人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
まずは、ポッチっとお願いします。m(u_u)m

3.11から少し遅れてしまいましたが。。。
先ずはじめに東日本大震災でお亡くなりになられた方々へ心よりご冥福をお祈り申し上げます。

東日本大震災の被害を語る上で「地震」「津波」「放射能」からの視点が有りますが、今回は『放射能』について重点的にクローズアップしたいと思います。

ホワイトレインコートマン

●ホワイトレインコートマン - Scenarioart -


世界の嘘に 殺される前に。。。

●「原発情報 動画blind」より


Turning away from today's reality will blind our future.
現実に目を閉ざすものは、未来に盲目である


福島県やその他の東日本地方において放射能から人体への影響を語ることはタブーになっていると思います。
東日本大震災から5年が経ちましたが、福島県の子供たちの放射能健康被害は目を覆うばかりです。
小児甲状腺癌患者数についてチェルノブイリ原発事故と比較しても桁が2桁違います。


いったい誰が責任を取れるんだよ!!パンチ!

<補足はじめ>
心臓の弱い方は、遠慮してください。
「Chernobyl accident」
http://www.youtube.com/watch?v=mXMUTaSortI
<補足おわり>

「放射能」「小児甲状腺癌」の関連性は無いとほざいていたお医者様や学者様は、下図の赤い地域に自分の子供や孫を移住させて証明してくださいヨwww
東京電力福島原発事故前は全国的に食品一キログラム辺り0.1ベクレル以下というのが普通の水準でした。今の基準値はそれよりも遥かに高い100ベクレルです。単純計算すると安全基準値は事故前の1000倍です。事故前までは殆どの食品は1ベクレル以下でした。100ベクレルと言えば当時では放射能廃棄物です。┐( ̄ヘ ̄)┌
食べて応援なんてちょっと無理な相談です。
まぁリアルな話ですが、福島産だけの話ではありません。
アクアラインの海ほたるPAに置いてある海産物(あさり、ハマグリ等)昔は、富津産・木更津産が殆どでしたが、今は熊本産や三重産しかありません。
ここ数年、木更津の回転すし屋さんでも安価で美味しかった地元産の貝類が無くなりました。あっ、お察し。。。という感じです。




★福島原発事故の真実と放射能健康被害★
http://www.sting-wl.com/

『福島の癌→子供の甲状腺がん増加地図をチェルノブイリと比較する』
http://www.sting-wl.com/fukushima-children8.html

一部抜粋はじめ

<<福島県小児甲状腺がん及び疑い人数>>
甲状腺がんと考えられる163人の福島県の子供達を市町村別に分類し、その市町村の子供達の何人に1人が発病したか?を色分けしたのが下記の地図となります。

地図の右側の真ん中にある×が福島第一原発です。

場所全体

場所個別1
場所個別2
場所個別3

川内村は280人に1人、湯川村は515人に1人など目を疑いたくなるような数字が並んでいますが、平均すると福島県の子供達の1843人に1人が小児甲状腺がん及び疑いだという事実がはっきりとわかります。
計算式も書いておきます。まず福島原発事故当時、放射性ヨウ素131によって甲状腺を被曝させられた福島県の18歳以下の子供達は合計36万7685人です。この36万7685人は先行検査の対象でしたが、実際に先行検査を受けたのは検査対象者の81%にあたる30万0476人だけです。

この先行検査を受けた30万0476人の中で、先行検査で甲状腺がんが見つかったのが112人、本格検査で甲状腺がんが見つかったのが51人、合計163人です。
検査受診者30万0476人÷甲状腺がん患者163人=1843人に1人
つまり福島県の子供達の1843人に1名が甲状腺がんだったということです。
なお本格検査から検査対象となった子供達…つまり原発事故後の約1年間の間に福島県内で生まれた子供達からは今のところ甲状腺がんの子供は1人も見つかっていません。
ところで、この発病率はだんだん高くなっているのでしょうか?低くなっているのでしょうか?
以前に発表されたの報告書とも比較して福島県の小児甲状腺がん患者数の推移を確認してみます。

<<福島県の小児甲状腺がん患者数と比率の推移>>

患者数

福島県内の小児甲状腺癌患者数の割合は、発表のたび高くなっていていることがわかります。
前々々回2015年3月31日は2377人に1人
前々回2015年6月30日は2193人に1人
前回2015年9月30日は二千人の大台を切って1989人に1人となり
今回2015年12月31日は1843人に1人となりました。


<<日本/チェルノブイリ/福島原発事故の比較>>
比較1
比較2


チェルノブイリ原発事故後も、日本の小児甲状腺癌患者数は100万人中0人~3人で安定しています。これに対してベラルーシは0-14歳は原発事故後4年後から100万人中12人、15-18歳は原発事故後5年後から100万人中14人となり、そのまま爆発的な上昇を続けています。

