2016.07.14.木 at 下北沢 440

テーマ:
■No.437
w/上野誠、GEN

さて先週は急遽木曜日、下北沢440でライブをしてきました。
2日前の告知、ゲリラ豪雨のなか、観に来てくれたお客様に改めて感謝。

7月10日に感じた事を思いながらライブをしました。
あれくらいの力の抜け具合でいけるといいんだなと思ったのです。
アクセルベタ踏みで駆け抜けていくよりも80%を持続し続けるライブを心がけようという気持ち
実はそっちのほうが難しかったりして。

いやね、結構いいライブしちゃったのよね。これが。(笑)
日々更新。お客様が何人だろうが、「三本の矢」だろうが、関係なく、最新のライブをよくしたい。だから、結局、観にきて欲しいわけなんだけど(笑)

ライブ後はツッタと440店長のアンディ氏とCDの打ち合わせ。
引き続き、お楽しみに。

2016.07.14.木 at 下北沢 440
ベクトル・ユーゴ →
Vo&Ag 青葉 祐五
Set list
01. 南風
02. 鷹ノ爪
03. Home
04. すいすい
05. 小さな日々

ブログ用。先週のライブと打ち合わせ後のやつ。

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



ワンマンフライヤー作成中。 やっぱり、これはダメだよね(笑)

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on





AD
■No.436
w/マスダ社長商売繁盛楽団/河野圭佑

まず晴れてよかった。この日は午前中から友達の結婚式があったので、
着替えとか荷物のこともあって、数日前からの雨予報に実はすごく怯えていました。
とにかくまず晴れてよかった。
結婚式も素晴らしかった。
物凄く緊張したけれど、冒頭の短いスピーチ的なヤツも大かた原稿通り、歌詞も間違えずに、
持ち時間キッチリで「Home」を贈ることができてよかったなぁと思いました。

そして向かうは、下北沢。11回目の「三本の矢」。
今回は10月のワンマンライブへ向かうための節目の回。

マスダ社長商売繁盛楽団の「おれはかならず、ハァ~ゲェ~~~ルゥゥ~~!」で、はじまった!と思い。
2曲目で早くも泣きました。
いや実際に泣いたわけじゃないけれど。
別に涙を流すことだけが泣くってことじゃないんだよ。
いいかい?
涙もろいからってが優しい人とは限らないんだよ。涙もろい悪い奴だって、きっといるはずで...。
いや、そんな話じゃなかった。

続いて、河野圭佑。
あのパワーはなんだろうか。ごちゃごちゃ言いたくない。
凄くよかった。最高でした。

改めて、「三本の矢 v11」はマスダ社長商売繁盛楽団と
河野圭佑を呼んで本当によかったと思っています。

そして、なにより、ご来場くださった皆様には改めて感謝を。本当にいつもありがとうございます。
ライブ中に「394」「小さな日々」のコーラスレコーディングもやりました。
僕のライブでは、もちろん初の試み。案の定、たどたどしくなってしまった進行にも関わらず。
メンバー・出演者の強力な協力のおかげで、皆様の素敵な歌声いただきました。
必ず使わせていただきますので、楽しみにしていてください。

ここから、この矢は、8月の「白羽の矢」、
10月のワンマン「矢会」へと続きます。
非常に楽しみで、不安です。(笑)
遂にレコーディングも始まるので、あまりライブもできませんが、ほかライブも丁寧にやっていきたいと思っているので、よろしく。本当だよ。
詳しくはホームページで。

ていうか、なんだろう、
全体的にやたら堅苦しいこの文章は...

書いちゃったし、まぁいいんだけどさ。

なにはともあれ、無事、「三本の矢 v11」、完。
最高の一日をありがとう。愛してるぜ。

----------------

2016.07.10.日【 三本の矢 v11 】at 下北沢 440
ベクトル・ユーゴ →
Vo&Ag 青葉 祐五 / Gt&Cho ハルオ from in state / 
Per シュン / Pf ツタナオヒコ from seagulloop
Set list
01. 熱風ヲウケテ
02. 爽やかシャイニング
03. サヨナラ
04. シグナル
05. 南風
06. Sofa Surfer
07. 小さな日々

― 「小さな日々」コーラスレコーディングタイム
08. 394
― 「394」コーラスレコーディングタイム

― encore
09. ことば。

今日のリハ(笑) #7月10日は下北沢440へ

A video posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



明日のリハをスピードラーニングしながら、靴磨き大会でした。 #明日の夜は下北沢440へ #今日の俺はちょっとしつこいぜ!

