ストーン磐座

磐座、巨石調査、褌、天然石笛(磐笛、岩笛、いわぶえ)販売、干物販売、海上タクシー


テーマ:
4/1
朝8時にわ~いのかずき君宅に宿泊しているバウさんを迎えに行く。
メーリングリストで渡邊氏とかずき君が新規メンバーとなったとバウさんが報告していたので昨夜も遅かった様です。
満身創痍の体の何処からエネルギーが出るのか不思議、無論本人は疲れなど噯にも出しません。
バウさんは高速で早く行きたかった様ですが、アララトは高速が苦手なので下道をトロトロと高知へ向かう。
車中で色々とバウさんの生い立ちを話していただいたが、波乱万丈を絵に書いた様な人生に唸ってしまった。
高校を中退させられたそうなので最終学歴は中卒だ、人間無駄な知識を詰め込まずバガになれる事が大事だという生きたサンプルです。
プライベートな内容なので仔細は差し控えますが、かなりスピリチュアル系にもご縁があるようです。
ただニューエイジ的雑知識が詰め込まれていないので、漠然としたニューエイジ系専門用語では会話が成立しません。
会場に早めに着いたのでルミちゃんと3人でラーメン屋に入ると測ったかの様にトオル君が入って来た。
背が高いので見通しが良いのかはたまた鼻の利くというか、バウさんとは一身同体ですね。
このラーメン屋さほど美味しくないのに結構流行っていた、これをしきりに不思議がるバウさん。
公演が始まるまで度々ラーメン屋の話をしていた、普通はそのまま見過ごす様な内容だが疑問に思った事は理由が判らないと釈然としないんですね。
公演は約30名ほどでお馴染みの面々だ、内容的には高松とほぼ一緒だったのでウトウトしながら聞いていた。
バウさんが最後のまとめに入ったところでガバッと目が醒めた、そしてここからの展開が凄かった。
あまりの迫力に寝ぼけた頭を親父にガツンと殴られた様な感じだった、普段はニコニコして好好爺みたいですがここぞという時はさすがです。
今日はハードスケジュール、公演が終るや否や今度は薊野の自然食品店うれし屋で行なわれるミラレパのワークショップに直行した。
狭い会場には30名ほどの参加者で埋まっていた、どれもこれも皆久し振りの顔ばかりでどっちを向いてもやあやあでお祭り状態です。
4:30から久し振りのクンダリーニを体験したがとても気持ちが良い、最後のステージでは今までになくリラックス出来た。
その後餅つき(褌無し)をした後ミラレパのサークル オブ ラブ瞑想が始まった。
アララトしばらくこの手のセッションから遠ざかっていたのですごく新鮮だった。
手を握り合いながらアイコンタクトしてハグするといった内容だが、これは経験しないと解りませ~ん。
踊ったりはしませんが結構ハートセンターにくる瞑想です、オショー関係でしか体験出来ないと思いますが機会があればお試しあれ。
その後のミュージックグループで一同大ブレイク、さすがはサニヤシン昔取った杵柄ではないが見事な踊りっぷりである。
しかし如何せん高齢化が進んでおり、ロートル組はハアハア息切れしながらも踊り狂うのである。
感動のハグハグお別れの後三々五々解散、アララトはどうしてもエバちゃんの事が気になったのでエバちゃんに連絡を入れる。
忙しそうだったがなんとか都合をつけてくれたみたいで近々閉鎖することになったスペースEVHAで一杯やることになった。
偶々EVHAにはとおる君の奥方とWOLK9関係の女性が泊まっていたが、褌隊と褌倶楽部の会話には馴染めない様で別行動。
アララトはまずエバちゃんの快挙(まだ始まっていないのだが)に最大級のエールを送って協力することにした。
エバちゃんこんなケタはずれなな企画を立てた割には極めてディティールに入りこんでいる、小道具のハッピとかカセットに入れる音源、憲法9条と絡めてビリヤードのキューが良いかなあ等。
この辺りはまずディティールから入るという褌隊の嗜好性と類似している、無論本人は真剣なのでかえってその対比が可笑しくって笑える。
エバちゃんに先般鬼籍に入った植木等大先達の事例を淘々と説明するが、エバちゃんアララトがプーナから帰った年に生まれているので全く基礎知識が無くちょっとチンプンカンプン(これも使わないでしょうが)。
「あっ、お呼びでない、こりゃまた失礼いたいしま~した~」てな感じで、その後は例によってバカなバカの話を延々と繰り返し酔いがまわったので寝の体制に入った。
何となく気になったので朝倉神社へ夜参りして来るねと言うと、エバちゃんも一緒に行きたいというので男二人で参拝する。
夜なので控えめではあるが石笛を奏上して良い感じで眠りに入った。
エバちゃんビリビリちゃん貴重な時間をつき合わせてごめんね~、でも楽しかったよ~。

