CokeGlass

テーマ:

フランスもイタリアも残れなかった


ワールドカップ決勝トーナメントへの


日本代表の進出は


日本中にパワーを与えてくれたようです。


街中が、道行く人々が


活気に満ち溢れているように感じます。


私もそのパワーを頂いた一人として


お礼の意味もこめてMacに向かいました。


以前から気になっていたワールドカップ限定


CokeGlassを手に入れるために


バリューセットを購入。


http://c.cocacola.co.jp/campaign/mcdonalds/?cid=mail_20081029


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


箱を空けてみたら欲しかったものとは違う色が出てきました。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ-201006251807000.jpg



「あの~、緑色が欲しかったのですが。。」


と恐る恐る店員さんに切り出したら


「色は選べません!返金しますか?」


とビシっ。


お腹も空いていたので


そのままバーガーは頂きました。


よくよく見るとHPにも「色は選べません」


と書いてあったしアメーバサーチで検索すると


色を選ぼうとしてバッサリ断られた、


という記事がいくつかありました。


確かにこの手のキャンペーンで種類を選べないのは良くあること。


ダイエット中ということを考えると諦めるべきか。


悩みます。






充電

テーマ:

八王子でのイベントが終わり


小田急線の某駅前でコーヒーを飲んでいたら


通りすがりのおしゃれな若者に声をかけられました。




「緑色のネクタイだから気が付きましたよ!」


と。


どこにいても気を抜けないです。。


彼の方がよっぽど抜けないでしょうけど。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ ※格好良かったです。


明日からの練習再開に向けて気合がみなぎっていました。


良い充電期間を過ごしたのでしょう。


エルゴラ

テーマ:


明日のオランダ戦に向けた号外を


渋谷マークシティのエスカレーター下でたった今受けとりました。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ-201006181915000.jpg


顔見知りの営業の方々が配布していました。


雨の中、お疲れ様です!


新宿西口でも配布中とのことです。



ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ ※スタッフのKさん

都内

テーマ:

午前

JFAハウスへ。


前の通りがW杯モードになっていました。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ

夕方

国立競技場で会議。


5/30のホームゲームに関して。


その後、期間限定のSAMURAIブルーカフェ へ。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ

関係者(風)の人が多く


少し落ち着きませんでしたが


良い店でした。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ ※5/14?


AFCフットサル選手権2010に向けた

壮行試合「日本代表vsロシア日本代表」


代々木体育館へ。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


前半だけ観ました。


その流れで新装開店したばかりのKAMO原宿店 へ。


スター選手の写真パネルが大迫力です。


各メーカーのコーナーがありましたが


我々はKappaのコーナーを探します。



ありました。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ

見慣れたユニフォームも発見。



ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


ヴェルディのユニフォームが


ROMAとバッジオ(ブレシア時代)と並べえられていました。


ありがとうございます。


そこから数十メートルの


こちらも期間限定の


NAKATAnetcafe へ。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


貸切閉まっており


中を見ることが出来ませんでした。残念。



世間ではいよいよW杯に向けた盛り上がりが増しています。


我々は遠くを観ることはもちろんですが


目の前のことに必死です。

長期的展望

テーマ:

TVでプレミアリーグ・ハイライトを視聴。


1年でプレミアリーグから降格することになった

バーンリーFCの監督の試合後のインタビュー。


「大枚をはたいたりせずに

またプレミアに戻ってきます。


方向性はしっかりしてるので

財政的にはさらに安定するはずです。


プレミアのいくつかのクラブは

経営破綻で悲惨な状況でしたが


このクラブではああいうことは起きない。


大切なのは長期的展望です。」


_________________________



長期的展望という意味では

ヴェルディは以前より遥かに視野が開けました。


今、それを言っても説得力が無いかもしれませんが


ずーっとあった重石、覆っていた霧が

無くなってすっきりしていることは事実です。


でも目の前の現実は厳しいです。


理想と、それを実現させる為の力、

両方が必要だと改めて思い知らされています。



語弊があるかもしれませんが


私は営業なので

チームの成績にあまり左右されずに


ヴェルディの価値を売ることを

目指してきました。


だからこそ変わらないヴェルディの価値を、

作り出そうと、知ってもらおうと、

色々な活動をしているつもりです。


でも、今は理屈を抜きにしてチームには、選手達には


勝って欲しい、勝たせてあげたい。


そう思える選手達、スタッフが揃っています。


話がまとまりませんが、

まずは水戸での勝利を祈ります。


無題

テーマ:

TVでFAカップ準決勝を観戦。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


プレミアリーグでは最下位で降格も決まっている

ポーツマスFC(ユニフォームがKappaなので応援していました)

がトッテナムに勝利し

決勝進出を果たしました。

http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/uk/2717495/5600276?blog=fruitblog



そして、このポーツマスFCは経営破綻で話題になっているそうです。

http://www.afpbb.com/article/sports/soccer/uk/2702497/5408968



あやかりたい、と言ったら不謹慎ですが

現場が最後に意地を見せている姿には

感じるものが有ります。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ

サッカーミュージアム

テーマ:

JFAハウスの帰りに


サッカーミュージアムを覗いてみました。

http://www.11plus.jp/


入り口の目立つところに


岩渕真奈選手の代表ユニフォームが展示されてました。


ずいぶん押してますねー。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


岩渕選手の所属するベレーザは


ヴェルディと同じく弊クラブの組織内にあります。

http://www.verdy.co.jp/club/about/vision.html

※ご存知ない方の為に

ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


※こちらは澤さんの習字

無題

テーマ:

売れているので読みました。


良く出来た本だと思います。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


マネージメント出来ない人の下で


働くのは本当にきつかった。





セミナー

テーマ:

ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


フォーラム

http://www.sportsnetwork.co.jp/osf/forum/2009-osaki.html

企業と「スポーツの新展開」をさぐる
09年度 企業スポーツ公開フォーラム
企業と「スポーツの新展開」をさぐる
視界不良の日本経済、企業はスポーツとどう向き合うのか

にヴェルディバレーボールチームの

山中監督と濱口代表と参加してきました。

※二人は明日、試合。。



企業撤退後にクラブチーム化されたという

山梨クイーンビーズの話に(だけ)

興味が有りました。

どうやってやって継続出来たのか。


思ったとおり今後のヒントを得ることが出来ました。

同時に自分の考えが間違っていなかった

と確認もできました。詳しくは別途。



インビクタス

テーマ:

期待していた映画を見ました。



ラグビー観戦の会場で何度もCMが流れていましたし、


原作本も読みました。


さらにJSPORTSにて映画公開にあわせて放送された


当時の中継映像まで見て予習ばっちりでした。



原作では、マンデラ氏の釈放前後と


その周辺の複数の人達にスポットを当てながら


劇的に変化を遂げる南アフリカを細かく描写しており


W杯の場面はその一部に過ぎませんでした。




映画では、自国開催のラグビーW杯での南ア代表の戦いと、


その南ア代表のピナール主将とマンデラ大統領の絆をメインに、


国民が勝ち進むにつれて熱狂し、一つになっていく様が描かれていました。


ヴェルディLIFE/東京ヴェルディ営業部で働くスタッフのブログ


ストーリーや試合の結果を知っていても感動しました。


人によって感想や印象に残る場面は様々だと思いますが


試合の終盤でピナール主将が仲間を鼓舞するシーンでは


涙が止まりませんでした。


諦めない強い気持ちで戦う男達の姿に


自分がこの一年、諦めようか、と考えたり、


気持ちが負けそうになることが多くなっていることに


気付いたからです。