このチェルノブイリ原発事故当時の日本とベラルーシと比較することで、今回の福島県の小児甲状腺がん患者数がいかに異常な数値か…はっきりしました。福島原発事故のあった2011年に100万人中334人、1年後には100万人中401人、2年後も100万人中351人、3年後も100万人中289人、4年後はまだ検査結果の79%しか確定していません(受診者ベース2015年12月31日時点)が100万人中74人となっています。


一部抜粋終わり



●福島とNWOの人口削減


2:18から欧州放射線リスク委員会(ECRR)のクリスバズビー博士のインタビューの中にに衝撃的な真実が語られています。
抜粋しながら紹介します。

記者:彼がいくつかの興味深い調査をされていますよね。
記者:待って下さい。これはもっと大事な事です。なぜなら誰もが一代で致命的になってしまうのですよ。

博士:福島やもちろんチェルノブイリについても私が何か言うべきですかね。福島での不妊症の件ですね。
真実として世界で不妊症は過去30~40年で上昇しています。
おそらく人々が使用べきでない戦争での核に関係しています。
世界中の大気調査によると元々は兵器から落ちてきたものです。
そして次にチェルノブイリから、そして今では福島からです。

そしてこれらに対して人々ができる事は・・・
これを最小限にする為に・・・
でもメインとしては放射能から逃げることです。


なぜなら彼らが気が付かなければならない事は、これは人権に対する目に見えない攻撃だという事です。
これから次の20~40年で表れてくるでしょう。
そのキッカケは調査されないでしょう。

だから我々は、私もまた予想しています。
ECCRのモデルの結果として、かなりの不妊症が日本で増えるでしょう。

この災害の結果として、そしてこれはとても酷い事です。
そして様々な点で大人の癌よりも酷いのです。

なぜなら生まれたであろう子供達を破壊し、今では生まれなくなるでしょうし、我々の中東での調査によると、そのうちの生まれようとしている何人かの子供達は恐ろしい奇形児として生まれています。
そして明らかに先進諸国である日本では中絶されるでしょう。
わかりますよね、医学上、生まれる前に中絶されるでしょう。
ですから明らかに出生率は下がります。


記者:そして、福島から今ではどのような変化が見られますか?

博士:出生率、男性の精子の数が下がってきています。

エルサレムで数年前にとても重要な研究がなされました。
年々、男性の精子の数が減り続けています。
2020年までには彼らは完全に致命的になると、イスラエルでは子供がいなくなると言っているのです。

同じ位に、我々は福島へ行き、これがイスラエルよりかなり低い割合ということを紹介しています。
しかし私が言える限りでは、それはほとんどの日本人に影響していると言わざろう得ません。


今ではウランを使った新しい兵器があり、我々はファルージャ(イラク)いる母親の髪の毛を測定しました。
その母親の子供達には先天性の異常があります。人間が作ったウランが母親の髪の毛にあったのです。
この事はおそらく先天性異常の原因だということが確実で、不妊症の原因でもあるのです。

<補足1はじめ>
デーヴィッド・アイク(David Icke)の情報から
http://icke.seesaa.net/category/7365515-1.html
[ファルージャはヒロシマよりひどい]
<補足1おわり>

我々は福島がおそらく2000トンものウランを持っていたのを思い出さなければなりません。
チェルノブイリでは、200トンでした。その内50トンが爆発したのです。
福島ではさらに多いのです。本源がもっと多いのです。大量のウランなのです。


記者:その他の影響は、20年、30年、40年後ですか?

博士:それら(放射能)は何処へもいきません。アレクシーが言っていたことは真実です。

それら(放射能)は何処へも行かないのです。

彼女がバンフォーについて調査していたときのことです。
チェルノブイリ地区にいる小さな動物です。

いったん生物が被爆すると、人間も同じです。
遺伝的不安定と呼ばれる処理を開始するのです。
そしてこれは押されたスイッチを投げてしまったような感じです。
それが何をするかといえば、遺伝的突然変異率を上げるのです。


そしてこのスイッチを子供へ、そのまた子供へと引き継がれていくのです。
バンフォーでは、彼らが22代のバンフォーを調査したのを知っていますが未だそのスイッチを持っているのです。

今、私は核実験の退役軍人を調査しています。彼らは英国軍の為に働いてきた男達です。
60年代の太平洋での核実験です。彼らの子供や孫達を調査しました。
何を発見したかというと、これらの実験退役軍人の子供達は、これは英国核実験退役軍人協会ですが、その内4/9に先天性奇形があり、驚くべきことに、彼らの4/8の孫達もまた先天性異常があるのです。


