2008年01月07日(月) 12時08分44秒

サイレン

テーマ:映画

>1976年、謎のサイレンとともに、全島民が突如消失するという

>怪事件が起こった夜美島。それから29年後。

>病弱な弟の転地療養のため、父とともに夜美島に引っ越してきた由貴。

>彼女はそこで、隣に住む里美から不可解な警告を受ける。

>「サイレンが鳴ったら外に出てはならない」と…。


原作のゲームはしたことないけど、結構気になってたから

サイト見たり登録してたメルマガである程度の内容は知ってた。

でもこれゲーム発売される前のことだったからなぁ。

高1くらいだったっけか(´Д`)


ていうかこれサイレン2を元にして作られたらしいすな。

1の主人公男だったから変だと思った。



とりあえず森本レオこわかった。

ドアップ無理ぽ!こわいぽ!

サイレンが鳴ったら外に出てはならないの意味を知ったときは

なるほどーって思った。そりゃ出たらいけんわー(´Д`)

あと弟がフリーダムすぎた。あの子だめ!w

赤い女の子は何者だったんすか(´Д`)


オチに驚いたなー。

そうきたかー。


なんだかんだでこわかった。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年08月14日(火) 22時39分20秒

ひぐらしのなく頃に映画化

テーマ:映画
ひぐらしが実写(映画)化すると聞いておったまげ。
ネタじゃなかったの?マジンガー?(`Д´;)

ひぐらしは漫画やアニメ・ゲームだからこそ成立する世界じゃないのかー。
実写て。しかも映画て。
たかが2時間で何ができるというんだ…!
どれか1つの編をやるくらいしかできんだろー。

まあ、そんなことは重要じゃない。
大切なのは配役!はいコレとても大切。





ちょwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ダメwwwwwwwこれダメwwww許せんwwwwwwwww
バカにしとんのかwwwwwwwwwwwww

どの人もパッとしないです(´・ω・`)
ぼくたちのレナとみおんとさとことりかちゃまを返して。

あれか、この子らが「おもちかえりぃぃぃぃぃ」とか「にぱー」とか
「ございますわよ」とか言うのか。そして「クールになれ俺」。
ていうか、ひぐらしモードのレナを演じられるのか。
ネタとして見るしかないのですか(´;ω;`)ブワッ

死亡フラグktkrwwwwwwwwwwwwwww
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月05日(木) 23時42分20秒

亀は意外と速く泳ぐ・乱歩地獄

テーマ:映画

「亀は意外と速く泳ぐ」と「乱歩地獄」みた。


1本目は亀は意外と速く泳ぐ。

 

 
>学生時代から平凡な女の子だった片倉スズメは、
>結婚しても平凡な専業主婦だった。
>幼馴染のクジャクはエキセントリックな変わり者で、
>いつもスズメは振り回されていたが、それでも怒ることもなく、
>なんとなーくいまでも友達だ。
>ところがある日、スパイ募集の広告を見て、思わず電話をかけてしまう。
>夫が海外赴任中でいないのをいいことに、スズメはスパイになることに。
 

 
この「なんとなーく」が重要。大問題。
かなりの脱力系映画。まったりした時間を過ごせた。
スーパーで店員の記憶に残り難いと思われる物を買ったり、
喫茶店で店員の記憶に残りづらいメニューを頼んだり。
 
 
 
 く だ ら ん 。。・゚・(ノД`)・゚・。
 
 
 
いやーバカ万歳って言いたくなる。
あずきパンダちゃんの歌が頭から離れない。
あとこの映画みたらしばらくは笑い方が「ふぇっふぇっふぇ」になる。
このタイトルに込められた思いは
 
「知っているはずの日常にも、まだ知らない別の世界があり、
 それを知ることで少し幸せになれる」

とのこと。納得。
脱力しつつ少し幸せになりたいときにどうぞ(´ω`)ノ



次は乱歩地獄。

>江戸川乱歩の小説『火星の運河』『鏡地獄』『芋虫』『蟲』の4作品を
>竹内スグル、実相寺昭雄、佐藤寿保、カネコアツシの
>4人の鬼才アーティストたちが映像化したオムニバス・ムービー。
 

 

原作も読んだほうが楽しめるらしいね(´ω`)
実際、初めて見たときポカーン(゚д゚)だったし。
視覚的にも精神的にもクる映画。
わかりやすく言えば気持ち悪い。不快。深い。
原作読んでみようと思いまふ(´Д`)

蟲は浅野忠信が良い感じに狂ってて面白かったなぁ。
鏡地獄の成宮寛貴はギザエロス。

万人にオススメできる映画ではないなw
こういうの好きな人は好きだと思う(ノ∀`)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月03日(火) 15時49分36秒

