無理をするのやーめた!私は私。

はいからさんが通るの紅緒さんをリスペクト。

ダイエットとか、女子力UPとか、空気を読むとか、セルフブランディングとか…本当はめんどくさいとカミングアウト。マニュアルに翻弄されずに、魅力的な女性になりたい、venio次女のブログ。

ブログをご訪問くださいまして、ありがとうございます。ヴェニオ次女です(*^▽^*)

二つの会社の社長になってしまったヴェニオ次女が、
なりたい自分で起業をしたい人の為に、好き勝手にブログを書いています。

無理をするのはやーめた!私は私。
あなたはどんなビジネスのカタチを目指しますか?

ご興味のある記事が見つかれば幸いです。今後ともよろしくお願いいたします。
サイトマップ(目次)

このブログがきっかけで、新しい事業を始めました
コンセプトは「紅緒さんのような魅力的な女性を応援する」
ちょっと覗いてみてください♪



ブログランキングにも参加しています。
応援ぽち押してくださると、飛び上がって喜びます。







テーマ:

こんにちは~

 

ヴェニオ三姉妹の事業ストーリーメイカー ヴェニオ次女こと、えむこでございます!

 

 

さて、あっという間に8月になってしまいました!

 

事業を始めて8カ月。

8月はヴェニオ三姉妹にとって、かつてないほどの

 

大!繁!忙!期!!

 

 

いやいや、今までも大概、繁忙期を乗り切ってきましたが、

「かつてないほど」でございます。

 

スケジュール帳を眺めながら・・・

( ;゚─゚)ゴクリ

 

大丈夫か?自分・・・?

って思っているのはきっと私だけではないはず・・・

 

というのも

 

スポーツクラブNAS様のご厚意で

Tea of Vénio! №12の

試飲会&即売会をやらせていただくことが決まったからです!

 

キター Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒(。A。)!!!

 

 

 

先日から各店舗様にご挨拶と打ち合わせに伺っております。

 

スポーツクラブNAS様、

本当に施設も充実しているし、

スタッフの皆さん、気持ちの言い方ばかり~ラブ

 

 

すごく楽しみにしています!

 

 

が・・・!

 

 

なんといっても方向音痴の私たち・・・

 

「地名」「店舗名」を見ても

どこと、どこがどんな位置関係にあるのかさっぱりわからず、

担当者様とアポイントをとるものの、

一日2~3件の打合せが入ると、

 

首都圏を北へ東へ南へ西へ・・・

 

「ここはどこなの?」的な?

千葉なの?埼玉なの?あ、神奈川だったんだ・・・?的な。

 

 

 

 

乗換案内アプリにすっかり依存している有様。

 

 

 

ポケモンGOをやっていたら、めっちゃ卵が孵化するんじゃなかろうか?

(やってないから意味ないけど)

 

 

 

そういえば、昔、

横浜の地下鉄に乗って、未開の地に出かけたときに、

帰りにスマホがブラックアウトしちゃったら、

 

ん?あれ?

 

乗換案内がないと

右も左もわからん・・・

 

((((((ノ゚⊿゚)ノ

 

 

そこからまた都内に移動だったので

どうやって目的地に言っていいかさっぱりわからず、

 

めっちゃ大回りすればいつかは着くんだろうけど、

そんな時間的余裕はなく・・・

 

 

「あの・・・○○駅に行きたいんですけれども

どうやっていけばいいか教えていただけませんか?」

 

と駅員さんに聞いたら、

 

「他の路線のことはわかりません」

とか言われて

 

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!!

 

なんでそんなに意地悪を言うんだよ~!

スマホがないから連絡先もわからず、

メンタルめっちゃやられていて、

 

こんなに!こんなに!

 

困ってるのに――――!!!

