阪神優勝!

テーマ:

本日、阪神の優勝が決まった。

宿敵の巨人軍を倒しての自力優勝である。


大阪の町中がお祭り騒ぎの大賑わいである。

私の近くにも阪神ファンの先輩がいるが、その人は昨日から大阪に

応援に行ってしまった。

多分、テレビに映っているような心斎橋の喧騒の中で優勝の喜びに

浸っていることと思う。


あ~、ヴェルディにもこんな日が来るのを楽しみにしている。

その時には稲城や渋谷での優勝関連セレモニーはやるだろうが・・・

立川が一番盛り上がったというような優勝パレードや祝勝会を企画

したいもんだ・・・


そのためには、目先の試合を1つ1つ勝って行く事だね。

(来年に向けて・・・J1残留祝いじゃたまらんよ!)


ジュビロ戦は「N52」入り口にFORZAテントを張って、立川イベント

参加者のチケットに観戦証明印を押すのです。

試合も大事・・・こっちも大事・・・なぜ、この試合がこんな状況下で

行われるのか、企画の段階じゃ予想だにしない出来事ですよ・・・


多くの人に応援して欲しいから開催した企画だが、純粋に応援だけ

、観戦だけを楽しめない状況は、今夏ばかりは結構つらい。


伝統のある阪神が「ダメ虎」と呼ばれることもあったが、今年は優勝

している。多分ファンの盛り上がり方は半端じゃないでしょう。

高くジャンプするときは、低く屈むものです。


今のヴェルディ、これ以上低くなれないくらい屈んで力をチャージ

しています(?)

明後日のジュビロ戦は一気に跳ね上がりましょう。





AD

VSヴィッセル神戸(J’GOAL速報観戦記)

テーマ:

どうやら神戸は晴れのようで、華麗なパスサッカーを見せるには

絶好のコンディションのようです。


えっ~! 0分に三浦淳宏って、何が起こったんだ~!

速報だけじゃ状況がわからないーーーー!

やばいよ!やばいよ!出川哲郎の声が響く・・・)

折れるな「Strong Soul」、切り替えて逆転だ~!


やった~ 30分シトンの同点弾! やはり頼りになるよ~


前半終了・・・心臓に悪いよ!  見てるほうがまだマシだ!

J’GOALって、この数字だけの速報はドキドキだ~

後半開始!


一樹慶行と交代か~、今日の一樹の出来が気になるな~

前半のシトンへのアシストに絡んだかな?



後半30分経過か・・・硬直状態?攻めつ守りつなのか?我が軍

の状態は、中盤制圧しつつも攻め手が無いのか、防戦中なのか?

マジ、いらいらするよ~ 速報が1分おきに画面に表示されるが

更新の瞬間が・・・チョ~~緊張!

(この観戦?方法は心臓には良くないが、はまるよ~!)



お~!31分ジウに代えて久しぶりに森本登場!!!!!

頼むぞ、モリ!力の限り走り回って神戸DFを撹乱してシトン

マークを引き付けてくれよ



40分、大悟を下げて平野投入か~!?

さあ~  いけ いけ



く~  42分の更新 1-1 変わらず!

絶対あきらめないで、もう1点! もう1点 もう1点

うお~! ロスタイムは何分だーーーー

ロスタイムにワシントン! 逆転ゴ---ル---!



ロスタイムの逆転を期待したが、結局引き分けですか・・・

勝ち点1を何とかゲットして、次節ジュビロ戦に向かいましょう!


ジュビロ戦立川からも多くの方が応援に行きます。

ぜひとも勝って欲しいところです。

(ホームで勝って、勝ち点3とファンを獲得しよう!)


他会場も気になります。ヴェルディが引き分けの勝ち点「24」

は、ジュビロとやってるのか・・・お~ゴンが決めてるよ

追加記事

どうやらジュビロが逃げ切ったね。柏は「27」で足踏み状態だ

から次節勝てば勝ち点では追いつくって事か・・・



残念ながら、大分が「25」 柏とFCが「27」ってことは順位は

変わりませんね。

明日、大分とFCだからどっちかは勝ち点を増やしますね・・・


我が軍の場合、同勝ち点数だと得失点差で下になるのは必至

残り9試合・・・勝ち点12~15もぎ取りましょう!