ホラームービーナイト最終日

テーマ:映画
   

ホラームービーナイト最終日。
ていっても2日間だけだけどな(ノ∀`)
今日は蝋人形の館とSAW2。
 

 

1本目。


邦題:蝋人形の館

原題:House of Wax

 

 



>6人の男女が大学フットボールの試合観戦のためスタジアムへと向かっていた。

>しかし、道中のキャンプ場で一夜を過ごした翌朝、何者かの手によって車が故障、

>途方に暮れた彼らは近くの町アンブローズへと向かう。

>静か過ぎる町は、閑散として人影もなく、窓からカーテン越しに覗く女性も

>決して声をかけようとはしない。

>やがて、目に飛び込んできたのは丘の上にあるひときわ目を引く蝋人形館。

>彼女たちは好奇心に任せて扉を開けた――。

 

  

ぐろい。おもしろかったけど(´・ω・`)
パリス・ヒルトンかわゆかった。
パリスが犯人に追っかけられてるシーンのとき、弟と2人で

た「パリスやばい!?殺される!?やばい!?」
弟「セレブだから何とか生きられるって多分」
た「まじで!?Σ(`Д´;)金関係あんの!?」
弟「だいじょ、あ、やば、うわー(⊃д∩)」
た「うわー(⊃д∩)」

すごい殺され方。

はいはいグロスグロス(^ω^)
 
で、映画見てる最中にどっかからガタンッて物音がしたのね。
お風呂場で洗面器落としたような音。ビビるたーぼーと弟。
弟がモデルガン2つ持ってるから、それにBB弾つめてお風呂場へ。
何も落ちてない。他の部屋も見て回った。

 
がくがくぶるぶる
 

WWEのレイミステリオのマスクに日本刀、モデルガンを装備。

これで怖いものなし。

 
隠れても無駄やぞー

出てこないと619かミスリオラナくらわすぞコフーコフー。

 
プチョヘンザップ!!


プチョヘンザップ!!

 

異変なし。

パピーもマミーも幸せそうに寝てまんた。




(゚´ω`゚)コワツ
 
 
 


映画が終わるまでモデルガンから手を離さなかったぽ。

次はSAW2。

 

 

>スリルと謎に満ちた斬新な設定で話題を呼んだサスペンススリラーの続編。

>館に集められた8人の男女が、凶悪犯“ジグソウ”が仕掛けた

>新たなる殺人ゲームの恐怖に晒される。

>その8人の中には“ジグソウ”を捕らえたエリック刑事の息子も含まれていた。



ああいう展開になるとは思わんかった。

最後のシーンすごいゾクッてしたなぁ。
アマンダの髪型よかったなー。 かわゆす。
ああいう風にしたいんだけどね、気が付いたら切ってしまう。・゚・(ノ∀`)・゚・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2007年07月02日(月) 21時23分38秒

8 femmes

テーマ:映画

 

邦題:8人の女たち。

原題:8 femmes

 
 
>1950年代のフランス。
>雪に閉ざされた大邸宅で、その家に主人が何者かに殺された。
>クリスマスを過ごそうと集まった家族は、メイドも含めて、8人全員が女。
>犯人はこの中にいるかも…と、彼女たちはお互いを探り始めるが、
>どの女たちもトラブルを抱えており、誰が犯人でもおかしくなかった。
 
 
すごい面白かった。
内容はミステリーなんだけど、明るくて面白かった。
とりあえず女は怖いですな。
「女なんて信じねー(´・ω・`)」って思うようになるわー。

これは映画じゃなくて演劇だと思う。
ミュージカル仕立てだったし。
舞台で見てるような感覚だったな(´ω`)
衣装も色とりどりで綺麗で可愛かった。
歌と踊りは上手くなかったけど、それが逆によかったw
何これえええええええええええ!って展開が多々あってけどもw


にしてもみんな綺麗だったー。
すごいなぁ。妖艶ってのはあのことを言うんすね(´・ω・`)
2名ほど確変入るしビビった。
こーのさんと大盛り上がりしたよほ。
 
ヤバイヤバイ!!         超キレー!!
 ヾ(*`Д´)ノシ  (´Д`*≡*´Д`)


歌がいいなぁ。
可愛いのもあればしんみりくるのもあって。
シャネルがうたった歌の歌詞がグッときた。

カトリーヌ
「パパは世間知らず 何も分かってない」

オギュスティーヌ
「たとえ人生に嫌気が差しても
 たとえ人生が重荷になっても
 私を想って 私を想って 愛してほしい」

ピエレット
「自由に生きて何になるの?
 虚しいだけ 愛がなければ」

シュゾン
「愛の行方は分からない」

シャネル
「孤独は悲しいから 映画のような夢を見よう
 思い出を愛そう 相手が亡霊でもいい
 独りは悲しいから あなたを待ち続ける
 独りは寂しいから 幻想を抱いて生きる」