 

Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

 

って八つ当たりしそうになってしまった事件がありました。

 

 

その時に、

 

「乗換案内に依存しすぎると、

えらい目に合う・・・。

自分で覚えようという気概が必要なのさ!」

 

と固く決意したはずなのに・・・

 

 

 

IMG_20160803_120901935.jpg

【東京近郊路線図】

 

 

これを見ると、自分の決意がどれだけ

実現可能性のない決意だったのかを知って途方に暮れる有様です・・・

 

 

ま、久しぶりの投稿なのに、

ブツブツ言い訳っぽいことばっかり言っておりますが、

 

東京近郊ではございますが、

普段はネットでのお買い物になっていますが、

今回は送料なしでお買い上げできるチャンスでございます。

 

 

数に限りがありますので、

以下のお時間を確認の上、

スポーツクラブNASの会員の皆さま、

ぜひお立ち寄りくださいませ~

 

 

 

 

8月4日(木) 15時~  NAS聖蹟桜ヶ丘
8月5日(金) 13時~  NAS戸塚
8月6日(土) 12時~  NAS武蔵浦和
8月8日(月) 11時~  NAS湘南台
8月17日(水)12時~  NAS西船橋
8月19日(金)11時~  NAS南林間
8月24日(水)11時半~  フィットネス&スパNASリバーシティ21
8月25日(木)12時~  NAS川越
8月26日(金)15時~  NAS大崎
8月30日(火)11時~  NAS新鎌ヶ谷

 

 

 

Tea of Vénio! №12の詳細はこちらです。

 

 

熱中症予防にも大変効果的なルイボスを

ブレンドしたリーズナブルなお茶ですよ~

 

 

どうぞよろしくお願いいたします!

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんばんは~

 

ヴェニオ三姉妹の事業ストーリーメイカー ヴェニオ次女改め、えむこでございます。

 

感想もいいけど、ヴェニオ次女書き下ろし物語も

どうぞお読みくださいませ~

 

※第一話から第八話まで

1.とりあえずチラシと呼ばれて。~勇者のチラシにおれはなる第1話~

 

 

では、豊臣家に陰りが見え始めて

イヤーな感じになってきた真田丸!

 

なんかさあ、そろそろ、呼び名をどうしようか考えるわけですよ。

 

パパ=昌幸=安房守

源三郎クン=信幸=伊豆守=豆州=まめっぽ

源次郎クン=信繁=左衛門佐=幸村

 

めんどくせ・・・(;・`ω・´)

書いててめんどくせ・・・

 

読んでる人も混乱するんじゃね?

ってことで・・・

 

今日のところは

 

昌幸は「パパ」

お兄ちゃんは「まめっぽ兄ちゃん」

主人公は「おれが主役だ信繁」

 

でいこうかな、と思いますよ。

 

これだったら間違えないもんね(^∇^)

 

 

 

今日も元気に真田丸第29話「異変」あらすじ(ネタバレ)、感想言ってみましょう!

 

 

IMG_20160724_185118301.jpg

 

関白秀次の死の後、

秀吉は伏見に政治の拠点を移す。

大名たちも伏見に移り心機一転を図ったが、

それはさらなる異変の前兆でもあった。

 

 

☆真田家、うちうちのあれこれ。

 

 

さておれが主役だ信繁くん、大谷刑部の娘「はる」と晴れてご結婚!

 

なんかさ、みんな、お梅(黒木華)に似てる似てるって言ってるけど、

 

似てるか???|д・)チラッ​

 

似てないよね~?

似てる?

 

ま、それはいいとしても。

 

 

どうやらこの「はるさん」

治部の話によると、なんか問題ありそうですけど?

 

 

それよりも、あれですよ。

 

薫さんですよ。

 

菊亭晴季(きくていはるすえ)の娘、とか言っちゃってるけど、

「うそ」だったようで、単なる侍女・・・

 

Σ(~∀~||;)

 

そんなん、ありかよ???

 

 

パパの奥さんは、「経歴詐称」

まめっぽ兄ちゃんは「前の奥さんを侍女(現在愛人)として住まわせ」

おれが主役だ信繁は、「シングルファザーだということを、隠して再婚」

 

(( ;*д*))o=3=3

 

真田家、どーでしょ――――!!!

現代だったら、ワイドショーとTwitter大騒ぎ!!!

 

 

客観的に見ると、問題ありありですぞ~(ノ)゚Д゚(ヽ)

 

 

・・・それと、ちょっと下世話なお話で言いにくいんですが・・・

 

話の本筋と全く関係ないので、別にいいっちゃいいんですけど、

 

初夜に「寝ようか」っつって

「手を繋いでよろしいでしょうか?」って・・・

 

えーと・・・

 

不自然だと思うんですが、これいかに???

 

そんなことないの?

これ自然なこと???

 

っつーか、なぜにわざわざこの場面を挿入???

 

なんかの伏線なの???

