2007-09-26 22:01:02

IPOマーケットを取り巻く反社会勢力の罠 10

テーマ:リスク事例

メディカルイクィップメント社は順調に成長し、私も安心しながらも第2回の本格的な資金調達のファイナンス時期を迎えようとしていました。


ある日、島村社長とのミーティングの際にどうもいつもと雰囲気が違うのです。
問いただすと、第2回のファイナンスは銀行だけに割り当て行うと、柏原取締役が言って梃子でも動かないと言うのです。
私も、そんな酷い話はないと、あれだけ協力してやっていこうと話をしたのに、今回は割り当てなしは無いと不満をぶつけました。

しかし、商社はどうしても銀行借り入れが多く、基本的には銀行との縁を大切にします。
申し訳ないと島村社長に頭を下げられ渋々諦めました。
第2回の第三者割り当の割当先は銀行だけなので社内でも仕方ないという形になりました。

しかし、このときから少しずつメディカルイクィップメント社の歯車はずれ始めていたのでした。



月に一度、メディカルイクィップメントに社月次試算表をチェックに行っていた時のことでした。
月次試算表というのは、一月単位で決算を締め、月単位で会社の状況チェックする為作る損益計算書と貸借対照表のことです。

その月次試算表で前月から気になっていた未収金の40百万円がそのまま残っていることに気付きました。
それについて、島村社長に尋ねると回収が遅れているが問題はないとのこと、その時はその言葉を信じました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

venturecapitalさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。