いよいよ明日

テーマ:

皆さんがいろいろ心配されている選手フロントの「構造改革」問題。


いよいよ明日が移籍リストの期限で、Jリーグから発表があるでしょう。


どんな形になってもそれはクラブが選択した「未来予想図」だと思い

受け止めたいと思います。


「ふざけるな!」「理由を説明しろ!」などなどの思いが湧きあがる方も

いるでしょうしクラブに押しかける方もいるかもしれません。

(ヨシカズ君情報によるとFCサポがクラブハウスに・・・何てことも)


昨日書いた記事は、こんなことも言いたかったんです。

サポーターのあり方とか役割とか、クラブとの関係とかね。


ヴェルディのサポーターはおとなしい」って?

私的には過激になる必要もないと思うし、既存の感覚とは違った成熟した

サポーター文化生まれても良いとも思う。


いずれにしてもクラブが、どのような選択をするのか?明日そして最終戦

が待ち遠しい限りである。

AD

ベースボールなるものが日本に伝わり、野球が日本で盛んになった頃

大リーグの誰かが「これはベースボールじゃ無い!」「Yakyu---?」と

言って、レベルの違いを云々したとかしないとか・・・


それが、いまやイチローや松井をはじめ多くの日本の「野球人」が大

リーグで活躍している。

熱狂する観客を見れば、サッカーに食われているとは言えまだまだ日本

の一大娯楽である事に間違いは無い。


そこにはアメリカ大リーグの「物まね」ではない日本独自の「野球文化」

と言うものが根付いているように感じる。


さて「サッカー」はどうであろうか?

このことはの時に「サポーターとは?」「日本のサッカー

文化とは?」「家族で楽しむ娯楽とフーリガン」「安全で安心なスタ

ジアム構想」「クラブとサポーターの関係」などなど考えてしまった

事があった。


海外のサッカー文化に感化された人たち(良くも悪くも)が、これまでの

日本のサッカー(文化)を牽引してきたのは事実です。


海外の長い歴史から生まれた「文化」として生活に密着しているのは、

どんなものなのか現地で生活経験の無い私にはわからない。


Jリーグのホームタウン構想は素晴らしいと思い、クラブと地域の関係を

作りたいとも思う。

最近、野球関係者も地域密着を意識し、ファンを「サポーター」と呼ぶ所

もあるようで・・・


海外サッカー文化の「物まね」でない、本当に日本に根付いたサッカー

文化が生まれるのは、いつで、どのような形になるのだろうか?


少なくとも40を過ぎた私の生活に潤いと張りをもたらしてくれている事

には、間違いは無い・・・感謝である。


AD

打ち合わせ

テーマ:

楽天的な性格が「対処を遅くする」と言う部分で災いする事もあるが、

今回のような場合は、切り替えの速さや次の目標探しの素早さ幸い

し、「楽しさ」を探し出す。


そんな訳でFORZAコアメンバーと打ち合わせでした。

12月3日にポスカ配りが立川で行われるが、それに合わせて何か

やろうと話していましたが・・・・


いろいろ激動の時期となり、少しタイミングをずらしてやろう!って

事になりました。

そう!クリスマスプレゼント企画にしようって事に・・・


なぜかと言うと12月24日、25日は立川では素敵なイベントが行われ

ますので、それに相乗りしようと言う事に・・・

昭和記念公園をはじめ、とても素敵なイルミネーションがまちを

ライトアップします。

↓たとえばこんな感じです。

この機会に立川のイルミネーションを楽しんでいただき・・・

ここからが「今年最後のエコバック・プレゼント企画ですが


この両日、立川に来る⇒参加店に「レプリカ着用(緑服なら可)」

で行く(1,000円のお買物、飲食)⇒各店先着10名にプレゼント!



参加店や詳細は、来月10日位にFORZAオフィシャルHP にて

告知します。



このエコバック、持っててお得な特典が今後増えてくる予定です。

「エコ・プロジェクト」的には「MY買物バック」+「マイ・タンブラー」

まで推進していきたいところです。。



今だからこそ、サポーター同士やホームタウンのつながりが大切

になってくると思う。。



メディアでの露出は間違いなく減るでしょう・・・悲しいけれど。。



ならば!商店の壁、ウインドウ、街中の掲示板、シティビジョンに

ヴェルディの試合結果や「優勝までの勝ち点カウントダウン」

などを掲出していかなければならない!。



稲城頑張れ!日野、多摩、八王子!そして渋谷も頑張れ!

我々は立川「優勝」を目標に頑張るよ!

今日は検討項目「20」のうち・・・3つくらいかな・・・片付いたのは

AD

選手の思い。

テーマ:

オフィシャルHPキャプテン一樹のコメント が掲載されました。


最後の一試合を全力でヴェルディらしいサッカーで勝ちたいと語る

山卓・・・


そして、一樹のコメントに目頭が熱くなりました。


―サポーターへ

「申し訳なくて、何もない。1年で戻ってきます。

何よりも1年でJ1に戻ってくることだけを考えたい。

次の試合もサポーターのみんなは観に来てくれる。

悔いはあるが、できるだけ悔いの残らないように次の試合に臨みたい」


そう!一樹は今でも我々サポーターの応援を信じ、最終節に臨もうと

している。 来年のJ1復帰を共に喜ぼうと!