 

 

 

それに比べて、パパの方は・・・

 

伏見城の普請は、まめっぽ兄ちゃん任せで、遊郭でいちゃいちゃ。

 

「まだ日が高うございます」かなんか言われちゃって。

「おてんとさんが、なんぼのもんじゃ」って。

 

よっ色男!!!

なんて言葉を期待してんじゃないでしょうね――――。

 

 

いわねーよ!? (# ゜Д゜)∂ 

 

現然たる息子夫婦が「手を繋いで寝ている」というのに、

パパったら、昼間っから・・・恥ずかしくないの――――!?

 

私も、出浦さんや猿飛佐助と

同じ気持ちですからねっ!

 

ε=ε=(#`・д・)/ コラァー!!

 

 

薫さん、やっつけてやれ!!!

 

 

でもって、まめっぽ兄ちゃんですよ。

 

もうあれこれ「真田丸どうでしょう」という感じで

苦労が絶えないお兄ちゃん。

 

癒しを求めて「おこうさん」の元に通い、

そこから帰ってきて、どんなに責められるか・・・とビビっていたら

 

今度は稲姫に抱きつかれ・・・

 

 

モテ期到来!

キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!​

 

 

あっという間に、「おこうさん」にも「稲姫」にも子供ができるという・・・

 

 

わが世の春!!!

 

 

おめでとう!

 

二人の間に挟まれて「真田丸どうでしょう」は続くとは思いますが、

 

めでたいよ!

 

 

 

 

 

 

☆老いる秀吉その1 お粗相の巻

 

 

秀吉はすっかりおじいちゃんになりまして、

 

自分が死んだ後のことが心配で心配でしょうがなくて、

悪夢まで見ちゃって

 

ついには・・・「お粗相(寝ションベン)」

 

こんな時も、活躍するのは、治部とおれが主役だ信繁。

 

確かにね~

秀吉がおねしょなんて大変なことで、

そんなお布団の始末どうするの?っていうのは

確かに、大問題かもしれない。

 

しれないよ?

 

でもさ~

あの「いい人の塊」の片桐さんを嵌めるなんて、

 

本当にかわいそうじゃん。

 

片桐さんなんて本当にいい人だし疑うことを知らないからさ、

 

「俺ももう年とっちゃった、寝小便するなんて・・・」って胃が痛くなっちゃってるじゃんさ。

 

かわいそうじゃんよ、本当にもう。

 

 

 

☆老いた秀吉その2 髭が薄くなるの巻

 

 

髭も薄くなったから、付け髭にしているわけですが・・・

 

 

髪の毛と眉毛と髭の色があってません!

(((゜д゜;)))

 

治部!腕のいい職人手配して!

 

金箔だらけの部屋にするくらいだったら

髭にも、お金かけて――――!!!

 

 

 

☆老いた秀吉その4 味覚がおかしくなるの巻

 

 

北政所が秀吉に、昔好きだったものを

一生懸命手作りしているっていうのに、

 

「まずい」

「くさい」

 

とひどい言いよう。

 

しかも「そんなもの食べたことない!」

 

進んでます・・・心配です…ボケ。

 

 

 

☆老いる秀吉その4 完全にボケてます・・・の巻

 

 

同じことを何度も言う

 

という症状に侵されているらしい秀吉。

 

おれが主役だ信繁はそのことを治部に言うけど、

治部は「前からそうだったよ」と認めたくない様子。

 

そりゃね、そうかもね。

自分が尊敬しまくっている人に「老いた症状」が出るって言うのは

認めたくないかもね。

 

それと、そんな噂が立ったら、大変なことになるしね。

 

治部の立場としてはそういうかもしれん。

 

 

しかし!

 

「拾いが元服するまでは関白は置かん」

 

ま、これ、今日の放送で4回聞いたけれども、

 

①治部とおれが主役だ信繁に、

「拾いが元服するまでは関白は置かぬと決めた。

それまではお前たち奉行衆が相談の上、政(まつりごと)を行え

という。

 

 

②家康に

「わしは政の仕組みを考え直す時が来たと思っている。

わしが隠居した後も、

拾いが元服するまでは関白は置かぬと決めた。

政は徳川殿を要とした大名たちの合議で進めていってほしい

 

 

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー!!