ジュビロ、アルビレックスを叩いておきましょう!


このままだと10月22日東京は、異様な雰囲気

の中での開催になりそうですね・・・

の「灰皿」などの煽りに乗らずに熱くともクリーンな応援で

選手を支えましょうね!

AD

もうすぐキックオフ!

テーマ:

あと一時間ほどで、大切な試合が始まります。

こちらは台風の影響なのか朝から雨が降っていますが、神戸は?

雨でピッチコンディションがスリッピ-だとヴェルディが得意とする

パスサッカーにとっては不利な感じでしょうか?


こんな時は、サイドからドーンと町田の高い打点のヘッドに合わせま

すか~?

先発は誰だろう?交代はいつ誰と誰が・・・

いつものアウェイ戦を待つ時とちょっと自分の精神状態?も違う試合

前です。


ヴィッセル神戸サポのブログに「ヴェルディはどんな作戦で来るの

でしょうか?引き分けで勝ち点1を取りに来るのか、勝利で勝ち点3を

目指した布陣、作戦でしょうか?」って感じの「ノーカンジ」な記事が!

うちは、引き分けなんて考えてませんよ~だ!

きっちり勝ち点3!開始のホイスッルからスロットル全開で行きます!

(頼む!油断せずにいきなりトップギアの戦闘モードで行きましょう)

あと、数時間後には「万歳」していることをイメージして・・・

AD

いよいよ明日

テーマ:

いよいよ明日に迫った「裏天王山」(←なんて失礼な言い方だ!)

ですが、選手は「Strong Soul」を胸に神戸の地へ向かったかと思

います。


そんな折、ヴェルディユースの記事をネット上に見つけました。

トップの選手に読ませたいようなヴェルディの体質?を鋭く指摘した

なかなか読ませる内容の記事でした。


以下がその記事の抜粋 asahi.com

国内 V争い、東京ヴユース軸 「森本に続け」プロを意識

高円宮杯第16回全日本ユース選手権の開幕が、23日に迫った。

9地区のプリンスリーグを勝ち抜くなどした24チームが出場する。

注目は今夏の日本クラブユース選手権を12年ぶりに制した東京

ヴェルディユースだ。J1の最年少記録を次々に塗り替えた東京ヴ

のFW森本貴幸(17)の元チームメートたち。

彼の活躍に大きな刺激を受け、「モリに続け」と全国制覇を目指して

いる。

(そうですよね~ モリは凄い存在の選手なんですね~)

■現状に満足せぬエリート

平日の午後5時。よみうりランド遊園地から、閉門を告げる「蛍の光」

が聞こえ始めるころ、隣接するヴェルディグラウンドの照明が一斉に

点灯。天然芝2面、人工芝2面のサッカー場が浮かび上がる。

山田卓、小林慶らトップの主力選手たちが練習を終えて高級外車で

帰途につくのと入れ替わるように、高校の授業を終えたユースの選手

が自転車でやってくる。


選手は37人。岩手県や佐賀県などからの出身者9人は近くの寮で暮

らすが、電車を乗り継いで1時間以上かけて通う選手もいる。

ユースの下には中学生約60人のジュニアユース、小学校高学年約

40人のジュニア、約1000人のスクール生がいる。

全年代が同じ敷地で練習する。森本はジュニアユースでのず抜けた

活躍が認められ、昨春、15歳でユースを通り越しトップへ昇格した。

(これってJチームの中でも最高水準の組織と環境じゃん!)


午後5時半。30分走からユースの練習は始まる。トップ専用の天然

芝を使うことは許されない。フェンスで仕切られた、隣の人工芝ピッチ

が練習場所だ。小学5年の森本が全日本少年大会で優勝した時の

メンバーなど、大半の選手が小、中学生時代に全国優勝を経験した

エリートだ。だが、だれも現状には満足していない。彼らの視線は、

常に「フェンスの向こう側」に向いている。

(トップでプレイする事が目標じゃなく、そこでどんな役割を担う

のか、優勝と言うものへ向かう気持ちで上がってきた欲しい)


森本と同学年で17歳のFW皆川は言う。

「ここに来ている以上、プロを目指さないと意味がない」横浜・黒滝SC

から小学6年の終わりにジュニアユースのテストに合格。中学1年で

は唯一、Aチームでプレーしていたが、すぐに森本に追い抜かれた。

「モリは練習熱心だった。体の使い方も、決定力も現時点では向こうが

明らかに上。あいつが去年プロになった時、正直悔しかった」。東京ヴ

のホームゲームはたいてい応援に行くが、顔を合わせると、サッカー

の話はあまりしなくなった。

(小さい頃から大変な思いをしてるんだね・・・楽しんでる?)


