AmebaGG NEWS

茨城県を活動拠点とする野菜ソムリエによる有志組織

「ベジフルコミュニティいばらき」

*日本野菜ソムリエ協会公認団体

(2010年4月より協会名称が変わりました)


「野菜ソムリエ」とは

日本野菜ソムリエ協会が認定する民間資格。

野菜と果物の魅力を様々な形でわかりやすく伝え、生活の中で野菜と果物をもっと美味しく、もっと楽しんでもらい、豊かな食シーンの実現に貢献することが野菜ソムリエの役割です。


「ベジフルコミュニティ」とは

日本各地の野菜ソムリエ(ジュニア/シニア)が資格を生かした自主的な活動を組織的に実施し、情報交換や相互連携の拠点とするための協会公認の団体。


茨城県内の野菜ソムリエが活動する「ベジフルコミュニティいばらき」では、産地見学会や勉強会、食関連イベントの講師、地域イベントなどへ参加しています。




*これまでの活動実績


・茨城県食育推進ボランティア団体登録

・NHK文化センター水戸教室 定期講座 開講中

・JA土浦 サンフレッシュつくば店 店頭プチセミナー 実施中

・茨城県 農政審議会委員派遣

・土浦市 農産物ブランド化協議会委員派遣


・野菜ソムリエのインナービューティーレストラン 自主企画(2007年8月)

・大好きいばらき県民まつり参加(2007年 寿司組合とコラボ)

・まつりつくば ベジフルカフェ出店(2007、2008年8月)

・常陽銀行 福利厚生事業 ベジフルカフェ出店(2008年4月)

・キリンビール水戸支社 イベント 講師(2008年5月)

・農研機構主催 アグリサイエンスセミナー講師(2008年8月、12月)

・つくば市公民館講座 講師(2008年前期、後期)

・大子町立だいご小学校PTA 食育講座 講師(2008年11月)

・かわねや フェスタ店 店頭食育イベント(2008年11月)

・日立市塙山小学校PTA 食育講座 講師(2009年2月)

・ジョイフル本田(全店) 店頭夏野菜セミナー 講師(2009年4~5月)

・茨城県県南地域高齢者はつらつ委員会主催セミナー 講師(2009年10月)

・県南農林事務所主催 地場産野菜を食べよう交流会 講演(2009年11月)

・茨城県主催 花フェスタ2010 ベジフルカフェ出展(2010年1月)

・土浦市主催 認定農業者等講演会 講師(2010年3月)

・農研機構 果樹研究所(本部)一般公開セミナー 講師(2010年4月)

他 多数



*講師派遣等のご依頼・コミュニティ入会希望・お問い合わせは

 下記メールアドレスまでご連絡ください

 ベジフルコミュニティいばらき 事務局宛

 ibaraki@vegefru.name

 (迷惑メール対策のため、半角に直して送信お願いします)




にほんブログ村 料理ブログ 野菜ソムリエへ
にほんブログ村



1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2014-06-18 16:07:11

水戸勉強会のご報告

テーマ:勉強会レポート
水戸勉強会6月のご報告です音譜

テーマは「メロン」 茨城といえばメロン!



大集合した品種は・・・・!!

アンデス 旭村特秀 (間違いないっ)
ユウカ (香りがぐっー!)
味の香 (熟成度&f@バランス抜群! )
かしまグリーン (爽やか♪)
パンナ (上品な甘さ)
タカミ (甘さが抜群)
イバラキング 鉾田 (バランス いい!)
イバラキング 愛ちゃん (愛ちゃん!!素敵な味わい♡)
レノン (赤肉の味わい~)
クインシー 旭村 特秀 (思わずにっこり)

夕張メロン (正式名称は夕張”キング”メロンです!)


ノーネット

キンショー (肉質なめらか!)
パパイヤメロン (さっぱり美味しい!)
ホームランスター (優等生的な味わい)
プリンス (子供の頃の味わい~!)
イエローキング (しゃきしゃき食感)

全16種類~!!

茨城と言えば「メロン☆」ですねー。(しつこい・・・)出荷産出額は127億円を誇る茨城を代表するお野菜!

今回は北海道も登場しましたが茨城のメロンが大集合です! 今回も冨岡先生のお話に耳を傾けつつ、試食タイム!普段から果物大好き!の集まりですからそれはそれは賑やかに勉強しました!

いつも気軽に食べれるのが茨城産メロンの良さの一つ! ですが昔ながらのノーネットもそれぞれに個性的な味わいでした

いつもの持ち寄りも、盛り沢山(もちろん野菜が!ですよ)でしたが写真が無いため、割愛致しま~す。

そして!!
来月は
☆☆☆リ・ボーンおめでとう
鵜の島 ヴィラでランチ&リフレッシュ☆☆☆仮称

7月21日(月・祝日)に行います♪
時間は水戸9:30位に集合 現地で11:30からランチ 14:00に鵜の島ヴィラを出発予定です!

茨城の野菜ソムリエコミュ方々のご参加、お待ちしております~!



PR
2014-06-16 13:25:31

「農産物とフリーズドライ」勉強会

テーマ:勉強会レポート
2014年6月8日(日)14:00~16:30
ポケットファームどきどき茨城町店体験教室にて、

「農産物とフリーズドライ」
と題した勉強会を開催しました!

非会員の方もご参加くださり、今回は17名ほどの参加となりました。


ど~~~ん!