話が違うやんけ――――(by治部&おれが主役だ信繁)

 

 

③もう一度読んだ家康に

「徳川殿を呼んだのは他でもない。

拾いが元服するまでは関白は置かぬと決めた。

わしが隠居とした後は、

政は徳川殿を要とした大名たちの合議で進めていってほしい

 

∑ヾ( ̄0 ̄;ノ

 

同じこと言ってる~

 

一同、驚愕!!!

 

 

殿下は大丈夫か?

って誰もが思うわな・・・うん、まじで。

 

それにしても、今回は前田利家がちっとも出てこないからね~

なんかもう、一人だけ老いちゃった感、半端ないよね。

 

 

④それでもって・・・また後日・・・治部とおれが主役だ信繁に

「徳川殿を呼べ。

色々考えたことがある。

わしが隠居した後、拾いが元服するまで、

政は徳川を要とした大名たちの合議で進めていくことにした

 

やっぱり・・・?同じこと言うわけね?

 

(;・`ω・´)

だめだこりゃ・・・

 

その旨はすでに徳川殿に伝わっておりまする。

殿下がすでに徳川殿にお命じになりました。

更に申せば、殿下はそれ以前に

政は大名たちに任せずに、奉行で取りまとめるようにと

私にお命じになりました。

 

治部、、、言ったね。

うん、もう言うしかないね。

 

 

 

 

わしは、壊れてしもうたのか?

捨てが元服するまでは生きていたいんじゃ!

 

 

Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)​

 

なんて言った?

 

捨て」じゃなくて「拾い」なんですけど!

 

 

 

わしは死にとうない――――!!!

 

 

いかんばい、こりゃいかんばい・・・( ´>ω<`)

 

 

 

 

 

☆奥様達の反応

 

 

自分の旦那様がボケちゃうとどうなりますかね?

 

 

北政所はできるだけ「鷹揚」に構えようとするも、

やはり動揺は隠せず・・・

 

茶々は

「拾いに老いた姿を見せたくない」

「思い出の中の父親は、威厳に満ちた天下人でなければならない」

「老いさらばえたみじめな姿は見せたくない」

 

お方様がお大事にされるのは

何よりも拾い様のお気持ちにございます。

 

だーかーらー

できるだけ遠ざけたい。

 

 

Σ(゚∀゚ノ)ノキャー

さすが、チャチャチャ・・・

 

ぶれない女!

 

 

 

 

おれが主役だ信繁とまめっぽ兄ちゃんの会話

 

 

大谷刑部にも、絶対殿下の病状を誰にも悟られてはならない、

と言われている、おれが主役だ信繁。

 

まめっぽ兄ちゃんに「殿下の様子」を探られても言おうとしません。

 

おれが主役だ信繁は「殿下が死んでも」

今までとは何も変わりなく、治部達、直臣が豊臣を守る、

 

と言いますが、

 

まめっぽ兄ちゃんは・・・

 

わしはそうは思わん。

どうなるかはわからんが・・・

もし世が乱れて、徳川につくことがもし真田に利するなら、

俺は迷うことなく、徳川につく。

 

源次郎、お前はいささか、豊臣家に深入りしすぎた。

お前は真田家のために太閤殿下のお側にいるんだぞ。

 

それを忘れるな。

 

もう一度尋ねる。

殿下のお具合はどうだ?

 

 

・・・さーさー。おれが主役だ信繁どうする????

 

 

何も変わりはございません!

 

 

そーきたか――――

そうくるのか――――

 

そうなのか――――

 

それを聞いた、まめっぽ兄ちゃん。

 

 

全ては真田のためだ!( ̄^ ̄)

 

ε=ε=(ノ≧∇≦)ノキャー

モテ期が来た男は言うことが違う!

 

 

そろそろね・・・

もう伏線どころの話じゃないですよね。

 

クライマックスに向けてガンガン行っちゃう感じ?

 

 

つーか、もうこういうセリフが出てきてるのに、

 

おれが主役だ信繁の存在感がなさすぎるんですけど、

 

大丈夫ですかっ!!!

 

 

なんかそろそろ、「おれが主役だ」ってわざわざ言わなくても

「完全に主役ですけど何か?」ってくらい存在感出さなきゃまずくないですか?

 

これなに?私だけの感想なのかな?