森本と小学生時代から2トップを組んできた喜山は1学年上。「年下だ

けど、自分に足りないものを気付かせてくれる存在。今でもすごく意識

している」FW喜山、MF弦巻、DF三原の高3トリオは、森本から1年遅

れで今春からトップの練習にも参加している。

来季のプロ契約を目指しているが、甘くはない。昨季、ユースからトップ

に上がった選手は1人もいない。 (これはビックリ!)

(今のユースの選手達にはそのハングリー精神忘れないで欲しい)


「ユースの連中は、いつトップやサテライト(2軍)から紅白戦に呼ばれる

か、今か今かと待っている。ジュニア(小学生)からユースまで、プロ選手

と同じ敷地で練習できる環境ならではの刺激です」とチーム関係者は

説明する。


高校の強豪に比べてクラブ育ちはボール扱いはうまいが、闘

心に欠け、競り合いに弱い。体力もない。よくそんな指摘がされる。

「技術にあぐらをかいているやつばかり」と就任時に感じた柴田峡

監督も選手を徹底的に走らせることから始めた。

(そうですか~走りましょう!目標はトップ入りでなく優勝です!)

7月、関東プリンスリーグの韮崎高(山梨)戦。6-1の大勝だったが、

課題が残ったため、直後に2時間の走り込みを課した。

完走したのはたった4人。その一人、高校3年の征矢貴は「地獄を見た」

と言った。(地獄は練習中に見ておいて下さい。・・・)


「ヴェルディという狭い枠じゃなく、各年代の日本代表になるぐらいの高

い目標を持たせたかった。身近なライバルとの比較よりも、自分の上限

にチャレンジするメンタルが大事だ」と柴田監督。

連戦の合間の走り込みは、その後も続いた。


さらに東京・帝京高の監督として全国優勝9度の古沼貞雄さんが今春、

育成アドバイザーに就任した。「帝京の子はヴェルディよりもボール

触る時間が3倍長かった。あまり恵まれた環境でやっていたら、

名犬も雑犬になってしまう」と、厳しく見守っている。

(う~ん 手厳しい指摘ですな・・・でも事実なら変えましょう!)


日本クラブユース選手権の優勝は、クラブ独特の華麗なパス回しで

収めた勝利ではなく、走り勝った成果だ。

8日間での6試合は、すべて1点差以内の勝利。

監督が理想とする「役割を固定せず、スペースに走り込む流動的な

サッカー」が定着し、強豪を退けた。

(そうですか~パスサッカーを棄てるのじゃなくプラスアルファー

どんどん身につけて欲しいです。)

(トップは泥臭くても勝ち点3を絶対取ってきて!)


全体練習が終わる午後8時すぎ。

夕食の準備が整ったクラブハウスに選手たちはなかなか引き揚げて

こない。森本が一人黙々とやっていたように、照明が消えるまで、シュ

ート練習を繰り返す選手たちの姿があった。

(君達を応援してます「努力は裏切らない」って誰かが言ってたね)

どうですか?いまのヴェルディの課題を鋭く指摘しているような記事

じゃないですか?

今月中旬から「入船茶屋」ヴェルディ応援御膳?であるところの

「四季膳プリメーラ」が秋バージョンになりました。


店長から「秋バージョンになったよ~」っと電話を頂いていたんだけど

なかなか食べにいけなかったのです。

そして、昨日ついに食べてきましたよ! 秋の味覚を!


これまで春バージョン(レポート記事はこちら)

↓サッカーボールをイメージしたご飯が心憎い演出

タイトル未設定

夏バージョン↓ (レポート記事はこちら)

↑うなぎのひつまぶしが、夏バテを吹き飛ばすって感じでした。


さて、今回の秋バージョンは・・・!

 本日はカウンター席にて頂きます。


 

まずは先付けの「冷製茶碗蒸」をサクサクっと頂きました。

そして、待つ事数分・・・遂にの気配が!

