ダメダメ就活生、成功への軌跡。

就職活動で目覚めた、元ダメダメ学生のblogです。 このblogが、成功への足跡となるように頑張っています。


テーマ:

小学校1年のときの思い出なのに、やけに鮮明に覚えていることがある。


1輪車レースのことだ。


クラスでやってたんかな。

そこは思い出せないけど、とりあえずメチャメチャ早い奴がいた。

N君。なぜかフルネームで覚えている。

その子は1年か2年のときに転校していったから、同級生のみんなもほとんどその子のことを覚えていないと思う。

なのに、なぜかフルネームで覚えている。


1輪車でぐんぐん進んでいく姿が忘れられない。

かっこよくて、うらやましかった。


ぼくは1輪車に乗れなかったから。


ここから自分のなにが分かるだろう。

古すぎる思い出はあんまり自己分析の役にはたたないんかな?


負けず嫌いだからこんなに鮮明に覚えているのかも。




何年生の頃か覚えてないけど音楽会の思い出がある。

多分低学年のころだと思う。


学年全員でリコーダー演奏するはずだった。


ぼくもリコーダーを持って舞台に立った。


当時の親友とじゃれあいながら舞台に上がったのがいけなかった。

あろうことか、リコーダーのさきっちょの吹く部分が丸ごと足元のすきまに落ちていった。

まじで焦ったのを覚えてる。

拾うことは考えられなかった。

すぐに演奏がはじまってしまうから。


ぼくは仕方なしにさきっちょの無いリコーダーにかぶりついた。(イメージしにくいかも。すみません。)


当然いくら指を動かしても音は出ない。


マジで苦痛な数分間だった。


観客の保護者たちも

「なんじゃ、ありゃ?」

って思ったことだろう。


ぼくは辛い経験は必ず自分の成長につながる!と思っているけど、このことは例外だ。


笑い話にはなるけど。


このことを覚えているのはプライドが強いからだろうか。




2年生のころの思い出。


親友ととにかく仲が良かった(さっきじゃれあっていたと書いた親友と同じ)。

ぼくは小学校2年生で、なんか気持ちツッパってた。笑

その親友がとにかく喧嘩が強くて、ぼくは後々気づかされたけど大して強くもないのに自分はNO.2だと思ってた。親友は今考えても間違いなく当時はNO.1だったと思うが。


で、なんかかっこつけて廊下を闊歩してたのを覚えてる。


どうでもいい思い出だけど。


とにかく負けず嫌いではあったな。


話が中学のときに移るけど、友達にやたらと負けず嫌いやなーと言われた。なんかわざと叩いたりしてきて叩き返してたらそう言われたことをすごく覚えている。


でもそれを機に叩き返さなくなった。

友達が叩いてきて叩き返さなかったら「あれ?叩き返してこーへん。」って言ってた。


なんで自分を変えようとしたのかと考えた。

多分、自分をこういう人間だ、と決め付けられることが嫌だったんだと思う。

自分自身に「俺は負けず嫌いじゃない」って言い聞かしてたかもしれない。

そう思い込もうとしてた。

今、自分が負けず嫌いだとはっきり言い切れないのは、そのことがあって、自分で膜を張ってるからじゃないかと思う。


完璧な人間になりたいと思い、認めたくない部分は心の奥に閉じ込めようとしていたのかも。


んー、自分の行動でもなんでその行動をとったのか断言できない。

自己分析って難しい・・・。



今日の日経


「アバクロ」日本進出


米有力カジュアル衣料専門店アバークロンビー・アンド・フィッチは2007年をメドに日本に進出する。


アバクロはぼくが一番よく買うブランドなので、この記事に食いついてしまいました。


ポストCD幕開け。アップルコンピュータ8月日本上陸


アップルコンピュータは「iPod」を武器に、インターネットによる有料音楽配信サービスを開始する。



もうCDの時代は終わっていくかもしれないな・・・。

ぼくもそろそろアイポッド買おうかな。何円くらいするんだろ。


サウジで女性の自転車運転解禁!?


解禁運動があるんだけど、それに宗教界が反発しているらしい。

社会全体の抵抗感も根強く、段階的に認める案などが浮上している。


ぼくは完璧な無宗教で神を崇めるという考えをほとんどもってないので、生活が便利になるのに禁止とかもったいないな。なんて思ってしまう。


宗教を大事にする人の気持ちも分からないではないんですけどね。


まああえて言うなら自分の大学に誇りをもってキリスト教かな。



いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

メロがよくしゃべるようになりました。


なんかポジティブなことしゃべってたら嬉しいんですけどどうやらべんた(うちのメロ)のお気に入りは


「でおくれ」


という言葉のようです。


「でおくれだ!」

とか

「やってくる出遅れ!」

とか・・・。


思わず笑ってしまうけどちょっとやめて欲しいです。笑



えっと、古い記憶から思い出書き出していこうと思いまーす。


ぼくの持つおそらく最も古い思い出。

推定3歳。

父親に連れられて保育所の入所式?へ。

おそらく初めて行ったときだと思うんですけど、ぼく、号泣してました。必至に保育所のなかに入ることに抵抗してました。恥ずかしかったんでしょうね。

今も若干恥ずかしがりです。笑

3つ子の魂100までって言うしね。

んなこたねーだろってよく思うんですけど。


次の記憶は年齢は不明。3~4歳?

おちん☆んをドライアイスにのっけるという事件発生。

意図的にのっけたようだ。

好奇心旺盛でどうなるのか試してみたかったんだろうね。笑

そのあとなかなか腫れがひかなくて大変だったみたいです。

「ほら、なおったよ~」

って保育所の先生に見せていたという記録が残っています。


次は母から聞いた話。

これも多分3~4歳くらいだと思われる。

普通の子供は注射を異常なほどに怯える。

ぼくの姉も同様で泣きまくり親の手を焼かせたらしい。

ぼくは、、、

無反応。

刺されてることに気づいてないのか!?

と思うほどに。

母は心配になったらしい。


なんだか面白い思い出探しになってきてしまった。

しまった・・・。


次は小学校からの思い出にします。


あと小学校以前のおもいでラスト!


書物に残されている私の名言。


「おちょとのでんき、だれがけちたの?」(お外の電気、誰が消したの?)


かっわいー!

想像力豊かな子ですね☆笑

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。