 

心配だよ、マジで。

 

 

 

☆その他

 

きりも今回、いろいろやりました。

 

秀次が死んじゃって元気がない、きり。

細川ガラシャの所にお使いに行きます。

 

おれが主役だ信繁にしろ、きりにしろ、

なんだか「登場する場所を無理やり作ってもらってる」感じが否めんの~

 

おれが主役だ信繁くんの奥さんの春さんには

「どこへ行っても、うっとおしいと言われる、きりさんですね?」

とか言われるし、まあ、もう無理やり感ハンパなし!

 

なんとなく、キリシタンに傾倒しそうな感じですけど、

 

どーでもええわ(。・ε・。)

 

 

あとは、薫さんに浮気がばれて

もーなんかむちゃくちゃな感じになったパパですが、

 

急に伏見城の普請に本気を出し、

 

難攻不落な城計画を立てます。

 

その方法にみんな「さーすーがー」と感心!

 

ええ、そう、

 

わしは真田安房守昌幸( ̄^ ̄)​ですから!!!

 

って感じですが・・・

 

 

マグニチュード8の大地震が!!!!

 

 

伏見城壊れた~ウワァァ━━。゚(゚´Д`゚)゚。━━ン!!

 

 

 

☆まとめ

 

 

太閤秀吉の最後が近づいているそうです。

 

本文中にも言いまくりましたが・・・

 

このドラマ、面白いよ?本当に面白いと思っているけど・・・

 

 

堺雅人、どうする????これから???

 

 

って思うのは私だけでしょうか?

 

うん・・・もうそろそろ、なんかいっちゃって欲しいわ・・・

 

 

今日も長々お読みいただきありがとうございました!

 

 

おー、9時に間に合った~

これからロッキード見なくちゃ(^^♪

 

 

 

 

 

 

これまでの真田丸感想まとめ

 

 

 

あ、ヴェニオ次女の書き下ろし物語もよろしく!

 

ぜひお寄りくださいませ~

 

├勇者のチラシにおれはなるの記事

 

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

クリックお願いいたします~(^^♪

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます!

 

ヴェニオ三姉妹の事業ストーリーメイカー ヴェニオ次女改め、えむこでございます。

 

 

とうとう今日で最終回!

 

最後までお楽しみいただけるとうれしいです。

 

 

今日も張り切って、物語りましょう!

 

 

 

◆目次

1.    とりあえずチラシと呼ばれて。
2.    勇者のチラシに おれはなる!の扉を開く    
3.    ぎっしりチラシくんとファーを巻いたチラシちゃん    
4.    おばあさんのビフォーアフター    
5.    恐怖のごみ箱ゲートとマッサージ佐藤広子    
6.    過酷なトーナメントを突破する要素とは    
7.    最強レシピを手に入れたい

8.   勇者のチラシにおれはなる!ゼミ

 

最初からお読みになりたい方はこちら→→勇者のチラシにおれはなる目次

 

 

最終話 勇者のチラシにおれはなる!

 

「では、みなさん、
 これから3問のクイズに答えていただきます」

 

にっこり笑って、共感デザインのマジーが4人を見回して言いました。

 

 

「いいですか?

 

次のロゴが何のロゴかをあててもらうクイズです。

 

どう?みなさん、ロゴには詳しい?」

 

 

「僕は・・・あんまりブランドとかには詳しくなくて・・・

お母さんもブランドには興味がないので・・・」

 

ロゴと聞いてがんばるチラシくんはビビってしまいました。

 

 

「そう・・・大丈夫かな?

 

一応、3問中2問正解すれば、勇者のチラシにおれはなる!の

参加資格が与えられるってことにしようと思っていたんだけど・・・

 

んー・・・どうしよう、マッキー。

ちょっと厳しいかな?1問正解でもOKにする?」

 

 

「そうですね。

じゃ、4人で相談しても大丈夫ってことにしたらどうですか?」

 

 

「さすがマッキー、その方がいい!」

 

 

・・・難しいんだろうか?大丈夫だろうか?

 

がんばるチラシくんは田舎者の自分が足を引っ張るんじゃないかと

ドキドキしました。

 

 

「じゃ、3問中2問正解で、参加資格が与えられるクイズにします。

そのかわり、4人で相談してもOKです。

 

落ち着いてゆっくり4人で相談して、

納得のいく答えを出してくださいね」

 

 

「は、はい」

 

まだ、勇者のチラシにおれはなる!に参加することを決めたわけではないけれど、

ゼミへの参加資格がなくなるってことだけは避けたい。

 

4人は掌にじっとり汗をかくのを感じました。

 

 

 

 

 

「では、いきますね。

 

第1問です!