   

おー!この熨斗紙は記念品として勿論、持ち帰りです。

   

今回の焼き物は秋の味覚 「きのこのバター焼き」です。

ご飯はチラシ寿司に刺身をトッピング、煮物、天ぷら、銀杏も美味い!


どの料理も「さすが入船!」と思わせる食材とお味です。

味噌汁の具である油揚げにしても中の豆腐部分が厚い!油揚げの

袋部分だけじゃ無いんですね~っと妙なところに感心した


しかも熨斗を良く見てくださいな・・・

本来、語呂合わせもあり「1969円」に設定していた価格も・・・なんと

ヴェルディ応援価格「1,500円」です。

昼飯の1,500円はちょっと奮発って感じですが、このメニューにこの

お味と雰囲気・・・この価格は安すぎるって感じですよ!

(実際、赤字覚悟の為、4時までの1日限定20食です)


どうしても食べたいサポの方は、事前にお店に電話して、予約?のお願

いをするのがいいかも・・・


本日も「緑」立川より、食欲レポーターがお伝えしました。

そうか!楽しんでないんだ!

テーマ:

自分的に前節の「川崎戦」がワーストマッチに思えたのはなぜか?

いろいろな方のブログで「走ってない」とか「現状の認識の甘さ」とか

色々と書かれてました。


私もなぜかは霧の中的雰囲気なんですが「見ていてつまらない」

試合だったんです。

負けてるから?走ってないから?闘志が感じられないから?・・・

自分的にどれも正解だけど、なんかしっくり来ない・・・


でも、その答えが見つかりました。

「選手が楽しんでない!」

何をやってもうまくいかない、決定機に決められない、決まる

はずが相手GKに神が降臨などなど・・・

今、選手たちはサッカーをやることが苦痛になってるんじゃないか

な~空回りする気持ちと結果の出ない状況に・・・


そう思ったときに山田キャプテンのブログテーマを思い出しました。

「楽しんだものが勝つ」ですよ~


サッカーが出来る喜び、しかもトップリーグの伝統あるチームで戦

える喜び、仲間と励ましあい(責任の押し付け合いじゃなく)助け合

うことの大切さなんかが、ビシビシと感じられる試合が見たいです。


現状が現状だけにヘラヘラと笑顔でプレーしろってことじゃなくって

生き生きとサッカーを楽しんで欲しい。

多分、そんな試合が見れたなら負けたって、ずっと応援できる・・・

そんな気がします。


このところ気分の晴れない日でしたが、切り替えて!

こんな状況でもサポでいることをバッチリといつも通りに楽しみます。


頑張れ 楽しもう! たかがサッカー されどサッカー!

東京都酒造組合

テーマ:

こんなブログを発見!⇒こちら

東京都酒造組合の職員の方が、東京の造り酒屋・蔵元や新酒の紹介

をされています。


そこに遂に?「1969酒」も紹介されお披露目されました~パチパチ!


しかも記事タイトルがいかしている(←死語?)んですよ~

「東京ヴェルディファン 集まれ!! プレゼントもあるよ」

ってことで・・・(字色は緑の方がベストだが・・・青でした。)


お酒好きの多い?ヴェルサポの皆さんには、耳寄り情報満載です。

美味しい飲み方とか美味しい「酒の肴」とかプレゼントもあるようです。


「夫さん、嫁さん」 にはお奨めブログかな~  どうです?

ウイニングイレブンに初挑戦!

テーマ:

この週末23・24・25日「Cafe do Craque」 でウイイレの大会

が開催されるのは、ご存知の方も多いかも・・・

そう!「高木義成選手に挑戦 ウイニングイレブン大会」予選会です。


お子様向けに昼間の開催もあり、現在出場者を募集中です。

参加費は大人1,000円、未成年500円(確か飲食券を買う?)

しかも参加賞でダービー戦のチケットがペアでもらえる!!


とんでもなくお得な企画!

①ゲーム参加で楽しめる!⇒各日の優勝者は義成に挑戦できる!

②参加費でドリンク飲みながらヴェルディ話で気分うきうき!

③なんと東京の招待券引換証がペアで頂ける。


参加者は先着順だが、まだ空きがあるようです。(今、現在は!)

いますぐ電話⇒042-526-(東京ヴェルディ)1969

主催者側でなかったらゲームはやったこと無いけど即参加だ!