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on







AD
(435)

w/ 石田匠

思えばお花見のことで匠さんとやりとりをしていたらエイプリルフールに突然「一緒にやらない?」と
お誘いいただき、即答で「やります。やりますとも!」と返事をしてやることになった一昨日のイベント。

笑いながら、少しとぼけながら、でもちゃんと先のほうから、しっかり背中を見せてくれる素晴らしい先輩。こんな先輩になれたらいいなと、匠さんに会うたびに思います。

『野球、やりたい曲、互いのリクエスト、お客様のリクエスト...etc』
テーマ別に1~2曲ずつ出しあって、演奏した15曲。

細かいことを書いたらキリがないのでやめておきますが、匠さんにはまた勉強させてもらったなと思います。
MCは、ミスチルのくだりしかり、だいぶ僕やっちゃってましたけども、それはもう来てくれた皆さんの胸の内ということで。

高校生の頃、映画館へ「GO」を観に行って、エンドロールで衝撃を受けた「幸せのありか」
匠さんと歌うことの喜びにもっと浸ってみたかったんですけども、正直それどころじゃなかったです(笑)
譜面にくぎ付け。悔いがあるならそこかなぁと。

本番までの練習含めて本当に楽しいイベントでした。
終演後「来年もやろう」とのお言葉、さぁ、どうなるか(笑)

-------------------------------------

2016.06.18.土【 石田匠 vs ベクトル・ユーゴ 】at 下北沢 CCO

■1st
01. それ行けカープ(広島東洋カープ応援歌)/RED ~僕らの広島カープ~(石田匠)メドレー
02. 東京音頭(東京ヤクルトスワローズ応援歌)/レーザービーム(Perfume)メドレー

03. 最&高(きゃりーぱみゅぱみゅ)

04. ジョンのいる世界(石田匠)
05. ももいろのほほ(高木正勝)

06. 手紙(THE BLUE HEARTS)

07. 幸せのありか(The Kaleido scope)

■2nd
08. 鷹ノ爪(ベクトル・ユーゴ)
09. 眠りにつく前に(石田匠)

10. 楓(スピッツ)

11. ゆうやけこやけ(ベクトル・ユーゴ)
12. てんこう(石田匠)

13. カサブランカダンディー(沢田研二)
14. 晴耕雨読(石田匠)

■encore
15. 394(ベクトル・ユーゴ)

6/18は石田匠さんとやらせていただきますよ。お楽しみに。楽しかったぁ。

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



譜面ファイル618仕様。 記念に。

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on


2016.06.18.sat 下北沢 CCO 石田匠 vs ベクトル・ユーゴ

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



AD
(434)

w/ 市川聖 / もりきこ / 岡本雄希 / 臼井嗣人 / 原口誠 / 
岩船ひろき / 菅野翔太 / 数馬 / 58ken / ベクトル・ユーゴ

BAYSIS10周年を祝うSSW10組によるリレーのようなイベントでした。
普通10組もいれば、初対面の方がチラホラいるものなんですけども、
この日は全員知っている人ばかり。そして、全員が互いを知り合っている。
STAFFも交じって楽屋に飛び交う、冗談、軽口、笑い声に、ふとBAYSISの10周年を感じました。
1年やそこらじゃ多分この雰囲気は漂わないんだろうなと。
そういう「場」を作ったっていうのは実は結構すごい事なんじゃないかと思います

あまり伝わっていないんじゃないかと思うので、わざわざ書きますけども、
こう見えて、僕もまたBAYSISを愛しているミュージシャンです。
もりきこ風に言うと、『ベイシスト』のひとりだと思っています。
本当にいつも感謝しています。鍛えてもらっています。

ありがとう。おめでとう。BAYSIS。
これからもどうぞよろしくお願いします!

それでは次のBAYSISは8月5日(金)「白羽の矢」
僕の企画で逢いましょう。お待ちしてます。

☆写真はBAYSIS思い出ハイライト

-------------------------------------

2016.06.14.火【 BAYSIS 10th ANNIVERSARY 】at 横浜 BAYSIS
ベクトル・ユーゴ →
Vo&Ag 青葉 祐五
Set list
01. 南風
02. 394
03. 小さな日々