選手の中には、解雇される人も出るでしょう。 それが現実です。

来年も共に戦い、J1復帰の喜びを共に分かち合いたくてもいられない

選手だっているんです。


それなのに我々が自らの意思で、この場所を去るなんてことできない!

絶対にできない!

今こそ、我々の「Strong Soul」を示す時、正念場の1年が始まる。


選手の信頼に応え、最終節も応援い行く!

来年は、新生ヴェルディの復活をこの目で確認するぞ!



立川駅北口「サンサンロード」にて・・・「あ!あそこだ~」


胸を張れ!ヴェルディNo.12


見上げると超でっかいです。皆さんのメッセージが光ってます。


暗くなってきました・・・


同会場でクリスマスイルミネーションの点灯式がありました。


演奏が始まった頃、フラッグが降ろされました。

それを見守るサポーターから「東京ヴェルディ!」シャン・シャン・

シャ・シャ・シャン「東京ヴェルディ!」のコールが巻き起こります。


「来年は優勝し、J1復帰だ!」「俺達はいつでも応援している」

言ったメッセージを伝え、キャラバンはフィナーレを迎えました。


今後もスタジアムでは掲げる訳ですが、来年は優勝パレードの後、

この地で、もう一度フラッグを掲げたいと思います。

多くのサポーターと共に喜びを分け合いながら・・・

立川においで頂いた皆様、お疲れ様でした。m(_ _)m

準備にご苦労されたフロントの1960さん、お疲れさまでした。

顔を上げよう!16時立川へ!

テーマ:

前々節終了時に予感のようなものはあった。

更新が滞っていた原因の一つかも知れないが、忙しさに流されていた

感がある。


これから何が変わるのか? 監督、選手、GM、クラブの体制・・・

変わらないのは、我々の「Strong Soul」である。

東京ヴェルディ1969を応援し、サポートする気持ち。「J1残留」

いう目標を「J2での優勝」という目標に切り替えるだけだある。


クラブの田中育郎さんのブログ に記事がありますが、皆さんの熱い

思いを綴った「ビッグフラッグ・キャラバン」がフィナーレを迎えます。


立川北口「サンサンロード」(高島屋の裏手)において、ご協力頂いた

地元の方の所有するパーキングビルにフラッグを掲げます。

ここです。⇒クリック


俺達の思いをここに掲げ、互いに誓い合おう!

↑↓掲揚実験時の画像です。

顔を上げ、思いを込め、誓いを立てよう!


色々、書きたいことはある。

でも今は、これから始まる「優勝レース」に向けて前を向こう!

ハットトリック

テーマ:

ハットトックとは1試合に一人の選手が3得点(以上)する事で、非常

に珍しいことで名誉な事である。


ヴェルディには過去に三浦和良選手をはじめ複数回、この偉業を

達成した選手がいる。


その中の一人が・・・そうです!平本一樹選手です!

しかも今年ですよ!覚えてました?

4月28日 相手は名古屋グランパスエイト


今年のアウェイでの名古屋戦でやってくれたわけですが・・・

試合は5対4で負けてます(爆)


一樹にとっては得点を稼ぐ、お得意様が「飛んで火にいる夏の虫」

と、ばかりに味スタにやってくるわけなんですが・・・

一樹は出場停止で出れないんです・・・お~神様!


あのファールで止めに行ったのもあのままじゃ完全に1点献上って

場面だった様な気がする(遠くでよく見えなかったが・・・)

DFは振り切られてたのは事実・・・ちょっと可哀想だね。


ジウ玉乃(とてもよかった)久場町田雄平も出番かな?

とにかく「ほとんど勝ってないホームゲーム」ですので絶対勝利!


出場停止や怪我でベストメンバーを組む事は困難かもしれません

が、ここがバドン監督の腕の見せ所ですよ!

3連勝したらすべて許す!スーパーマリオに変身してくれ!)

そう言えば、も大変な事になっている。

玉田が「右足第5中足骨の疲労骨折」で全治2ケ月らしい



これは「天使の采配」「悪魔のささやき」か?

油断するなよ!玉田がいなくてもかえって怖いぞ!


それより名古屋だ!若手選手は最高のアピールの場だぞ!


*今日は立川でポスカ配布ですが、仕事で福生にいた為m(_ _)m

浦和戦応援と視察ツアー

テーマ:

今日は立川から浦和視察を兼ねてのバスツアーでした。

30名を超える方が集まり勝利に向けて心を一つにします。


浦和の町の「レッズをテーマとしたまちづくり視察」も今後の立川

ヴェルディをテーマとしたまちづくり」の為の大切な部分です。

配られた資料には浦和のレッズ度の高さがわかる内容が・・・

試合後に視察で回る箇所のチェックや商店街情報などです。

たとえば・・・

「RED VOLTAGE」というオフィシャルショップは試合の後、

赤い人達があふれるように買物をしていたが、ヴェルディのショップ

立川に誘致できないかな~等と考える。


↓レッズサポ御用達のカフェ・・・これはクラッキで対抗する!

