2017-05-17 23:20:36

3日後のアベック勝利(ホーム ジェフユナイテッド千葉戦)

テーマ:ヴェルディ

今日のホーム味の素スタジアムでのジェフユナイテッド千葉戦、前半はジェフのペースだった(Jリーグ公式サイト)ものの、ヴェルディは後半10分にアラン ピニェイロの得点で先制(Jリーグ公式サイト)すると、後半24分には高木善朗の追加点(Jリーグ公式サイト)が決まり、後半32分には善朗がダメ押し点(Jリーグ公式サイト)で3-0と快勝しました(スポーツナビ)。ヴェルディはこれで3試合ぶりの勝利。リーグ戦の順位を4位で維持し、今季苦手としていたJ1経験クラブにも勝利しました。大きな1勝です。

 

海江田哲朗氏のWEBマガジンでは直前インフォメーション(有料)が配信され、柴崎貴広の「相手の高いラインを常に意識し、奪ったボールを速い攻撃につなげたい」とのコメントが紹介されました。実際、得点場面を振り返ると、1点目が「敵陣で相手のパスミスをアラン・ピニェイロがカット」したところから始まり、2点目が「内田達也が左サイドのスペースへロングパスを送り、長い距離を駆け上がった安在が左足ダイレクトでクロス」して善朗がきめたもの。3点目も「自陣からDF井林章が大きく蹴り出したクリアボールに高木善が走り込み、DFを振り切ってPA内に進入。ワントラップから左足を」振り抜いたものといずれもロングボールもしくはカウンターによるもの(ゲキサカ)。ヴェルディがこれまで苦しめられてきた攻撃方法を駆使して対戦相手を倒したという格好です。

 

とはいえ、選手コメントにもある通り、「前半は全くうまくいかず、相手に主導権を握られる展開だったので苦しい時間帯が続いた」(善朗)し、「危ないシーンが何度もあったので反省しなければいけない」(畠中槙之輔 )のも事実です。ロティーナ監督も「とても難しい試合だった。前半は相手に支配され、とても走ることを余儀なくされた。相手に決定的なチャンスも多かった。後半も一つ決定的なチャンスで、ポストに当たったのは運が良かった」とこの試合は運に恵まれた要素もあることを認めています。しかし、後半開始早々に監督が途中出場させたドウグラス ヴィエイラ が先制点のアシストを決めたのも実際のところです。  

 

思えば3日前、ベレーザがなでしこリーグ1部でジェフレディースに3-0で勝利していましたが、今日はヴェルディがジェフが3-0で勝利です。ヴェルディファミリーがジェフファミリーに勝利したということです。オリジナル10同士の対決ということも話題になっていましたが、今日はヴェルディに幸いしました。仕事の帰りに道スタジアムに足を運びましたが、その甲斐ありました。今日は勝利を素直に喜びたいです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Verdy Supporterさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。