 

このロゴが何かわかりますか?」

 

 

 

 

「イケ〇?」

 

4人でゆっくり相談してもいいはずなのに、

ぎっしりチラシくんが即答。

 

 

「正解です!すごい!」

 

マジーが驚いたように叫びました!

 

 

・・・え?

・・・か・・・かんたんすぎる・・・(;・`ω・´)

 

 

 

 

「じゃあ、第2問!

 

このロゴが何かわかりますか?」

 

 

 

「コス〇コだろ?

母ちゃんの友達が会員になってるから、時々買い出しに行くよ」

 

 

「ほんと?すごい!ラッキーだったわね!」

これまた、マジーが心底驚いたように言いました。

 

 

・・・うそだろ・・・?

こ・・・これが参加資格・・・?(;・`ω・´)

 

 

「おめでとうございます!

 

2問正解だったので、これで4人とも

【勇者のチラシにおれはなる!】の参加資格をGETしました!」

 

 

「素晴らしいです、4人とも!

チームワークって素晴らしいわね!」

 

 

「あ、ありがとうございます」

 

 

マッキー&マジーに盛大に拍手されながら、

4人は気まずそうに顔を見合わせました・・・

 

チームワークも何も・・・

たぶん4人とも、相談する必要もなく、わかったけど・・・

 

 

 

「ま、もういいかもしれないけど、

本当は3問目はすっごく難しいのを用意していたのよ。

 

一応、見てみる?見てみる?ねえ、見てみる?」

 

 

「は、はい・・・いいんですか?」

 

 

なんだか、本当にいい人そうなマジーさんが

がっかりするのが嫌で、

がんばるチラシくんは急いで答えました。

 

他の3人も、うんうん、うなづいているところを見ると

たぶん同じような気持ちのようです。

 

 

 

 

「しょうがないわね~

大サービス!

 

これが第3問!じゃん!」

 

 

 

 

 

4人はまたまた顔を見合わせました。

 

(お前言えよ)

(あんたが言いなさいよ)

 

そんな雰囲気の中、

 

 

「ちょっと難しいわよね~

じゃあ、ヒント!

 

ほら、なんとかフラペチーノ・・・?わかるかな~?」

 

マジーが4人の顔を覗き込むように言います。

 

 

 

「あ!そうか!わかりました!!!」

 

ファーを巻いたチラシちゃんが、

ヒントを聞いてやっと気がついたかのように言いました。

 

 

「どっかで見たことがあると思ったんです。

このカフェ、ママが大好きなんです。

 

スターバッ〇スじゃないですか?違います?」

 

 

「そう!!!大正解!!!」

 

マジーがとっても嬉しそうに言いました。

 

 

(グッジョブ!ファーを巻いたチラシちゃん)

 

がんばるチラシくんは心からファーを巻いたチラシちゃんに

賞賛を送りたい気持ちでした。

 

最初はあの子もずいぶん気が強そうだと思っていたけど、

人の気持ちに寄り添えるいい子なんだな。

 

 

「覚えようとしなくても、いつの間にか覚えてしまっているのがロゴです。

 

企業はこのように潜在意識に残るデザインを、

それこそ莫大なお金をかけて作っているんですよ」

 

 

「そうだ、オリンピックのロゴも結構それでニュースになってたね」

 

 

「でも、大きなお金をかけないと

こういうものは作れないってみんな思っているんじゃないのかな?

 

人の記憶に残るデザインってなんなんだろう?

 

そう思って、私は共感デザインのゼミをやろうと思ったんです。

 

ロゴもチラシも共感デザインという意味では全く考え方は同じですから」

 

マジーがニコニコしながら言いました。

 

 

「僕は自分もお客様も幸せになることを目指しています。

 

お客様がわくわくしながら自然に動いて、

商品やサービスの魅力が伝わったり、記憶に残ったりする。

 

そんな方法を作っていきたいんです」

 

マッキーも目をキラキラさせながら言いました。

 

 

 

確かに・・・

お母さんのお客様が幸せだったら、お母さんもきっと幸せに違いない。

 

 

 

 

「どうですか?【勇者のチラシにおれはなる!ゼミ】


ぼくたちと一緒にそんな最強レシピを一緒に作りませんか?」

 

 

そう言って、マッキー&マジーは1枚のチラシを手渡してくれました。

 

 

 

 

 

 

こ、これが、勇者のチラシにおれはなる!