昨日楽しかったなぁ。 BAYSIS10周年、僕は14日に祝いにいきます。市川もでるよ!#市川聖#BAYSIS10周年

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on


昨日楽しかったなぁ。 BAYSIS10周年、僕は14日に祝いにいきます。市川もでるよ!#市川聖#BAYSIS10周年

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



楽しい夜です。 #本日は太陽吠え~るず #横浜baysis

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on





6月開幕。
さきほど病院に松葉杖を返却しにいってきました。

さて、先日30日は下北沢440、ご来場のみな様ありがとうございました。
ハルオさんとの2人編成ライブ。

ハルオさん、少し体調が悪いとのことで、本番前に初めて銭湯にいきました。
それが良かったのか、本番、本当によく声がでました。
癖になりそうです。
もしかすると次回から下北沢のライブの前は『新寿湯』が定番コースになっているかもしれません。

ライブも良い感じの雰囲気でとても楽しくできました。
お客さんたちが作ってくれたんだと思います。
大先輩、ますかけさん、岡田宗久さん。松本彩花ちゃんもありがとうございました。

なんだか、本当に良い日だったんですよ。

明るい気持ちで、改めて2016年、折り返していきたいと思います。

6月以降のライブは、本数あんまりないですが、
1本1本、それぞれの『ベクトル・ユーゴ』を見せていきたいと思っています。
ベク・バンドにも新メンバーを迎えます。

大事にいきたいとおもいますよ。

まずは、14日(火)@横浜Baysis 10周年、18日(土)@下北沢CCO 石田匠さんとのツーマン

お楽しみに♡

----------------

2016.05.30.月【 ますかけプレゼンツ「ますます御迷惑おかけ致します」】at 下北沢 440
ベクトル・ユーゴ →
Vo&Ag 青葉 祐五 / Gt&Cho ハルオ from in state
Set list
01. Home
02. 南風
03. シグナル
04. 熱風ヲウケテ
05. 394
06. 小さな日々


ギター・ハルオ

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on




あの眩しいGWもひと段落。
あのライブからも、もう一週間以上経ってしまいました。
毎度のことですが、先週は下北沢 BASEMENT BAR / 251 / 440 合同開催「下北沢、風が吹く。吹く。吹く。」へ
ご来場のあなた、聴いてくれた君、ありがとうございました。

ベクトル・ユーゴは251にバンドで出演させていただきました。
初の試み。
エレキ・ハルオと、ドラム・シュン
Wワーク、右手鍵盤&左手ベースライン・ツッタの、
輝く黄金編成でお送りしました。

非常に楽しかったです。
とっても気持ちよくライブができました。

課題というと、途端に堅苦しくなってイヤだけども、
ベクさん、そろそろやっぱり新しい曲が欲しいですね。
あんまり考えないで作りたいと思います。

そして、まぁ何と言っても、
本番前に階段を踏み外さないことでしょうか。

あの日、入りの階段にて、足首を思いっきり捻りました。
足首から耳へ。確かに聞こえた、あの「グギッッ!!」という音。
その刹那、全身を貫く激痛。
割れんばかりに腫れあがる足首。

挨拶もままならないままテーブルに伏せる僕。
笑うメンバー。写真を撮る、ツッタ。

本当は、輝けるホリデーなんだから、
普段あんまりいかないBASEMENT BARにいったり。
メロディーキッチンを観たり踊ったりしたかったんだけど、ライブ終了後、ほうぼうから「病院いけ」との、ありがたいお言葉を頂戴し、病院へ直行しました。

いただいた診断は「靭帯損傷」です。

ただいま、めくるめく松葉杖ライフを満喫中です。
昨日、中央林間駅のエレベーターにて『開く』ボタンを押しながら「どうぞ」と微笑みかけてくれた女の子に淡い恋をしました。
弱った時に優しくされるとコロっと落ちる少女の気持ちで今日も頑張って生きています。

先生!明後日、本当にギプスはとれるのでしょうか。

夢は『歩きたい』から『ちゃんと立ちたい』へ。
そして、いま『足を掻きたい』に…。
日に日に切実なものへ変わってゆきます。

あんな時代もあったねときっと笑って話せるわ

それではまた。
皆さん、くれぐれも段差に気をつけて。
おやすみなさい。

P.S 
ライブはちゃんと出来ました。あなたのお陰です。

----------------

2016.05.04.水祝【 MUSIC DAY「下北沢、風が吹く。吹く。吹く。」】at 下北沢 251
ベクトル・ユーゴ →
Vo&Ag 青葉 祐五 / Gt&Cho ハルオ from in state / 
Per シュン / Pf ツタナオヒコ from seagulloop
Set list
01. シグナル
02. 南風
03. 鷹ノ爪
04. 394
05. 小さな日々


