Fri, May 26, 2006

「チョコレート中毒」を特捜せよ!~犬がチロルチョコを何個食べれば中毒になるか?~

テーマ:ブログ

tete 我々がチョコレートを食べても中毒にならないのに、なぜ犬は中毒になると騒ぐのか理由が知りたい。チョコレート中毒の「犯人」はテオブロミン(Theobromine)である。カフェインもチョコレートに含まれるがテオブロミンより少ない。

人はこのテオブロミンを効率的に排除できるが、犬はテオブロミンの半減期が長く(17.5時間)体内から素早く排除できないことが問題となる。従ってチョコレートを犬が何度も食べると「蓄積効果」によって遅かれ早かれ問題に発展する可能性がある。しかし少量のチョコレートを一度食べたとしてもトラブルに発展するかどうかは個体によって異なる。


「犬がチョコレートを食べたら中毒になる」という言葉は耳にタコができるほど聞くが、実際どれくらい食べたら問題に発展するのかということに関する記事は見当たらない。

犬のテオブロミンの中毒量は記載されている用量に差があるが平均すると100-200 mg/kg程度(LD50 :240-500 mg/kg)である。基本的にチョコレートに含まれるカカオ成分が多いほどテオブロミン含有量も多くなる。具体的に市販されているチョコレートにどれくらいテオブロミンが含まれているかというと・・・

-ミルクチョコレート   :154mg/100g
-セミスイートチョコレート:528mg/100g
-ベーキングチョコレート :1365 mg/100g


チョコレートに含まれるテオブロミンの量には大きな差があるので一概には言えないが、小型犬が通常の板チョコ1枚(50g前後)を丸ごと食べちゃうと問題が出る可能性が高い」と覚えておくと良いかもしれない。


もう少しリアルに解説するとチロルチョコ (10円の商品)1個中に約14mgのテオブロミンが含まれている。

例えば体重5kgのダックスがチョコレート中毒になるためにはチロルチョコを約50個食べなければならない算数となる。
またゴディバであれば
 -ミルクチョコレート:177mg/100g

 -ダークチョコレート:559mg/100g



ちなみにホワイトチョコレートにはテオブロミンの含有量が僅かであるためシブがき隊のヤックンのように“ジタバッタ”する心配はないし、フックンのように“世紀末が来るぜ!”ともならないので安心してほしい。


<参考文献>

Chocolate intoxication. Stephen Pittenger, DVM.
Veterinary Medicine 2001

Dog Owner's Home Veterinary Handbook 3rd Edition

James M. Giffin MD & Liisa D. Carlson, DVM.
Cacao bean shell poisoning in a dog.

J Am Vet Med Assoc.1984 Oct 15;185(8):902.


ドックピープル の許可を得てイラストを掲載しています。
作品 山本容子先生 



AD
いいね!(6)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。