鳩山由紀夫首相は1日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)の移設先決定の際に地元の了解を前提とすると表明したことについて、「沖縄はじめ全国の国民の理解を求めるということであり、まさに文字通り理解を求める。これに尽きる。あとは政府にお任せいただきたい」と述べ、移設先の理解を得るために全力を挙げる考えを示した。首相公邸前で記者団に答えた。

 一方、平野博文官房長官は同日午前の記者会見で、同日午後に上京する沖縄県の仲井真弘多(ひろかず)知事と会談することを明らかにした。政府の検討状況を伝え、理解を求めるとみられる。

【関連記事】
「腹案」は米側に説明したのと同じ 岡田氏
米国から非公表要請 普天間移設案で前原氏
首相、普天間移設案の期限は「なおさら正しい判断」
谷垣総裁、普天間5月末に未決着なら「退陣か信を問え」
首相、普天間移設案は「腹案すでに用意している」

<受動喫煙防止条例>神奈川県で施行 民間施設でも喫煙規制(毎日新聞)
与謝野新党「週明けにも決めたい」…藤井元運輸相(読売新聞)
アパートの強度偽装、事前にばれて建築されず(読売新聞)
「1人区は自民と血みどろの戦い」 参院選で小沢氏(産経新聞)
子供の車内置き去り 米では犯罪、逮捕も(産経新聞)
AD