そして今病院。みんな段差には気をつけてね。

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



ブルー。

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



元気に歌録り中です

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on




【 三本の矢 v10 】無事終了。
なにはともあれ、まずは来てくれたあなた、
観てくれたあなたに、心から感謝。
ありがとうございました。

今回、出演してくれたのは
「原口誠」トリオ、「もりきこ」BAND。
せっかくだからと、この2組について、
さっきまでつらつら書いてはみたものの。
ぬるくて甘ったるいベタベタとした文章になってしまった
のでヤメました。
思いの丈は本人たちに伝えているし、
それはそれはもう素晴らしいライブをぶちかましてくれましたよ。

「原口誠」に会ったのは、横浜 Baysis
「もりきこ」に会ったのは、高田馬場 PHASE

ふと、音楽をやっていなかったら、この人達に出逢えてなかったんだよなぁと、
自分の本番前、もりきこの最後の『首都高1号羽田線』を
楽屋で聞きながら思いました。

そしてなんとなく、『音楽』はそりゃあ好きだけど、
それよりも僕は『音楽』を通して出逢える人達が好きなん
じゃないかしらん。
という事を思いました。

そして、さらにやりながら思ったのは、今日来てくれたり、いま観てくれたりする、お客様ひとりひとりにも、
音楽やってなかったら会えてないんだよなぁという
気持ちがして。
そうしたら、いつもより丁寧に『伝えるように歌う』という事ができたような気がしました。

わかっていたようでいて、
わかってなかったのかもしれません。
その辺りをもっと大事にしていきたいなと思いました。
いつもと、ライブをやってる感覚が新しい感じがしました。
ありがとうございました。

というわけで、次回【 三本の矢 v11 】は7/10(日)は。
必ず、新曲とお知らせをもってゆきます!

そして、32歳になりました。
お祝いしてくれた皆さまにも本当にありがとう。

別に電源切ってた訳ではないですけども、
ここから仕切り直してベク再起動!

それではまた!よい春を!
そういえば11曲もやったんだね!

----------------

2016.04.10.日【 三本の矢 v10 】at 下北沢 440
ベクトル・ユーゴ →
Vo&Ag 青葉 祐五 / Gt&Cho ハルオ from in state / 
Per シュン / Pf ツタナオヒコ from seagulloop
Set list
01. Home
02. 南風
03. see you again.
04. 休日、電車に乗って
05. 鳥籠
06. シグナル
07. Sofa Surfer
08. 394
09. 小さな日々
― Session
10. すいすい
― Encore
11. ドコマデモア

まもなくオープン!

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



オープン!!

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



昨日の写真。 ありがとう。

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on









2016.04.08.金 at 渋谷 HOME(430)

テーマ:
先週は金曜日に渋谷、日曜日は下北沢でライブでした。
まずは金曜日の渋谷HOMEから。

小田和也が、自分の4/10の誕生日を5日間かけて
タップリ祝わせるという、
最高に厚かましくも温かいイベントの3日目でした。

「カリスマ編」と銘打たれたこの日の出演者。
真田暎人 / チョモLaラテ / ハシグチカナデリヤ / 小田和也 / sugar boy

強烈でした。

チョモLaラテ氏とsugar boyのコントが面白かったです。
際立つ、真田さんのスター感。
どんどんガチャガチャしてゆくデリヤさんの服装。
そして、可愛い小田和也。

もはや、全員各々が自分のライブをしっかり持ってる人たちなので、ごちゃごちゃ言いません。
ご馳走様でした。非常に美味しかったです。

小田和也は、何故か良くわからないけれど、
本当に嘘くさいくらい慕ってくれます。
「いいやつだなぁ、この人。」といつも思います。
だから、5日間も彼をお祝いしに、あんなにお客さんも周りのミュージシャン達もやってくるんでしょう。

またどこかで会うでしょうし、勝手に僕は彼には
不思議なシンパシーのようなものを感じております。
誕生日も一緒だし。

『愛されマッシュルーム』ありがとう。
またな。30歳おめでとう。幸あれ。

最後に、ご来場の皆さま、
本当にありがとうございました!!

ではまた!