4/2
忙しいエバちゃんの邪魔にならぬよう早めにEVHAを出た、時間があったので本山のミシシッピーに寄った。
営業時間前だったがマスターが居たので少し話をする。
何となく滝に行きたかったので良い所はないですかと訪ねるとアメガエリの滝を教えてもらった。
本山から更に車で50分普段はなかなか行けない所だ。
四国の水瓶早明浦ダムをぐるりとまわって吉野川支流の瀬戸川に入り暫く入った源流部に近い所に滝があった。
道路から急な坂を降りると落差20mほどの滝が勢い良く流れていた、滝壺は絵に描いた様なエメラルドグリーン、水は一点の濁りもなく澄みきっている。
さすがマスターのお勧めだけあって途中見た無残に岩肌を露出している早明浦ダムの湖畔とは比べようも無く美しい。
さてこんな所で褌隊がすることはといえばもちろん褌禊である、水量が多く滝壺も深いので直接滝にはあたれないが滝壺を泳いで沐浴。
まず最初に石笛を奏上して水に入る、水は身を切るように冷たいが何回か潜ると体が慣れてきた。
というよりは体温が下がったので温度差が少なくなったという方が正しい、急激に体温が低下したのでフラフラしながら岸辺に戻ると、丁度水際でうつむいた時に穴の明いた石が目に止った。
吹いてみると三波川帯の石にしては珍しく音が鳴った(徳島や伊勢神宮などで数個採集しているがほとんど鳴らなかった)。
このあたりはちょうど御荷鉾構造線の真上にあたる様で三波川帯の南端だ。
三波川帯の大部分を占める緑泥片岩には穴の明いたものは少なく間に挟まっている石英質の層によく穴が明いているが、穴の形状がデコボコして不均一なので概ね音が鳴りにくい。
この石笛は先日再発見した奥の池に沈めることにした、というのも、瀬居島は四国とは相似の形状をしているので、奥の池はちょうど早明浦にあたるからである。

-------------------------
褌速報~!

褌倶楽部のエバちゃん大快挙!
100万円を集める為に踊りだします。
クズメちゃんの紹介文
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=392488945&owner_id=224687&comment_count=1
エバちゃんのブログ
http://evha.exblog.jp/

4/3東洋町をスタートして、まずは高知を回って時間があれば四国四県を回る予定です。

世話人のアララトはこのエバちゃんの快挙に最大限のエールを送りたいと思います。
学会員の皆さ~ん今後のエバちゃんの日記は要チェックです。
そして近くに寄った際は一緒に踊ってやって下さい、一夜の宿のサポートもよろしく御願いしま~す。
鳴物隊の方々も応援よろしくね~。

あっそ~れぃ
ええじゃないか ええじゃないか
ええじゃないか~♪
原発無くても ええじゃないか~♪
それそれ~
それそれ~
ええじゃないか~♪
----------------------------

写真はアメガエリの滝に入るアララトとGETした石笛(ちょうどタバコサイズ)
taki1.jpg  
taki2.jpg

taki3.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

アララト岩海(veeten)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。