まねき猫ホスピタル院長 獣医師・石井万寿美 ペットのいる暮らし

小動物臨床をしている獣医師です。書くことが好きで本も書いています。自分の勉強したことを伝えて、少しでも世の中に還元できれば、こんな嬉しいことはありません。

セミナーをさせて頂くことになりました。
ご興味ある方は是非とも参加していってください。




『女性獣医師のための動物臨床栄養医学』獣医師向け
2016年7月10日(日)14時~17時 日程変更になりました。
2016年8月28日(日)14時30分~17時
>>詳細はこちら<<


『ますみ先生の動物臨床栄養医学』オーナー様向け
2016年7月11日(月)10時~12時 日程変更になりました。
2016年8月29日(月)10時~12時 ※研究室番号も変更しておりますので詳細からご確認ください。
>>詳細はこちら<<
NEW !
テーマ:
都市伝説で、「フードを変えたら下痢する」といわれています。
だから、少しずつ変えればいいと。

本当なのでしょうか?

合わないフードを少しずつ変えても下痢や軟便になります。


(新しいフードの変え方)
1、新しいフードを3割ぐらい入れる。
2、ウンチが柔らかくなれば、その子には、合わない


新しいフードをあげて、ウンチが柔らかくなったら、そのフードを与えない方がいいと考えています


もちろん新しいフードを食べないということは、ありますが、食べないので与えないのではなく、
ササミトッピングしてみるなどの工夫
をしてくださいね。

シアンちゃんは、カラダに合わないものが入っていると少しウンチが柔らかくなります
ブログを読んでみてください。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子猫を保護したら、まずは動物病院に連れてきて欲しいです。

でも、お金もかかるから、様子を見ようと思う人の気持ちはよくわかります。

 

保護した人の判断で、子猫さまが命に危険に脅かされることもあるのです。

まずは、口腔内のチェックをしてみてください。

 

それでは、口の中を見れば、何がわかるのでしょうか?

1、貧血しているかどうか?

2、心臓の状態

3、栄養状態

 

(何故、貧血するか?)

1、栄養状態が悪い。

2、初乳をもらっていない。

3、ミルクがしっかり飲めていない。

4、多量のノミがいる。

5、先天的な疾患を持っている。

6、その他

写真のように口の中が赤い猫ちゃんは、健康です。

 

 

↑この子猫さまは健康!

 

健康な子猫さまの口の中は。

1、鮮やか赤

2、つやつやしている。

 

でも、舌の色が以下のようでは、あまり状態がよくないです。

1、薄いピンク

2、肌色

3、薄い肌色

4、紫色

 

上記のような子猫だと命にかかわるので、すぐに動物病院で治療を始めてくださいね。

 

(飼い主さんが出来ること)

1、ノミの駆除

2.高タンパク質の食事

3、ラクトフェリンを与える。

 

幼い命を繋いで、元気な子猫さまにしましようね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(2)

テーマ:

数カ月にも及ぶ『軟便難民』を送ってきたシアンちゃんやエトちゃんが、ほぼ軟便が治りました。それをブログなどで知った他の猫さまの飼い主さんから軟便の相談を受けます。

 

シアンちゃんのブログ

http://ameblo.jp/loretta01/

 

エトちゃんのブログ

http://ameblo.jp/aki75hy129/

 

(シアンちゃん、エトちゃんの闘病記録と回復記録がたくさんあります。読んで参考にしてくださいね)

 

 

そこで、ウンチに血が混じっている子が多いのです。

 

1、糞便検査をしているか?

 

ということが、問題になります。

 

飼い主さんの話だと、軟便でも糞便検査をしていないところもあるようなので、獣医師が何も言わなかったら、糞便検査の依頼をしてみてくださいね。

 

2、以前したけれど糞便検査に異常はなかったけれど、血便が出る。

 

そんな場合は、糞便検査は100%ととは、いえないので、それほどウンチが水みたいに下痢ではなかったら、以下の薬をオススメします。

 

 

たくさんいる場合は、以下のようなウンチになります。

image

 

この駆虫薬は、2週間まで虫を排泄します。

虫を排泄するときは、少し下痢っぽくなる場合もありますので、そのことを知っておいてください。

 

『軟便難民』は、フードが合わないことが多いのですが、その前に、駆虫も忘れずにね。

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
空羽さま
K9な質問なかったんですか。
それは、ショックです。
栄養状態が、よくなれば毛並みもよくなりますのにね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 

 

image

 

『軟便難民』の猫さまは、下痢や血便が続くので、やはり腸内細菌をよくしないと、カラダが上手く働きません。

 

『腸と脳はつながっている?』というとびっくりされるかもしれませんが。

つながっているのです。

腸は、消化吸収だけをしている場所ではないのです。

 

たとえば、「緊張すると、トイレに行きたくなる」

      「旅行中にトイレに行けないと思うと便秘になる」

などのことから、腸と頭はつながっているのです。

 

このようなことがらを「腸脳相関(ちょうのうそうかん)」と呼ばれています。

神経伝達物質であるセロトニンとドーパミンは、腸で作られています。

 

セロトニン :落ち着きや安定をもたらす。ソロトニンが少なくなるとうつ病がひどくなるといわれています。

ドーパミン:快感を増強させる。

 

犬や猫に快適に過ごしてもらうと思えば、このようなセロトニンやドーパミンを腸できっちりと作ってもらうことが大切です。腸内細菌がよくないと作れないないのです。

 

下痢や便秘をしている腸など、とても腸内細菌がいいといえません。

 

愛犬や愛猫に、幸せ一杯で暮らしてもらうと思えば、下痢や便秘ではなく、毎日、バナナ状のウンチをしてもらわないといけないことは、ご理解いただけると思います。

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)