 

 

ミッション・・・

カリキュラム・・・

 

これが、ビジネスの考え方も変えるって言う伝説の・・・

 

僕は・・・これを見つけた僕たちは・・・

 

すごくラッキーなんじゃないだろうか・・・?

 

 


でも・・・

「これから?」

 

「それじゃ、トーナメントに出場できなくなっちゃわねーか?」

 

「トーナメントに棄権したって聞いたら、ママががっかりするわ!」

 

 

がんばるチラシたちは困ってしまいました。

 

 

するとマッキーが思いもよらないことを言いました。

 

 

「あなたたちの、本当の目的は、

トーナメントに優勝することなんですか?」

 

 

・・・え?

 

 

「そうです!そのためにお母さんは毎日一生懸命、

僕の装備を作って・・・」

 

 

「お母さんが一生懸命装備を作っていた目的は

あなたたちをトーナメントで優勝させるためだったんですか?」

 

 

「当たり前よ。そのためにママは私に高価なファーを買ってくれたのよ」

「僕のお母さんもすごい肩こりなのに、寒さこらえて・・・」

 

 

ぎっしりチラシも、ファーを巻いたチラシも口々に言いましたが、

がんばるチラシくんは何かが違うような気がしました。

 

 

 

そうすると、やっつけくんがポツンと言いました。

 

 

「いや、うちのかーちゃんは、

トーナメントに優勝して来いなんて一言も言わなかったな」

 

「前回、2回戦でごみ箱ゲートに行った時も

ちっともガッカリなんてしなかった。

よく頑張った、いい経験になったはずだって言った。

 

可愛い子には旅をさせよ、って言うだろ?

うちのかーちゃんは、そういうつもりだったんだと思うよ」

 

 

「だから、おいらは、勇者のチラシにおれはなる!に参加するよ。

今すぐ!

よくわかんねーけど、勇者のチラシにおれはなりたい!」

 

 

やっつけくんの、決断の早さにびっくりしながら

がんばるチラシくんは考えていました。

 

 

お母さんは、僕がトーナメントに出場しなかったらがっかりするだろうか?

 

でも、このまま出場しても「とりあえずチラシ」のままでは

ごみ箱行きゲートは確定してる、それは僕にはわかる。

 

 

僕の目的はトーナメントに優勝することだったっけ?

 

そうじゃない!

 

 

僕が優勝しなかったら、お母さんのお仕事が成功しなくて

お母さんが夢を諦めてしまうのが嫌だったんだ

 

 

 

「みんな聞いて!

 

僕もトーナメントは出ずに

勇者のチラシにおれはなる!ゼミに参加するよ。

 

僕の目標は、トーナメントに優勝することでも、

ごみ箱ゲートに入らないようにすることでもない!

 

僕の目標は・・・

 

お母さんに申し込みが入るチラシになることだったんだ!

 

 

「ぎっしりくんも、ファーを巻いたチラシちゃんも、

そうなんじゃないのかい?

 

勇者のチラシになったら、どんな過酷なトーナメントだって優勝できるはずだよ。

 

いや、トーナメントに出場する必要もなくなるかもしれない」

 

 

ぎっしりくんの顔がみるみる明るくなってきました。

 

 

「そうだね。

わざわざごみ箱に行くってわかっていて過酷なトーナメントに出場して

お母さんをがっかりさせるより、

 

勇者のチラシになって帰った方が、お母さんは喜ぶよね!

 

僕も、勇者のチラシになるよ!」

 

 

「勇者のチラシにおれはなる!」

 

「おいらも、勇者のチラシにおれはなる!」

 

 

3人の盛り上がりを見ていたファーを巻いたチラシちゃん。

 

「まったく、男子は単純でいいわよね。

私はこの高価なファーが無駄になると思うと・・・」

 

 

「無駄になんてなりませんよ」

マジーが笑いながら言いました。

 

 

「そのファー、とっても上品で素敵~。

 

他のアクセサリーとのバランス次第で、

ファーの魅力が生かせますよ

保証します♪」

 

 

ママが買ってくれたファーを褒めてもらったチラシちゃんは

すごく幸せな気持ちになりました。

 

 

「わかったわよ、しょうがないわね。

 

チーム力が大事なんでしょ?