ルイーズ
「成功か 破滅か のるか 反るか」

キャビー
「私のいとしい人だから許してあげる
 でも あなたは私を許さない」

マミー
「確かなものは何1つない 人間の強さも弱さも真心も」

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月02日(月) 03時52分34秒

ホラームービーナイト1日目

テーマ:映画
   

弟と一緒に夜中にホラー映画鑑賞。

今日はハイテンションとSAW。



まずは1本目。


邦題:ハイテンション

原題:HAUTE TENSION

 

 

>女子大生マリーとアレックスは、 週末に静かな場所で勉強するため、
>アレックスの両親が所有する人里離れた家へやってきた。
>到着して間もなく、謎の殺人鬼が現れ、衝撃的で恐ろしい展開へ。
>死体が発見され、恐怖が募る中、マリーとアレックスは
>生き延びるための闘い余儀なくされるのだが、
>その後、予期せぬ展開が明らかになる。
 

 

フランス映画。
弟と2人で部屋真っ暗にして見てたんだけどさ、直視は無理。
お風呂上りだったから髪拭いてたタオルで目隠しながら見たw
 
題名見て「気分が高揚する」のハイテンションかなって思ったけど
なんとなく違うんじゃないかなーって思ったから調べたぽ。
テンションって「緊張・不安」って意味らしいじゃないか!知らんかったぞ!
てことは題名はすげー不安とかそういう意味なんかな。
だとしたら日本で使われてるハイテンションってなんなんだ(´Д`;)
 

 

本当に予期してなかったよ何この展開。
すごいどんでん返しだった。
マジで「ええええええええ!Σ(゚д゚;)」だよこれー。
冒頭の「誰にも邪魔させない」の意味はラストでやっと明らかに。

首グシャッて飛ぶし、喉スパッて切られるし、撃ち殺されて
胸に斧がめり込むし、顔面を釘バット的なもので何度も殴打。
しまいにゃチェーンソーでガガガと…(´∀`)
血の量が多すぎる。赤色思い出せないぜ(´・ω・`)

 
 
謎解きしたかったから何回も見てしまったじゃないか。
ドキドキしたい時にみんなで見ましょうヽ(´Д`)ノ
 
 
 
以下ネタバレ。


あのオサーンはマリーの“欲”を象徴したものだって解釈したけどどうなんだろう。
愛する人を独占したいだとか、誰にも渡したくないっていう欲。
そう言えば響きは良いけど、もっとこう…禍々しいというか。
歪んだ愛。屈折した愛。捻じ曲がった愛。
だからあのオサーンの容姿は醜かったのかな。
マリーの“欲”とオサーンの容姿は比例してたのかなぁ。

「私が私を追いかけてる夢」ってのは、その“欲”と闘ってるってことを
意味してるのかなって思った。多分あってる(はずw)。
自分にこんな“欲”があることを否定したかったからオサーンを生み出した。
自分はこんなことしてないって思いたかった。自分は悪くない。
それか、「この恐怖と危険に立ち向かうほどあなたを愛してる」って伝えたかった。
最終的には融合しちゃったけど(´ω`)


「“普通”は嫌い」、浮気してる彼氏に別れをすすめる、
シャワーシーンと自慰行為の伏線はわかった。
車内で流れる歌はマリーの気持ちを表してるんかなぁ。
これは超深読み。
畑?でアレックスを探してて、結局見つからなかったのは
マリーはアレックスを手に入れることはできないってことなのかな。

フェラシーンが意味するものが何なのか未だにわからん。
性の対象が女に向いてるってことと、残虐行為に興味がある、
もしくはそういう欲求があるってことかすら。
 
 
とりあえず

・オサーンが乗ってた車はどこから出てきたのか?所有者は?
・ガソスタの店員とのやりとりはなんだったのか。

は永遠の謎(´・ω・`)
 
 
マリーがねー、アレックスを助け出そうとしてるのに
アレックスは叫んで怯え続けてたことにすごい違和感を感じてた。
なんでこんなに暴れるんかなーって。

そりゃー怯えるわな(´・ω・`)


2本目はSAW。

 

 

>老朽化したバスルームで対角線上に倒れていたふたりの男ゴードンとアダム。

>その間には自殺死体が。足を鎖でつながれた男たちに与えられたのは、

>テープレコーダー、一発の弾、タバコ2本、着信用携帯電話、2本のノコギリ。

>犯人から告げられたメッセージは「6時間以内に相手を殺すか、自分が死ぬか」。

>犯人はジグゾウ。警察に追われている連続殺人鬼。

>彼がこれまで犯した犯罪とは…そしてふたりの運命は…。

 

