国民新党の亀井静香代表は12日の記者会見で、社民党の福島瑞穂党首が修正を求めている労働者派遣法改正案について、「原案通りにはいかない」と述べた。社民党と歩調を合わせ、派遣先企業が派遣労働者を受け入れる前に行う事前面接の解禁に反対する考えを示したもの。
 福島党首も同日の会見で、事前面接を解禁する項目の削除を求める意向を重ねて強調した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件~「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%~
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
なれ合い政治から脱却を~自民党・園田幹事長代理インタビュー~
自民の歴史的役割終わった~自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー~
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

大学生の就職内定率、過去最低の80・0%(読売新聞)
<民主>国会改革で全体会議 単独提案も視野(毎日新聞)
朝鮮学校、無償化検討 個人崇拝の実態無視 教科書で金父子・先軍礼賛(産経新聞)
スカイマーク、高度違反も=管制官の指示とのずれ1800メートル-国交省(時事通信)
共産・穀田氏、「何回離党したの?」 鳩山邦夫氏の“離党癖”を皮肉る(産経新聞)
AD