私は言葉だけの優しさは偽りだと
直ぐに気がついてしまう。

昔から勘が凄く鋭い上に人に裏切られたり
傷ついてきて嫌でも気付くんだ。

その言葉。本心じゃないなって。

嘘の言葉が重なれば重なるほど

今度はその裏が見えてくるんだ。

量より質とはよく言ったもので
毎日の着飾った言葉より

本当に傷ついた私に昨夜一度だけ
あった一本のくまもんからの
電話が私は凄く嬉しかった。

そして普段はそっけなく感じる日があっても
その態度が少し寂しくても

自分の気持ちをコントロール
                     
出来ず苦しくて号泣して思わず
電話をすると

何の特にもないのに朝からずっと
真剣にこのブログの話を聞いて下さり
私が泣き止むまで何度も同じ言葉を
繰り返して下さる

後ろで、社員さんたちの声がする中
相談は乗ってやる。

一言つぶやくその一言に救われる。
{540790EB-FA92-4AE3-9719-07EC28277A19}
あの日も救われた…。

苦しくて消えたかったのに
言葉の一つ一つが

凄く胸に響いて気がついたら
涙は止まっていて

そうですね。
私は夢に向かって頑張りたいんです。
有難う御座いますって

心が落ちつき言えた自分に本気で驚いた。

その人の言葉が心に響くか響かないかは
ただ一つ

それは経験の差なんだ。

人をいつも傷つけて生きてきた人の言葉は
たとえ綺麗な言葉でも

私の心には全く響かない。

それどころかその言葉の裏にある気持ち
下心さえ感じてしまう。

それは私の経験やこれまでの人付き合い
トラウマになるような生き方をした自分が悪い。

挫折や悲しみを経験して
本気で自分自身の人生と向き合う

苦難を乗り越えてきた人の言葉は

一見厳しいようでとても自分の事を
思ってくれていると思い知る。

まさに苦言を呈す。

私はこの数日間信じきっていた。
けれど苦しくて私が泣いていても

私が車の中で急に過呼吸に襲われても
早く車から降りてという。

その行動と言葉こそが私の心を壊した。
何かを言われるたびに心が折れる。

苦しい道を自分の足で歩いてきた人は
道に迷った人へのエールが的確なんだ。

一度もその道を歩いた事のない人は
地図を見ながら手探りで歩き
地図を見ながら自慢をするんだ。

もうすぐ、つくねって。

だけど、新しい道が存在すると
驚き戸惑う。

地図にない道だから目的地へたどり着けない。

けれど、その道を自分の足で

歩いてきた人は道が新しくなった事に
すぐに気がつく。

どの道とどの道が繋がっているからと
最短で目的地へたどり着くことが出来る。

自分の足で苦難を乗り越え死物狂いで

我が道を歩いてきたか

それだけで道標になる行動も言葉も全て異なる。

そして、そういう人だからこそ
苦しむ私の気持ちに
的確な言葉をかけられるんだ。



☆⌒+。
コメントも出来なくてごめん。
だけど電話を思わずかけた。

その一言がどれだけ嬉しかったか。

知っているんだよね

沢山経験したから貴方は誰より人の痛みを。

動けないなら向かえに行くよ。
そのぐらいしか僕には出来ないから。

絵美子さんは、そのままでいいんよ。

僕にとって出来るのはこのぐらい。
でも、言ったよね?

ずっと味方で裏切らないって。
絵美子さんのブログにコメントも
出来ずにいきなり電話してごめん。

でも、向かえに行くぐらい
するよ。

絵美子さんが動けないんなら。

大阪で一番最初の男友達

私があの日勇気をだして
友達になって下さいと
言って本当に良かったと思った。


あなたが書いてくれたブログを
改めて読み返した。

なんで私の本当に望んでいる事に
気付いているんだろうと
改めて泣けてきたよ。

絵美子さん敵を作ってしまう言い方
たまにするもんね。

だけど、今の絵美子さんを
辞めなくて良いんだよ。

僕ゆーたよね?

いつも味方やって。


小さな木より森を見るんだ。
侮辱する奴への侮辱を知ってるか?

そいつが楽しんで批判する間に
お前がサロンをオープンすることだ。

まだ言ってたの?ってそれが一番の相手への
侮辱だ。

お前はそいつのためにブログを書いてきたのか?

ネガティブな事ばかり配信して
応援してくれる人はそんなお前が見たいの?

お前が綺麗なものや美を配信し

夢へ一生懸命にむかう
その姿を皆は見たいんだろ?

だから1万人が見ていて応援してくれる人が
いるんだろ?

批判するそいつのために相手をするために
書くならもうそのブログを辞めろよ。

正しいことをしているのだから

お前はその1万のアクセスを2万、3万
と増やす努力をして

そこに時間と動力を使えよ。

悔しい気持ちも悲しい気持ちも
見つけてさらし者にしたい気持ちも分かる。

だけどその時間を大切なブログに使えよ。

そしてもっと夢に近づけよ。

AD