 

すごいドキドキしながら見た。

絶えない緊張感。すごい。こわい。

自分だったらどうしてるだろう。

絶望するしかないだろうなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2007年07月01日(日) 20時24分16秒

DVD10本

テーマ:映画
フタバで借りてきたぜ(´Д`)

下妻物語
亀は意外と速く泳ぐ
乱歩地獄
ANALIFE
8人の女たち≪原題:8 FEMMES≫
ショコラ≪原題:Chocolat≫
蝋人形の館≪原題:House of Wax≫
ハイテンション≪原題:HAUTE TENSION≫
ソウ≪原題:SAW≫
ソウ2≪SAW2≫

たーぼーは洋画はサスペンスとホラーばっか見る(´・ω・`)
こーのさんはそういう系苦手だから1人で見るか弟と見てるぽ。

ホラーとか好きだけどスプラッタ系は苦手。
前に「大脳分裂」て映画見てて最後まで見れなかった。
1話目はなんとか見れたけど、2話目でお腹切り裂いて手突っ込むの見て
停止ボタン押した。あれは無理だぜ。ギザグロス(´・ω・`)
でも今なら最後まで見れそうな気がするからチャレンジするべきか。

あと洋画は絶対字幕で見る派。
本人の声が聞きたい。
こういうときに英語の聞き取りとかできるようになりたいって思う。
それと原題が何なのか見る(調べる)。
原題と全く違う意味の邦題つけてる場合とかあったからなぁ。
題名って結構重要ですやん(´・ω・`)


今日はこーのさんと下妻物語とANALIFE見た。
下妻は何回見てもいいなぁ。
て言っても見るの2回目だけどな(´Д`)

ANALIFEは良い感じにブッ飛んでまんた。
伝えたいことが全くわからん(´・ω・`)
とりあえずキーワードは「穴」「背徳」「森のくまさん」。
自分は好きだな。他人の生活を覗いてる感覚だった。
あと「美」と「醜」は紙一重だとおもた。
表面は綺麗でも、手を加えれば不気味なものになる。
表面は醜くても、手を加えればこの世のものとは思えない美しさが生まれる。
ほとんどが登場人物の独白みたいな感じで進んでいくから
イヤホンつけて見るのがオススメでふ。


かもめ食堂とダンサー・イン・ザ・ダーク見たかったけどなかった。
諦めて他のお店で借りるしかないか(´・ω・`)
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月21日(木) 16時53分21秒

単調で変化のない人間関係を続けるのは惰性だけが原因ではない

テーマ:映画

KiSSing ジェシカもう1回見たぽ。

やっぱ好きだなーこの映画。特に音楽(´ω`)

ピアノのポロンポロンした音が可愛いなぁ。


最後のケンカのシーンは何回見てると切ない。

リアルに起こりそうだよこれ(ノ∀`)コエー

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年12月04日(月) 19時52分02秒

ディナーラッシュ

テーマ:映画

邦題:ディナーラッシュ

原題:Dinner Rush



>N.Y.トライベッカのレストランを舞台に、思いがけない一夜の顛末と

>ユニークな人間ドラマを、オーナーとその息子の世代交代や野心と

>陰謀に満ちた殺人事件を織り交ぜながら描くサスペンス映画。



前から見たかったやつ。やっと借りれた(´∀`*)

でもこれサスペンス映画だったとは知らなかったぽ。


感想。

音楽も映像もたーぼー好み。すっごい好きだこれ。

久々に映画に飲み込まれた。ていうか映画じゃないみたいだった。ドラマ?

まるで自分がその場所にいるような錯覚を起こす。

あそこの注文はとった?あぁ、人にぶつかっちゃう。あのテーブルの料理は?

材料の場所は?早く作って!あいつはどこへ行った?出来た!持って行け!

ハラハラしながら見てた(ノ∀`)


で、厨房には色んな音があるんだーって思った。

食器だとテーブルに置く音、料理を盛っていく音、洗って拭く音。

他には炒める音、煮る音、揚げる音、フライパンを動かす音、

お店の中は喋り声、怒鳴り声、笑い声、ひそひそ声、イスに座る音、

従業員の声、メニューをめくる音、食器とスプーンが当たる音、ワインをそそぐ音、

木製の床に靴がこすれる音、どこもかしこも音で溢れかえってる。

 

 

なんかもうラッシュどころかラッシュラッシュラッシュって感じ。

最後の最後でめちゃくちゃビビることもあるし。ラッシュ。

DVDを買いたい作品ですた(`・ω・´)

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006年11月19日(日) 14時57分59秒

これは…

テーマ:映画

LOVE MY LIFE


2007年正月カミングアウトだそうです。

見るしかNEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEEE!

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。