与党幹部は29日夜、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設に関する政府案について、鳩山由紀夫首相が31日にも記者会見し発表する可能性があるとの見方を示した。
 首相は26日の記者会見で、「3月いっぱいをめどに政府案をまとめる努力をしている」と表明。しかし、29日には記者団に対し、月内の取りまとめにこだわらない考えを示した。 

【関連ニュース】
外相と米補佐官との会談中止=「普天間」進展見込めず敬遠か
政府案、月内決定こだわらず=普天間移設先は来月以降絞り込み
視界不良の対米調整=普天間、軍は能力保持強調
射爆場、米に返還要求へ=沖縄の負担軽減
普天間移設を協議=岡田外相、米国防長官と会談

クラゲ水族館「すばらしい」=ノーベル賞下村さんが訪問-山形(時事通信)
234万回分、使用期限切れ=余剰ワクチン廃棄へ-新型インフル・厚労省(時事通信)
時効迎え「反省、教訓を」=国松元警察庁長官(時事通信)
<高潮>巨大台風なら死者7600人 東京湾の被害想定(毎日新聞)
【野口裕之の安全保障読本】中国に「目覚め」る欧州(産経新聞)
AD