これ以外に「居酒屋 力(りき)」は、店に入りきれない赤サポが道端

にあふれ、道路に卓袱台を並べて飲んでいる・・・あまりに恐るべき風景

に写真は取れなかった。

ここは・・・五十番に対抗してもらうか・・・


そして駅前の伊勢丹のショウウィンドウの写真

立川の北口オーロラビジョンヴェルディのプロモを流していたが、

来期も流せるようにお願いしたいと思う。

「レッズランド」の構想も素晴らしいと思うが、浦和と言う町全体が

「レッズランド」と化している。


まあ、色々とヒントはあったがクラブと2人3脚で盛り上げていければ

と思う。これから3節、そして来期はヴェルディ正念場だ!


試合の内容は、終始押し気味の展開だったが決定力、詰めの甘さが

今回も大きな敗因か・・・

一樹退場だが、危ないシーンにFWがDFラインまで必死で戻るって

どうよ?何回か一樹の良いディフェンスあったと思うが・・・

FWは点を取るのが仕事ならDFがキッチリ守らないとね・・・


ナイスセーブ!っと思ったら義成じゃなくて林さんでしたか?

手は使っちゃ駄目でしょ~・・・こちらも退場・・・


次節大丈夫なのか?後が無いぞ!

今日も前半、柏が1-0でリードしているとの情報もあった。

清水は踏ん張り一抜けし、神戸は降格決定!残留争いはとの

一騎打ちとなった。


との勝ち点差は「5」なので2試合多く勝つこと

直接対決は絶対勝つこと! ↓こんな感じで3連勝だ!

33節の直接対決が最高の山場となる。頑張れ!ヴェルディ!

   31  32  33  34
 ヴェルディ  26  29  32  35
  柏  31  31  31  31
  神戸  21  21  21   21

もう清水にはとどきません。最高に良い形でも入れ替え戦は戦わね

ばなりません。

仙台になるか・・・甲府になるか・・・そんな事より、とにかく3連勝!

本日④ ただいま~!

テーマ:

やっと帰宅!本日の総括です。


新幹線+御堂筋線と乗りついて会場である長居スタジアム到着

   


受付と長居スタジアムの宝物

ベッカム、オーエンらのユニホーム・・・

そして、Jリーグ鬼武専務理事の基調講演を聴く・・・

名前からは「のような士」的な方を想像していたが・・・

大阪のおっちゃんって感じ・・・笑

そして、分科会の前にスタジアムの見学会です。ピッチレベルに降り

たり、来賓用の部屋に入ったり・・・ベッカムも着替えた選手のロッカー

ルームを見学したり(写真が多すぎるので割愛です)

明日に向け芝を刈り込んでいた。歓迎の掲示板

分科会3に参加したのだが・・・

スポーツ、スタジアムボランティアの方が多く、街づくり的応援団と

しては、多少場違いな雰囲気もあったが意見交換を行う。

ここで、若干自分的には違和感のあることが「ボランティアの方同士

はとても友好的で和気あいあい」なのである。

日頃からMLで連絡を取り合って、チームを如何に支えていくか?

どのようにサポートするかを考えている方が多かった。


G裏の「統一応援」も重要なサポートだが、ここにもチームを支える

サポーターの姿があった。


そして、懇親会ではそれぞれのチームレプリカを着て、Jリーグが

入り乱れての雰囲気である。

①柏、大宮が隣のテーブルでクラブ担当者の☆見さん後援会の

 方を紹介してくれた・・・話題は地雷を踏まないようにお互い慎重に


②さすがにの方とは話す気になれず・・・

 参加しているには何の罪も無いんですが・・・

 特に☆見君がいる場面で笑顔でとの握手は出来ないな

 自分の心の許容量の無さを恥ずかしく思うがしょうがない。


③分科会の時、隣に座った主催のセレッソ大阪の素敵な女性サポ

 実は東京ヴェルディ1969のファンでもあり、今年3回もランド

 来ているらしい。 自分より出席率いいです・・・爆


④分科会のテーブル発表の時に「J2の大宮さんは・・・」と発表者で

 あるジュビロサポの方が言ってしまい・・・

 一瞬!地雷踏んだ~・・・静寂・・・大爆笑・・・で事なきを得た・・・


↑会場を飾る各チームのフラッグ


そして、ようやく我がホームタウン立川に帰り着きました。

「ホームタウン」=「ふるさと」じゃないかな?特に首都圏近郊において

は、「地元意識」「地域愛」「地域コミュニティ」ってものが希薄に思う。


ヴェルディを応援する事で自分達の住む町に「ふるさと意識」が芽生え

ると良いのだが・・・


さあ~明日は「浦和レッズ」を倒しに行くぞ!