熱気

テーマ:

午後、スポンサー様に、

企画ご提案に伺いました。

しかし会話はチームの成績のこと。

叱咤激励をいただきました。

それほど会場にはいらっしゃらないのに、

詳しく状況を把握されている。

NTVの深夜中継をご覧になり、

ネットや新聞でも

チェックしてくださっているのだと思います。

とにかく今は、信じてください。


19:00から京王永山駅前でチラシ配布。

一般の方が飛び入りも含めて、8名。

いつもより皆さんテンションが高い。

密度が濃い1時間でした。
永福町も大変盛り上がったそうです。

ここに来て、またチラシ配布が

熱気を帯びてきています。

チームの為に何かをしたいという、

皆さんの気持ちの表れだと受け止めています。

本当にありがとうございます。


我々スタッフも、

皆さんと一緒に何が出来るかを

考えています。

残り9試合。

ホームゲームは5試合。

よろしくお願いします。


200509292014000.jpg

※京王永山駅前

日常的に

テーマ:

今日は午後から商店街廻りで、

立川に行きました。

どこの店でも

「ヴェルディ調子悪いね、がんばってよ。」

と、言葉をいただきます。


お怒りの方、

落ち込んでいる方、

呆れている方、

戦術論をぶつけてくる方、

など反応は様々ですが、

皆さん、ヴェルディの状況(順位)を把握していらっしゃる。

日常的にヴェルディを

応援してもらっている証明でもあります。

200509281752000.jpg ※JR立川駅


辺りが暗くなったころ、

スクール生達と入れ違いに、

クラブハウスに戻りました。

丁度、練習を終えて、帰宅途中の

選手達数名と遠くで目が合いました。


気持ちが通じ合った気がしました。

真価

テーマ:

すっかり涼しくなった今日この頃、

真夏に行われたレアル戦やフィオ戦が

遠い昔のように感じられます。

そのフィオ戦で対戦した(現ボルトンの)中田選手が、

雑誌「VS」での対談で興味深いことを語っていました。


「ユベントスが選手や監督が変わっても強いのは

 やっぱり会社がしっかりしているからだと思う。」

簡単な言葉ですが、深いと思います。

今、色々な意味で

ヴェルディの真価が問われています。

だからこそ、

今のヴェルディで、結果を出さないといけないと思います。


外出日和

テーマ:

午後は外出。

暑くもなく、寒くもなく、

過ごしやすい外出日和でした。


稲城の梨畑を抜け、

200509261317000.jpg


稲城大橋を通り、

200509261353000.jpg


味スタへ。

200509261419000.jpg

味スタの倉庫整理をしました。
整理が出来ていないことで、

先日、問題が発生した為の作業です。

夕方は渋谷へ。

CAご担当者様と打ち合わせ

「CAサンクスデー」に向けて


夜は、

某広告代理店の方、

元同僚のI先輩

と会いました。

久しぶりにお話をしましたが、

たった一年での積極的な事業展開に感服です。




無題

テーマ:

神戸戦、私はShowTime のインターネットライブ中継にて

パソコンに向かっての観戦となりました。

(時代はどんどん変化していくものです。)


画面にアウェイゴール裏の緑色の応援団が

何度も写りました。声も聞こえていました。


残り9試合。

9試合しかないのか9試合もあるのか。

とにかく1試合1試合をプロの組織として、

価値有るものにしていくしかありません。


声援

テーマ:

午前中はCAご担当者様と

打ち合わせでした。

チームの成績がこんなときこそ、

前向きに!と行きたいところですが、

なかなかそうもいきません。

200509221244000.jpg


昼食はアミカーレ にて。

店内は落ち着いたジャズが流れ、

大型画面ではニューシネマパラダイスが映されており、

都会の喧騒を忘れさせてくれます。

店員が桐蔭のサッカー部出身者が多いとのことで

完全に身内感覚で応援していただいてます。


店で偶然、CAのSさんに 久しぶりにお会いしました。

ブログはいつも拝見しております
私がブログを書き始めた当初、

「無理せず田中さんらしいブログを書いてください。」

の言葉が支えになっています。



午後は日本シグマックス様 による

広瀬コーチ へのサンプル使用後のヒアリングの立会い。

これもスポンサーパートナーとしての一つの形。

両社(者)にとって有意義な時間だったことと思います。




神戸へは私は都合により行けないことになりました。

私以外にも行きたくても行けないファンの方は

沢山いらっしゃると思います。


ただただ選手達を信じて、

東京から声援を送ります。


再開

テーマ:

中三日で再開です。


やっぱりチームの状況によって筆が重くなります。

しかし、いつも言うことですが、我々スタッフは

それぞれの持ち場でやることをやるしかない、

というところに行き着きます。

ブログも普通に書きます。

9/20

「商店街まわり」

曇り時々若干小雨

稲城市商店まわりの途中、

平尾団地の某商店の店主とお話しました。

「昔はこんな天気の日は、

新百合ヶ丘から平尾に向かう道は、

霧で一杯になったもんだよ。」とのこと。

近年は開発で霧をみることはほとんど無いそうです。

しかし店には沢山の子供達が駄菓子を買いに集まっており、

昔ながらのコミュニティーが残っています。

いや子供達の為に残そうと努力している大人達がいます。

9/18

「町田市立陸上競技場

先日、一緒に駅配布を実施した

町田ゼルビア の試合観戦兼ご挨拶。

メインスタンドの椅子席が、

親子連れでほぼ満員でした。
太鼓を叩くサポーターと少年達の声援が合わさり

非常に良い雰囲気です。

地域に根ざした活動が支持されているように見えます。

試合終了直後にサッカークリニックが行われ

芝生の上で数百人の子供達を、

先ほどまで試合をしていたゼルビアの選手達が

楽しそうに指導をしていました。
カテゴリー的にはJ1の5つ下にあたりますが、

だからこそ出来ること、

を最大限引き出していました。


これからは、カテゴリーや競技に関係なく、

しっかりとマネージメントされた個性的なクラブが

どんどん現れると思います。


多様化していく中で、

ヴェルディは

歴史あるJ1のクラブとして、

地道に足場を固めながら、

これまで通りチャレンジしながら、

ヴェルディだから出来ること、

ヴェルディにしか出来ないこと、

を続けることが大切だと考えます。




とにもかくにも、

まずは週末のアウェイゲーム。







担当営業として

テーマ:

試合は殆ど見てません。

トランシーバーで常に戦況は届いていますが

「フィールディングエコマッチ」関係で走り回ってました。


担当営業として、

イベントにご協力頂いた、たくさんの方々、

ブースでお手伝いしてくれた上村選手、

サンクスデーに負けたのに

笑顔で食事に誘ってくださった、

NECフィールディング社員の皆様、

感謝しております。


書きたいことが一杯あったのですが

うまく書けません。

このまま起きて、

中継録画を見るしかない。


それから。