昔の核の考え方で、核戦争で生き残った人々を抵抗力のある人々だと思うのは間違いです。
何が起きたかというと、大きなスイッチが進んでいるのです。誰もが影響されています。代々影響されていくのです。
ですからウランが無くなったとかも関係ないのです。

もし核が全て徐々に幻滅しても関係ないのです。もしも人間の遺伝子に何かをプリントしてしまうとずっとそこにあるのです。
それが危険なのです。


記者:ありがとうございました。



こんな時代です。先ずは知ってください。

【NWO(新世界秩序)の人口削減プログラム】

放射能の被爆(原発爆破、劣化ウラン弾)による人口削減。
HAARP(人口地震、気象操作、集団マインドコントロール)の操作による人口削減。
ケムトレイル(放射能物質、重化学物質、細菌・ウィルス)の散布による人口削減。
組織犯罪=集団ストーカー=コインテルプロ、電磁波、スカラー波、放射線兵器等のテクノロジー犯罪による人口削減。
ワクチン(新型インフルエンザ、エイズ、SARS、子宮頸がん等)による、副作用や不妊による人口削減。
戦争による人口削減。
金融危機、エネルギー危機、食料危機をつくりだし、国家破綻、社会破綻を起こして人々を失業、貧困、飢餓に追い込み人口削減。
民族紛争の誘因を作り出しての人口削減。

食品に有害な添加物や毒物を混ぜての人口削減。等等


現在進められている人口削減プログラムは、NWOの実現ために行われている布石の1つです。
闇ユダヤ政府が進めているNWO(New World Order:新世界秩序)とは、①国・国境、②民族、③宗教の垣根を無くし、④家族、⑤教育、⑥伝統・文化や秩序を破壊することです。

人類を家畜のように洗脳(マインドコントロール)し、支配者たちによって生存さえをも許可される世界(世界統一政府樹立)を実現しようとするものです。


国・国境の垣根を無くすこととは、すなわち独立国家意識、愛国意識、民族意識を無くすことです。奴隷化したゴイム(非ユダヤ)の財産、経済的基盤(仕事)を奪うこと、さらに大量の移民・難民の混入より民族浄化(民族絶滅)が行われているのです。

また、親の経済力を奪い国家が子供を取上げて教育することになれば、両親の元で培われる「愛国心」「道徳観」「倫理観」を教育する機会を奪うことになるでしょう。奴等は、そんな「1984」のような世界を作ろうとしているのです。


まだ、殆どの大衆は眠ったままです。
多くの人々が『覚醒』したとき、そこに一筋の光が見えてくると思います。


●V for Vendetta - final revolution scene







【お知らせ】

●関西初 集団ストーカー・テクノロジー犯罪周知撲滅大阪デモ!



【目的】集団ストーカー・テクノロジー犯罪の社会認知と法整備の要求!
【主催】集団ストーカー流し街宣の会
【日時】2016年3月20日(日) 13:30集合 14:00出発
※出発時間が変更する場合もあります。
【雨天決行】
【集合場所】扇町公園(大阪梅田)大阪府大阪市北区扇町1-1 地下鉄堺筋線 扇町駅 2-A 出口付近集合
※大阪環状線 天満駅 徒歩3分
※阪急梅田駅 徒歩13分
※JR大阪駅 徒歩15分

【注意事項】
※デモ行程:梅田周辺を約1時間のコースを行進。歩きやすい靴でお越し下-さい。
※当日、デモ行進の様子をスタッフが撮影し、記録ムービーとしてネット公開する予定で--す。
顔出しNGな方は、帽子、眼鏡、マスク(内、2点まで使用可)などを装着してご参加下--さい。
※参加者のプライバシー配慮の為、当日は撮影スタッフ以外の方の個人的な撮影は一切ご-遠慮いただきます。
※悪戯や妨害目的での参加はご遠慮下さ-い!
※実行委員の指示に従って頂けない方は参加をお断りさせて頂きます。
※自作プラカードの持ち込み歓迎!
※デモ終了後、懇親会を開催予定!デモ参加者で、希望される方のみ受け付-けます。懇-親会からの参加は不可です。


大阪デモ1

大阪デモ2

大阪デモ3

大阪デモ4




【関連記事】
●混迷の時代をどう生きるか3。。。
http://ameblo.jp/vega521/entry-11753001694.html
●放射能汚染と人口削減について(改)。。。
http://ameblo.jp/vega521/entry-11445772036.html


人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ
忘れた方は、ポッチっとお願いします。m(u_u)m




AD

コメント(2)