私の力も必要なはずよ。

 

私も勇者のチラシになるわ!」

 

 

みんながいてくれて心強い。

なんだか、もっともっと、がんばれる気がする。

 

がんばるチラシくんは心から思いました。

 

そしてお母さんのことを思っていました。

 

 

お母さんにも、こんな仲間ができたら、きっとすごくいいのにな。

 

 

可愛い子には旅をさせよ、か。

 

 

何かあった時のためにって持たせてくれたお金、

ここで使っても、お母さんはきっと怒らないよな。

 

ちょうど15000円だったし・・・

 

 

・・・まさか・・・

お母さんは初めから、僕がこんな風になるってわかってて

「とりあえず・・・」って言ったとか・・・

 

まさかね・・・

 

 

 

 

こうして、がんばるチラシくんだち4人の・・・

 

いや、伝説のマッキー&マジーも含めた6人の

 

【勇者のチラシにおれはなる】のゼミは始ったのでした。

 

 

 

 

 

 

 

勇者のチラシにおれはなる!続編に続く! ・・・かも?

 

 

 

 

■勇者になるための本日のミッション■

(Special Thanks)

 あなたのチラシはどのタイプですか?

 

①がんばるチラシくん

 

 

②ぎっしりチラシくん

 

 

③ファーを巻いたチラシちゃん

 

④やっつけチラシくん

 

⑤ふざけんな。当然文句なく勇者のチラシ!

 

 

 

7. 最強レシピを手に入れたい に戻る・・・

 

 

-あとがき-

 

長い間、お読みいただき誠にありがとうございました。

勇者のチラシにおれはなる!いかがでしたでしょうか。

 

すごーくすごーく、小さなプロジェクトの始まりから早3か月。

 

私はヴェニオ三姉妹のプラン担当なので、

通常は費用対効果等にものすごく厳しく、小姑のようにうるさいです。

 

でも今回だけは、採算度外視(笑)

 

マジーもマッキーも私も

こんな小さなプロジェクトにこんなに手間暇かけてどうするんだ?

と自分たちにツッコミを入れながら(多分)、

このプロジェクトに「いけいけ!GO!GO!」とやってきました。

 

本当にスペシャルなのです。このプロジェクトは。

 

とても苦しくつらい時期に生まれた奇跡のプロジェクトでした。

マッキーとのコラボが決定した時は、マジーと踊りました(笑)

このプロジェクトの企画中だけは楽しいことばかり考えることができました。

 

マッキー&マジーの面白いけど真剣なゼミ企画に、

何度、目から鱗がこぼれ落ちたことか、

何度、大笑いしたことか、

 

どうにか一人でも多くの方に、この素晴らしさをお伝えしたい。

なんとか加速度をつけたい。

 

そんな熱い気持ちがこの物語を生みました。

 

4人のチラシたちは、名前を決めてキャラ設定した途端、

私が何をするでもないのに、生き生きとしゃべり動き始めました。

 

本当にかわいいわが子のようです。


この子たちに感情移入をして、応援したいと思ってくださったかしら?

 

また、もしかしたら・・・

この子たちのように、成長したい、輝きたい、

そう思ってくださった方がいらっしゃったりして?

 

そんな妄想も生まれ、ドキドキワクワクの毎日でした。

 

この子たちが「勇者のチラシにおれはなる!ゼミ」を受けて

どんな風に成長していくのか、楽しみでしょうがありません。

 

あとは伝説のマッキー&マジーに全てを託したいと思います。

 

 

最後に・・・

この物語に彩りをそえてくれた【え:マジー】

小粋なスパイスを振りかけてくれた【こざいく:マッキー】

本当にありがとう。心から感謝します。

 

この私たちにとって特別な小さなプロジェクトの成功を祈りつつ

あとがきにかえさせていただきます。

 

ありがとうございました。

 

ヴェニオ三姉妹 【ぶん:えむこ】

 

 

 

 

~お待たせいたしました~

 

小さな小さなプロジェクト

リアル「勇者のチラシにおれはなる!ゼミ」

申込開始いたします!

 

 

   

 

勇者のチラシにおれはなるの関連記事

 

今日もお読みいただき、ありがとうございます。

クリックお願いいたします~(^^♪

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。