ってことで・・・やってみましたウイニングイレブン・・・


う~ん・・・こいつら(画面の選手)言う事、聞かね~

そこでシュートだ~・・・○?△?□だっけ???

あ~カットされた~っということで、自分には向かない事が判明・・・


これを機会にクラッキには「ウイイレ ゲームコーナー」が設置さ

れるようです。

飲みながら、ウイイレを楽しみ、酔った勢いで「お店のT君」に挑戦

するもよし、お客さん同士の対戦もありですね!

未来予想図①

テーマ:

昨日、某オーナー某事務局長と3人で10月10日のイベントの

チラシや注意書きを参加店配布用に仕分けするため集まってました。


この3人が集まると話題はもちろんヴェルディ話です。

まずは川崎戦の分析、反省・・・言いたい放題トーク

(監督やフロント・・・特にGMには聞かせられないかな~)


そして次節以降の分析を既に済ませていた某オーナー曰く

「残り10試合、5勝しないとヤバイね~!特に次の神戸戦柏戦

大分戦・・・新潟戦も大事だね


今までの勝率どのくらいだっけ?そのチーム残り10試合で5勝?

う~ん、胃が痛いぞ~

しかし、サポ暦の長い某オーナーは余裕で言い放つ!「あの時

比べたらまだまだですよ~最後の2試合の直接対決は異様なムード

で盛り上がりますよ~」っと目は、あの時に飛んでいる・・・・

(この「あの時」がいつで、どうだったかはお店で直接聞くべし!)


しかし、Jリーグのマッチコミショナーはこの状況が見えてたのか?

11/26に柏戦12/3に大分戦なんて残留争いの直接対決が最後

に来るなんて偶然にしても出来すぎてるぞ~


異様な盛り上がりもハラハラ、ドキドキもいりません。

次節以降5連勝で、このストレスを取り去ってください!


この後、ワイワイと話された「未来予想図」は書けません!言えま

せん!今はただ、次節の完勝を願うだけです。

いつでも、どんな時でも立川我々は、応援するぞ~

チアブレス

テーマ:

「例の」川崎戦から3日が経過し、色々な方のブログを拝見しました。

内容の強弱はありますが、皆さん無くしてしまった「Strong Soul」

を捜し求めているような・・・

そう! 「絶対に勝つ!」 この何よりも大切な気持ち


自分自身もあの試合以降、モチベーション下がりっぱなし・・・じゃ

いけないよね!

選手が苦しい時、闘志が空回りして勝てない時、(気合の入らない時

?)・・・そんな時こそ「Cheer」が大切、今以上に大事


読者の皆さんこれ買われたのでは?

中年オヤジ(気持ちは万年青年だが)的には、ちょっと気恥ずかしい

代物だが、着けましたよ!(自分を鼓舞する意味でも・・・)

この「チアブレス」・・・ご丁寧に日付まで入ってる。

「2005.9.17」 自分的には伝説的に不甲斐ない試合の日

何年か後に、優勝したチームを前にふとこのブレスを見て「あんな日

もあったんだな~」って思い出したいね・・・


「2005.9.17」は、良いも悪いも「ターンニングポイント」のような

気がします。

選手・クラブ・チーム・サポーターそれぞれにとって、意味ある日だった

ような気がするんです。


次の神戸戦は、あちらも今から危機感を持って準備しています。

選手・フロント・サポ・地元商店街の方などなど総動員で「必勝チラシ」

を配って応援に来てくれるように呼びかけるらしい。


中心選手も6人くらい参加でのチラシ配りとは!

「勝てないんだから練習しろ!」っじゃなくて、こういった活動を選手

にさせることで試合へのモチベーションや危機感を肌で感じさせたり、

逆に応援してくれているサポーターの気持ち直に伝わるんじゃ

ないかな!?


特に技術面では優れているのに「SOUL」的に勝てないようなチーム

選手には有効かも・・・??!!東京の前にでもやりますか?


間違いなく、相手は試合開始のホイッスルと共にスロットル全開です。

移動の時差ぼけ?なんか感じてたら開始早々にやられてしまうので気

を引き締めていきましょう!


無くしている「何か」を持ち帰ってください!

ジュビロ戦FC立川方面から大動員ですので3連勝を!