ヴェルヴェッティーノのBAROQUE紀行

20代半ばから声楽の勉強を始めた30代会社員のブログ。声楽について学んだ事、気に入ったCD、コンサートの感想等を書いています。日々勉強中なので、過去記事と最近の記事では発声について見解が異なる時がありますが、最新の記事が現在の発声です!


テーマ:
Lungi(遠くに)

歌詞

Lungi, lungi su l'ali del canto
Di qui lungi recare io ti vo:
Là, nei campi fioriti del santo
Gange, un luogo bellissimo io so.

Ivi rosso un giardino risplende
Della luna nel cheto chiaror:
Ivi il fiore del loto ti attende,
O soave sorella dei fior.

Le viole bisbiglian vezzose,
Guardan gli astri su alto passar;
E fra loro si chinan le rose
Odorose novelle a cantar.

Oh che sensi d'amore di calma
Beveremo nell'aure colà!
Sogneremo, seduti a una palma,
Lunghi sogni di felicità.

対訳

遥かに遠く、歌の翼に乗せて
ここから遠くに君を連れて行きたい
聖なるガンジス川の花咲く野の中の
とても美しい場所を僕は知っている
そこでは静かな月明かりに
庭が赤く輝いている
そこでは蓮の花が君を待っている
ああ、花々の優しい妹よ

すみれはかわいらしくささやいて
頭上を星が通るのを眺めている
すみれの間では、かぐわしい知らせを歌おうと
薔薇が頭を傾げる
ああ、そこではどれほど静かな愛の想いを
大気の中で吸い込めることだろう
僕達は棕櫚(しゅろ)の木の下に座って
幸せの長い夢を見るだろう

参考音源
フランチェスカ・プロヴィショナート(Sp)歌



「Spirate pur spirate(byドナウディ)」があがって渡されました。
「やっぱり今の課題はトスティですね」と。
「Sogno」「Ancora!」と苦労を重ねてきたので、
好きな作曲家なのにちらっと恐怖心なトスティ殿。
「前2曲より簡単だから大丈夫」と言われましたが・・・

楽譜だけ見たときは、
「なんか単純な曲……」
と思いましたが、対訳を見て、
この純粋な詩のために、トスティはシンプルなメロディを書いたのだなと思いました。

何も考えずにスコア見ながら歌ってみたら、
中学生の音楽の授業みたいになって非常にいけてなかった…orz
プロの音源を聴くと美しいクラシックなのに、
自分が歌うと教科書に載ってる合唱曲みたいになる(爆)

まだ一度もレッスンを受けていないので、
我ながらどうなることやらではありますが、
健闘したいところで御座ります。

今はポップスかと思うほど事細かに入ってくる歌詞と奮闘中。

------------------------

3/5追記。

あがってしまいました。
1回目のレッスンで。
よくできたから? というわけでもなく、
難しすぎたから? というわけでもなく。

先生曰く、
「この曲はポップスなんですね。
 あまり意味のある曲とは思えません。
 これ以上やっても、あまり深く掘り下げるところもありませんね」
とのこと。

こんなことを書くと、
「ぬわに~!?
 ポップスは意味のない音楽だとでもいうのか!」
とお叱りを頂戴してしまいそうな。


まあ、何をポップスと呼ぶかは人それぞれですから。
(例えばビリー・ホリデーが悲しみと怒りを込めて歌う
「奇妙な果実」なんかが意味のないポップスのわけないし)

こちらの先生、クラシック以外はすべてポップスと思っていそうな、
いやそんなことはないのか・・・
しかし、クラシック対ポップス という概念はありそうです。

とはいえ、J-POPしか聴かない人なんですよね・・・
(ジャニーズがお好き。コンサートまで行かれるので驚愕!!)
もちろんクラシック以外という意味ですが。
(クラシックも戦前の録音なんかは聴かないらしい)

プレスリー、ビートルズ、マイケル・ジャクソンの話題は通じても、
クイーンやエアロスミスになってくると、
ドラマや映画で取り上げられた曲だけ聴いたことがある模様。
デヴィッド・ボウイやロキシー・ミュージック、ルー・リードあたりになると通じない。
50年代のアメリカン・ポップスやラテン、ジャズなども聴かないらしい。

まあそういう範囲での「ポップス」ということで。

以前に、
「すべての音楽の基本はクラシックです」
と言われた時は、
「なるほど」
とうなずきながら、
「え~~っっ ブルースをさしおいてか!?」
と思ったが、クラシックが基本といって差し支えない音楽しか聴かないってことだろう。


まあでも、
歌舞伎の下座音楽や、室町発祥の能楽、平安発祥の雅楽なんかの基本は、
クラシックでもブルースでもないわな。

日本人のくせに日本の音楽から遠くてよろしくねえな。
PR
いいね!した人  |  コメント(2)

[PR]気になるキーワード