Wed, September 27, 2006

「ハウスダスト」を特捜せよ!~アトピー性皮膚炎の治療費を削減するための方策とは?~

テーマ:ブログ

アトピー性皮膚炎のペットはアレルギーを引き起こす物質(アレルゲン)の刺激に対して反応しやすいという素因(アレルギー素因)を持っています。最も一般的なアレルゲンはダニ、ハウスダスト(ホコリ)、カビや花粉などです。中でもダニは、アレルギー疾患を引き起こす最大のアレルゲンです。人ではアレルギーとダニに関する研究がかなり進み、ダニを完全に撃退しなくても、ある程度以下にすれば発症を避けることができるということが分っています。アトピー性皮膚炎のペットでもダニの数を減らし、ペットの皮膚から侵入するアレルゲンをいかに食い止めるかが重要なポイントとなります。


<敵を知り、己を知らば、百戦危うからず>
ダニが最も増えるのは暴走族の活動時期と類似しており、5月から10月頃までとされていますが、実際は冷暖房の普及に伴い年中活動しています。逆に換気をせずに暖房をかけていることが多いため、春よりも冬の方がダニが多いとも言われています。

<ダニが生きる条件1~集合場所~>
♪パンパン!スパパン!!で有名なアクセルホッパーのようにヒップホップダンスに夢中の高校生は閉店後の百貨店の出入り口に集まりますが、ダニはカーペット、畳、ふとん、ソファなどに集まっています。またカーテンやぬいぐるみなどにも集合しています。
旧厚生省の調査で、ダニ無し家庭はゼロでした。ダニといっても間寛平の一発ギャグではありませんが「血ぃ吸うたろか」バリに血を吸って犬の頭にくっついているダニではありません。アレルギーに関係する家庭内のダニの約90%はチリダニ科
(主にヤケヒョウヒダニ、コナヒョウヒダニの2つ)に属するダニです。どちらのダニ(直径0.2~0.5mm)も肉眼ではほとんど見えず、人を刺すこともないので例え大量のダニと生活を共にしていても私たちは気がつかないのが現状です。

<ダニが生きる条件2~湿度~>
65~85%
50%以下でかなり死滅)
湿度管理はカビ対策にもつながります。カビは最大のアレルゲンであるダニのエサにもなります。カビは、気温20℃~25℃、湿度85~90%という条件で増殖します。暗い場所がお好きなことも、ダニと似た環境で発育します。

<ダニが生きる条件3~温度~>
20~30℃(50℃を超えると生息できません。
)
真夏の炎天下に布団を干しても、表面温度で約50℃、内部温度は30℃程度です。つまり布団を天日干ししても、ダニを殺すことが出来ないということです。

<ダニが生きる条件4~食事~>
食事はズバリ、ホコリ(フケ、アカ)です。人間やペットのアカやフケあるいはあなたの食べかすやカビが大好物です。
人の体からはがれる垢を一週間集めるとポテトチップス1袋(塩味でもコンソメ味でもどちらも可)と同じ重さになるといいます。


若い女性の理想の男性の4つの条件は「包容力がある人」、「尊敬できる人」、「優しい人」、「おもしろい人」かもしれませんが、ダニの理想の生活環境はこれら4つの条件が全部が揃うことです。逆にどれか1つでも欠けるとダニを退治することに繋がるのです。



高校受験の参考書でも資格試験の解説書などにはそこだけ覚えればいいように色付きでポイントが掲載されています。それをパクッてみると

これだけ押さえればよいダニ退治のポイント
ダニのウィークポイントは「乾燥」と「加熱」
②ダニのライフラインを閉鎖せよ!


<ダニ退治の鉄則1:湿気対策>
□目標は湿度50~60%
□花粉のことを無視して考えれば、一番大切なのは「換気」です。
□「除湿機」や「
エアコンのドライ運転」で室内の湿度を下げます。
□天日干しや家庭用乾燥機を使用してふとんの湿気をとる。

□押し入れの通風を良くして湿気を取る。(扇風機を無理矢理吹き込むか除湿剤の設置)

□浴槽台所など使用し終わったら水滴を拭き取る。(ゴキ対策にもなる!)

→日本は湿度が高い(アジア・モンスーン気候)ので、湿度の低いバリ島にでも亡命すると“カイカイ”が緩和するかもしれません。

<ダニ退治の鉄則2:食料制裁>

朝一番の雑巾がけ(最も効果的
ダニの食事にもなるハウスダストは夜のうちに畳やカーペットの上にたまっているので、掃除機をかけて舞い散る前に雑巾がけをすることは一網打尽大作戦に繋がります。

驚くべきことにダニ(200~300ミクロン)の死がいやフン(数ミクロン~40ミクロン)は床上30cm以内のところに最も多く舞っているそうです。(ベッドの場合は布団から30cmのところ)あなたのペットの体高は何cmですか?


