201 -TWO SEVEN-

テーマ:

もうすぐ27なんですね。
BLOGも200を超えていました。

今をもうちょっと良い状態で迎えたかったんですが。
底ではないだけマシですよ。
これからの1年は希望持てそうだし、今後の人生でキーとなりそう。


"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"



自分の感性や思考が収斂してんのか一辺倒に偏っているのか。
難しいラインにきてます。
意図してズラす事で今はバランスを保っている。

もうちょっとの辛抱ですかね。

夏には答えが出ています。
僕はそれを楽しみにしています。


20111111


AD

200 -26-

テーマ:

伝える


人は常に伝えていかなくてはならない。
真実も虚無も感情も色も形も。


"FIGMENTAL"



表現者といえば聞こえは良い。
プロフェッショナリズムをどこに見いだすのか。
人生ではその舞台は常に用意されている。


"FIGMENTAL"



欲望の赴くままに表現するも正。
究極の理論を追い求め表現するも正。


"FIGMENTAL"



もっと表現したい。


"FIGMENTAL"



表現したアウトプットに触れた時に価値は評価される。
過程や現象は意味を成さない。


"FIGMENTAL"



20111021


AD

199 -13-

テーマ:
$"FIGMENTAL"



何かと楽しい瞬間はあるもんです。
40人規模のパーティーを3日前から準備するなんて思いもよりませんでした。
でも、意外とそっちの方がリアクションで駆け抜けられるから良いのかも。

会場は大名のSTEREO B-SIDEです。
なかなか良い雰囲気を演出出来るはずです。


$"FIGMENTAL"



ちょっとまたガソリンを補給しないと。
Amanoっちどう?


$"FIGMENTAL"



匂いフェチなんです。
記憶と気分を支配するから。
部屋にはラベンダーの香りが満ちていますが、心なしか良く寝れる。


"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"



ついにVAINL ARCHIVEがデリバリーされました。
メインアウターはまだですが、現時点で充分です。
色は匂いと共に重要。
色もプロセスを踏んで理解する事が僕の中でのこだわりです。
でもそのせいで似た色ばかりが集まってコーディネーションするのが若干困難な時も、、。
それは人についても。
似たものばかりじゃ成立は難しい、頭で理解していてもね。


$"FIGMENTAL"



20111012


AD

198 -Y-

テーマ:
BLINK-182/Neighborhoods
$"FIGMENTAL"



何年ぶりでしょうか。
待望のBLINK-182は確かなステップとカタルシスが混在しています。
過去の喜びに浸る事も、確かな未来を感じる事も可能にしてくれます。

僕はといえば根本から揺らいでいます。
どうしたらいいでしょうかね。


BOY A/John Crawley
"FIGMENTAL"



映画に触れる事で気を紛らわす日々。
BOY Aは、急上昇中のアンドリュー・ガーフィールド主演。
彼の映画はいくつか観ていますが好印象です。
表情だけで巧く心を表現しています。
マーク・ウェブのスパイダーマン新シリーズも期待大。


"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"
"FIGMENTAL"



あとは写真だけ。
もう秋の匂いが迫ってますので、心の知れた連中と美味しい酒とご飯を楽しんでいます。

明後日にはVAINL ARCHIVEのFall&Winterのアイテムが到着予定なので心待ちにします。


20111005


195 -M-

テーマ:
26年生きてきました。
思えば常にカッコつけて斜めから世界を見ていました。
自我を証明したいがために冷たい心で見ていました。
それを美化していました。

都合と心地良さだけを求めていました。
甘い人生だけが全てだと排除を繰り返してきました。

シワ寄せが起こる事も承知の上でした。
それでも排除出来ると自信がありました。

信念があるわけでも夢があるわけでもありませんでした。
その瞬間を見過ごさない力だけはありました。
求めた訳ではなく備わっていました。

力を欲した事はありません。
そこにありました。
可能性はいつもありました。

それは0ではありませんでした。
しかし100でもありませんでした。

過去ではなく未来が得意でした。
足跡を見れば先が見えました。

でも自分の後ろ姿は見えていません。
自分の後ろ姿を見ているものはさらに見えていません。

ただ美化させる術しか持ち得ていません。
所在をズラす心があります。
受け止める器が穿っています。

ただ1つの現実はもう取り戻す事が不可能なこと。
ただ1つの道は認めること。
将来のビジョンを見直すこと。
新たな1歩をゆっくりと踏み出すこと。

歩く前に走っても。
走る前に飛んでも。
残酷さしか残らない。

話す前に怒鳴っても。
目を見る前に笑っても。
非常さしか残らない。

世界は受け入れない。
社会は受け入れても目の前の1人はそれを拒む。

全てよりも1つが欲しい。
1つの連鎖が全てなのだから。

1つずつ。

それでも夜が明けると日が昇る。
変わらぬ景色がただ広がる。
無慈悲な笑顔が迎える。
無慈悲な声が聞こえる。

ただ闇に呑まれていた方が楽かもしれない。

感情を持った顔で声であった方が温かい。
存在を認めてくれている証だから。

その証を求めて旅に出よう。
過去に出会った景色か未知の景色か。
確実な1歩を踏み出すまで不確定な未来だ。

その景色がどうか自分の知らない色である事を願う。


20110902


192 -Iridescent-

テーマ:
"FIGMENTAL"



8月です。
この時期をどう過ごそうかが難しいです。

期待と不安の狭間でもがくんでしょう。
9月には何かが変わるはずです。

今は耐えて自分に集中できると良いと思います。
まぁ夏らしく過ごします。


P.S. RUっちょ
マイ・ブラザーは面白くていい奴なのでヨロシクです。


20110801