2006-01-31 10:10:52

IPOマーケットを取り巻く反社会勢力の罠 2

テーマ:ベンチャー

日を跨いで、何度か同じようなやり取りの後、島村社長に電話が取り次がれました。

私は自分がベンチャーキャピタリストで、将来株式公開が狙えるベンチャー企業を探していること、それがまさに今見つかり、貴社であり、一度社長と会って話がしたいと伝えました。


島村社長の第一声は株式公開はあまり考えてない、会っても無駄になると言うようなものでした。

私はこの機を逃してなるものかと、食い下がり2日後の午前にアポイントをもらうことに成功しました。



アポイントの当日、JR稲毛駅からバスで10分くらいの停留所に降り立った私は、地図を片手に周りを見渡しました。


会社はすぐに見つかりました。1階が駐車場兼倉庫になったビルで、受付は2階にありました。

受付では先日の電話ではなした人だと思われる若い女性社員が立ち上がって迎えてくれました。

島村社長にアポイントがある旨伝えると、隣の建物へ案内されました。

部屋には机が三つと応接セットが一揃い。一番奥の机に島村社長だけが座っていましたが、私を見ると立ち上がって、「遠かったでしょう?」と名刺入れを出しながら笑いかけました。



ソファーに腰掛け、私は自社の紹介、昨今の株式公開状況、株式公開のメリット、デメリット等をここぞとばかりにしゃべりまくりました。

島村社長は真剣にその話を聞いたあと、メディカルイクィップメント社の事業内容について語ってくれました。


人工透析器の商社で、海外の医療機器のメーカーや、国内大手メーカーから仕入れて、病院に販売をしており、医師への最新機器のコンサルや、手術の立会いなど、単なる販売で終わらない付加価値を売りにしていました。また、3期連続増収増益であること、今期も順調に伸びていることを聞かされました。


島村社長は自分の事業は全て社員が頑張ってくれているからだと強調していました。

今でも私はそのときの誇らしげな顔が忘れられません。

私にとっての島村社長の第一印象は非常に良い物でした。


「取り敢えず、今は株式公開は考えてないけど、定期的に話し聞かせてよ。」

その日はそんな言葉で終わりました。


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-30 16:14:16

IPOマーケットを取り巻く反社会勢力の罠 1

テーマ:リスク事例

それは、ベンチャーキャピタルとか、ベンチャービジネスという言葉がまだまだ一般的でなかった時代です。


私は証券会社の営業から系列のベンチャーキャピタル会社に出向して間もないときでした。


毎日、色々な新聞や専門誌に目を通し面白いベンチャー企業はないかと探したり、帝国年鑑という辞書を巨大化したような本をめくって面白そうな企業探したりしていました。

因みに帝国年鑑と言うのは帝国データバンクが作っている企業のデータベース年鑑です。


その帝国年鑑の千葉県のページの中に私の目を引く企業がありました。

株式会社メディカルイクイップメント(仮名)という医療機器の卸で、年商24億円、経常利益175百万円という業績が私の目に止まりました。


私は後でコピーが取れるように、そのページに付箋を張ると更にページを繰っていきました。

数枚のコピー紙を机に並べ、会社の内容をチェックしていました。

メディカルイクイップメントは資本金が50百万円、従業員45名、独立系、仕入れは大手医療機器メーカー、売り先は病院が中心。

社長の名前は島村高志、年齢45歳。会社の所在地は千葉県稲毛区。

私は目の前のビジネスフォンに手を伸ばし、コピーに書かれた電話番号をダイヤルしました。

「お電話ありがとうございます。メディカルイクイップメントです。」と受付の若い女性の声が受話器から聞こえてきました。


電話対応も良い会社を見抜く上で重要です。社員教育がしっかり出来ている会社は電話対応もしっかりしています。


島村社長への取次をお願いすると「現在外出をしておりまして、宜しければご用件を受け賜りますが。」と返事が返ってきた。私は簡単に用件を伝え、再度電話をかけますと残して電話を切りました。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-01-27 09:47:13

IPOマーケットを取り巻く反社会勢力の罠

テーマ:リスク事例

今、ライブドアの問題が資本市場に大きな影響を与えています。

株式交換を利用したM&Aに投資事業組合を挟むことで、虚偽の開示を行ったり、粉飾決算をした疑いです。

 

また、この裏側に反社会勢力の影や、香港にいる日本人金融ブローカーが裏で糸を引いているいう噂まであります。

 

ライブドアの一件について私見を語るのはこのブログの趣旨に合わないことですので控えますが、以前私が駆け出しベンチャーキャピタリストだった頃経験した、反社会勢力に弄ばれ、消えていったベンチャービジネスのお話を何回かに分けてお話していきたいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-01-19 16:41:58

友人の死

テーマ:時事放談

友人が亡くなりました。


証券会社の同期で一緒に仕事もしました。

その後、二人とも何度か転職をして、また仕事の場で再会しました。

彼はどんどん成功して偉くなっていました。
元々はまじめで謙虚な人でした。
再会したときは少し足元が見えなくなっているような気がしました。

でもあんな死に方をする必要があったんだろうか。

本当に大切なことは何か、絶対に見失わずに生きていきたい。
また、周りの人にも見失わせたくない。

38年間の短い人生、彼はどんな思いを胸に抱いていたんだろう。


つい数ヶ月前も、会社にお邪魔してガラス張りのミーティングルームで同窓会みたいな馬鹿話をしました。


嘘みたいです・・・。

どんなことがあったかは分からないけれど・・・ゆくっり休んでください。


心からご冥福を祈ります。


これを機会にブログを再開しようと思います。


僕なりに出来ることをする為に・・・。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。