
実験後(2ヶ月後)  レベル「3」

~コメント~
左耳は、1ヶ月前と同じ
右耳は、腫れとカサカサは1ヶ月前と変わらない。プルプルする回数とかく回数は半数に減ったと思います。
しかし、4月に入ってから、プルプルの回数が増え、耳をかくようになってしまいました。(耳掃除と外用使用)


以上です。

明日から新学期のスタートです。頭の中を整理整頓して、また頑張りたいと思います。
たまご 2007-04-05 09:06:11 >>このコメントに返信
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

はぐれ獣医さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。