<ダニ退治の鉄則3:住み家を無くせ!~立退き料は請求されません~>
□床はフローリングがベターです。(
フローリングの床は比較的ダニが少ないですがゼロではありません。)
□防ダニ
効果がある布団(ゴアテックスなど)やシーツなどを使用する。
□布製ソファを合成皮革などに張り替える
□畳替え(畳床をダニが住めない素材に替える)

<ダニ退治の鉄則4:ハイスペックの掃除機で合理的に掃除せよ!>
実際にアレルゲンとなるのは、ダニそのものより、ダニの出すフン(厳密にいえば、そのなかに含まれるシスティンプロテアーゼやセリンプロテアーゼというタンパク質)です。
つぶつぶたっぷりコーンスープをストローを使って飲むと仮定すると、通常のストローを使うより、飲み口の広いタピオカ専用ストローで飲んだ方が合理的にコーンを摂取することが可能です。カーペットの内部に潜伏しているホコリやダニを効率よく取り除ける性能と、吸い取ったホコリを撒き散らかさないような排気性能が良い掃除機を選ぶことが必要です。(必ずしも性能と価格は比例しません)
(注)掃除機をかけるときは、埃が舞い上がるので、高速道路でETCを通過した直後のアクセルのように窓も全開にして下さい。1平方メートルにつき20秒以上、掃除機をかけることが望ましいと言われています。基本は毎日掃除することが望ましいですが、仕事が忙しい人は3日に1回できるとベターです。


<ダニ退治の鉄則5:プライオリティの高い順番に掃除せよ!>
人の研究で寝具に潜むダニこそが小児喘息などアレルギーの主犯と判明しました。大金をかけて床をカーペットからフローリングにリフォームするより、寝具のダニを掃除機で除去する方が、効率的にアレルギー症状を改善する効果が高いことが分りました。フケや角質や皮脂をエサとしているダニが潜伏している枕を1~2年後に重さを量るとダニの死骸や糞の分増量すると言われています。布団1枚に潜んでいるダニ総数は、数十万匹いると考えられていますので、寝具に掃除機を掛けることでダニが確実に減ることは間違いありません。ちなみに消防法に基づいて消防署に届けられている東京ドームの観客収容人数は「46,314人」です。
また「ミッキーマウス」や「くまのプーさん」には申し訳ありませんが、ぬいぐるみにもダニが付きやすいので置かない方がベターです。恋人からのプレゼントなので絶対捨てられないと言う方はこまめに掃除機でダニを吸い取る努力が必要です。


掃除すべき優先順位
①寝具(布団、毛布、枕)、ベッド
②じゅうたん、畳、カーペット、
③ソファ・イス、カーテン、クロス壁、
④ぬいぐるみ、玄関マット、座布団


犬の拾い食いの3原則は「舐めて、かじって、吸い取って」ですが、ふとんの掃除の3原則は、「干して、叩いて、吸い取って」です。夏の晴れた日に黒い布をかけてふとんを干すと、表面温度が上がり、60℃近くになることもあるので、ダニの死滅する確率が高くなります。夕方になると湿度が上がるので、布団を干すのに適した時間は晴れた日の10時から14時の間です。逆に冬は日差しが30℃程度しか上がりませんので、ふとん乾燥機のほうがベターです。そして布団を干してから布団に掃除機をかけることでダニの死骸やフン、ホコリなどハウスダストをより多く取り除けます。

花粉対策~治療費を減らすための知って得する7ケ条~
□テレビやインターネットなどの花粉情報(環境省花粉観測システム:はなこさん )を活用する。
□風が強い日は外に出ないで引きこもる。
□芝生や草むらは立ち入り禁止区域とする。
□体に付いた花粉の体内への侵入を防ぐために“
燃えるゴミの収集日”(週3回)はシャンプーをする。
□シャンプーの鉄人になる。「原液より希釈液、 1度洗いより2度洗い」
→1週間頭を洗わなかったことはありますか?脂ギッシュになっているオッサンの頭を見たことがありますか?シャンプーは原液で1回洗うなら薄めて2度洗いのほうが経済的かつ効果的です。リンスは人間用でOKです。犬の背中に原液を垂らすというバブリーな使用法を改め「カルピス希釈」で十分対応できます。
□風通しを良くする。(マンションの住人は電気代を考えず浴室やトイレの換気扇を24時間フル可動にする)
□洗濯物は
なるべく外に干さず乾燥機を利用する。


まとめ

誰でも、コップを持っています。コップに水(アレルゲン)が注がれ、コップから溢れ出たときに症状が出ます。コップの大きさには個体差があり同じ環境にいても症状が出る人と出ない人がいますが、“カイカイ“のペットはまさにコップの水が溢れた状態です。少しでもコップの水を減らす努力が大切ではないでしょうか・・・

                                        



はぐれ獣医


<関連記事>
アトピー性皮膚炎を特捜せよ!



AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

はぐれ獣医さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。