実は、普段食べている加工食品の中には、いろいろな形でフリーズドライ製品が使われているのです。

お味噌汁の刻みネギ、ポテトチップスのシーズニング、チョコレートの乾燥フルーツ粉末、お湯で戻すだけのスープ、ダイエット食品・・・


その仕組みについての講義からスタート。

フリーズドライは「真空凍結乾燥」の事。
食品の乾燥方法は、天然の天日などを用いるものと、人工的な手段を使い乾燥させるものとに分かれ、フリーズドライは、食品を凍結させてから真空にして蒸発しやすくし、低温で乾燥させる技術です。

フリーズトライの乾燥温度は40℃くらいなので、栄養価もほとんど損なわれず、ビタミンCも残存しやすいのが特徴だそうです!これにはビックリ!!

仕組みや、食材の適正などについて伺った後は、お待ちかねの試食タイム。
いろんなサンプルをご用意くださいました。


まず最初に登場したのは!
モナカアイス!!

すごく軽い(笑)

食感は、フワフワ~っと溶けてしまうような空気を含んだ固形で、口の中で水分を含みながらアイスの味に!
個人的には、つくばのお土産の“宇宙食のアイス”のイメージ・・・







続いて、果物。
茨城が誇るメロン(オトメ)も、水分が抜けるとこんな状態。
メロンは、やっぱりジューシーなほうがいいよね!と言いながらも、誰かが水戻ししていた~みるみるうちに復元~~~

バナナも、外観はそのまま。
食べると、美味しい!
最近は、菓子材料などでも、バナナのフリーズドライは活用されているそうです。

イチゴは2種類。
茨城のオリジナル品種「ひたち姫」(左)と「とちおとめ」(右)
味は・・・
全然違う!
フリーズドライにすると、風味が良くなり、個性も強くわかりますね。







それから、野菜。
キュウリのフリーズドライ(想像付かず・・・)
ん~~~~これは!
先の果物と違って、風味が強くなるので、キュウリの青臭み全開。
水戻し(誰の仕業!?)したキュウリも、これは食べてはイケマセン~~
たぶん、ですが、キュウリは、漬け物として味を付けたもののフリーズドライのほうがよさそうです。

ブロッコリーはというと、
この花蕾が細かくてポロポロと落ちやすいことと、黄色くなった花蕾は、スープなどの浮き身として入っていたときに、虫と間違われたり異物混入と紛らわしく、あまり商業利用されていないのだそうです・・・

シイタケは、乾燥したものもサクサクと食べられましたが、戻したものは、風味がとても立っていて、そしてつるんとした滑らかなキノコの食感がでていて、美味しかったですよ。

どうやら、技術的にはほとんどの水分を含む食品のフリーズドライ化はできるようですが、やはり農産物の適正は色々なようです。

それから、農産物のフリーズドライにおいては、水分が無くなることで、うまみや風味が濃縮する効果の反面、万が一残留農薬があった時にはその分濃くなってしまうことを仰っていました。
より安心・安全な農産物を仕入れるように気をつけていること、ただし虫の混入が無いように気を付けなければならないということもあって、扱いには細心の注意が必要なのだそうです。

加工するためにも、大変な手間がかかるのですね。

後半は、懇親会を兼ねて、色々なフリーズドライ製品を実際に食べてみながら、質疑応答をしました。

知らないことばかりで、とても良い機会になりました。
これからは、加工食品を購入する際には、原材料表示を良く見て、フリーズドライを探してみようとおもいます!


食べた感想は、ちょっと主観も多かったカモ?
皆さんは、どうでしたか~~~

講師を引き受けてくださった、コミュニティいばらき会員で、フリーズドライ加工会社にお勤めの石川さん、ご準備ありがとうございました。

また次は秋頃にイベントや産地見学などの予定をしています♪


皆さんお疲れさまでした!!!


ベジフルコミュニティいばらき
田野島万由子(野菜ソムリエ)
PR
2014-06-13 22:40:47

原木椎茸見学・勉強会のご報告

テーマ:勉強会レポート
コミュニティの皆様 こんにちは

2014年6月11日に鉾田の「林しいたけ農園」さんに数名のメンバーと共にお邪魔させて頂きましたのでご報告させて頂きます。

キノコしいたけの栽培は「菌床」と「原木」があり林さんは全て「原木栽培」! その技術と美味しさで 原木しいたけ生産者大会で「王冠1日本一」に輝いた事もあるこだわりの生産者さんです。



原木の確保で地元の森で伐採を行う時、スズメ蜂に毎年刺されているとか・・・。正に、「命がけ」で美味しい原木しいたけを栽培されています!

そんな林さんのしいたけは、残念ながら出荷先が決まっているそうで、スーパーにはありませんしょぼん

理由はしいたけの品質を第一に考えての事。お客さんが買われた時には袋に入ったキノコシイタケの香りや味わいがどうしても変わっている事が多いので、苦労の末、現在の販路に落ち着いたそうです。

しいたけの新鮮な証拠はシイタケの廻りの「鱗片」と呼ばれる白い もふもふ?している所がある事なんですって~!目
笠もキレイに丸まっていますが、温度管理が悪いと雨傘雨みたいに広がった状態になるそうです。しいたけの美味しさはキラキラ「風味」と「堅さ」キラキラ! 温度管理と湿度管理が大事ですね!




ハウスと路地でも味が違うし、種となる種類も沢山ある~。シイタケにも品種があるなんて知らなかった!!




そうそう、乾燥しいたけにするものと生食用も違う種類なんですよっビックリマーク

お昼は、林さんの超絶おすすめのお店で、それはそれは美味しいごはんおにぎりを頂きました(各自・自腹ですよ~!) 気になる方はコメント下さいまし。

林さん、お忙しい中、貴重なお話し沢山して頂きありがとうございました!


当日 大遅刻した なかむら でした・・・・。

PR

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>