---------------------------------------

2016.04.10.金【小田和也PRESENTS『歌う門には福来る-Vol.21-』
~小田和也バースデーイベント5days!!カリスマ編!!~】
ベクトル・ユーゴ →Vo&Ag 青葉 祐五
1. Home
2. 南風
3. See you again.
4. 394
5. 小さな日々

---------------------------------------
という訳で、続きまして、横浜Baysis。
重ねてですけども、来てくれたあなた、見てくれた君に愛と感謝を。
ありがとうございました。
さすがにちょっとクドかったですね。

「Baysisのアコースティックの日」の、まるで見本のような面子でした。
そんな中で、ひときわ輝くのは、やはり市川聖の存在。ありがたい。
アキラのお陰で僕はまだ後輩でいれるのです。いい年こいて気楽でいれるのです。
そんなアキラに感謝。ありがとうアキラ。

そういえば、この日の数馬のパーカッションをカンダマが叩いていました。
一年ぶりのカンダマ。
料理は上手なのに、その料理の写真が異様に下手くそなカンダマ。
本名が神田正輝のカンダマ、そんなカンダマも、よくよく聞いたら1つ上でした。
びっくりしたぜ、カンダマ。ありがとうな!カンダマ。

そして、個人的に勝手にサガユウキ氏のフレーバーを感じるハイトーンボイス金岡くん。
高価なギターを弾きまくる有村架純ダイスキな銀髪の魔法使いこと冨岡くん
元気なよこちん

みんな、ありがとう。
とっても楽しかったよ。

よこちんだけ、雑な感じもするけど、数馬も大概だぜ!気にするなよ!

では、次回のBaysisは6月、そして8月も決まりました。
8月は、ちょっと特別な日の予感。詳細後日!

ひとまず、来月は4/10(日)下北沢440で逢いましょう!

P.S この日、僕は誕生日です。プレゼントはいらないから。来て。

---------------------------------------

2016.03.22.火【横田悠二 1st. Full Album 「ハコモノ」 Release Tour~横珍道中2016~ 横浜編!】
ベクトル・ユーゴ →Vo&Ag 青葉 祐五
1. Home
2. シグナル
3. See you again.
4. 394
5. 小さな日々

---------------------------------------

✴︎もはや関係のない写真まで!


アキラと僕。 今日もbaysisありがとう!

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on


ツタ家で作業でした。 今日も一曲できました。

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on



2016.03.13.日 at 下北沢CCO(428)

テーマ:
少なくともライブ毎の更新は心掛けていたのに、失礼しました。
さすがに4月に入ったら、もうなんのこっちゃなので、書きます。

まずは13日の下北沢CCO・22日の横浜Baysis、
来てくれたあなた、見てくれた君に幸あれ。感謝。
ありがとうございました。

まずは13日の下北沢CCOから。
大先輩バンド「CURIO」のAJさんから、
ひょんな事をきっかけにお誘いいただいてのライブでした。

なにせ、共演の山野隆直氏が強烈でした。
今夜は『ノープラン』であることを、しきりに言っていましたが、
本当にノープランだったんだと思います。
終盤、そのノープランであるということに加え
「昨日まで風邪をひいていて大変だったんだよ」との突然のお言葉も相まって、
それくらいから、もう若干、喋るごとに言い訳がましくなっていってましたが、
その断りがなかったら、ただただ見る者を不安にさせるライブだったということもあって、あの「ノープラン宣言」的なものは、たぶん必要だったんだと思います。

オリジナル、故デビッド・ボウイのカバー、
仮面ライダーのテーマ、
知らないアニソン...etc
なんの脈絡もなく繰り広げられるステージは、
途中から不思議な高揚感に包まれていました。

あれを人は「山野タイム」とでも言うのでしょうか。
あれは作ろうと思っても作れません。
笑いました。忘れられません。楽しいライブでした。

僕はと言うと、ハルオさんとの2人編成。
呼吸があいます。本当に、最近そう感じます。
単なるストロークでも、同じリズムで、
2本のアコギがシンクロする瞬間に音に立体感のような感じが出る気がします。
それはとても気持ちがいいです。

コーラスとかフレーズの抜き差しのタイミングが、
一番生々しく感じられるのはこの最少編成の楽しさなんじゃないかと思いました。
ミスもひと際、目立ちます。次回の2人ライブはいつかなぁ。
これはこれでオススメなので来てください。

このイベントの座談会というものをLINE上でやるとAJさんが言っていました。
詳細がわからないんですですけども(笑)
お楽しみにしていてください!

それでは、【横浜Baysis(429)】へ続きます。

---------------------------------------

2016.03.13.日【AJ GUITAR MUSIC NIGHT vol.5】
ベクトル・ユーゴ →Vo&Ag 青葉 祐五 Gt&Cho ハルオ(in state)
1. Home
2. シグナル
3. See you again.
4. 394
5. 小さな日々

---------------------------------------

✳︎ロクな写真がありません。

忠実に再現しました♡ いただきます! #今夜は下北沢CCOで待ってます。 #マヨビーム

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on


ありがとうCCO 現在、山野隆直、爆発中です。

A photo posted by ベクトル・ユーゴ / 青葉 祐五 / アオバ ユウゴ (@vectoryugo) on