平野博文官房長官は27日午後、首相官邸で社民党の重野安正幹事長と会い、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で同党が求めた、日米共同声明から「名護市辺野古周辺」に移設するとの文言を削除することについて、「不可能だろう」と伝えた。
 また、重野氏が事態打開へ向け与党3党首会談の開催を提案したのに対し、平野長官は「検討する」と答えた。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~鳩山首相、「県外」守れず陳謝~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

クリントン長官が21日に来日、普天間協議へ(読売新聞)
普天間「持続可能な解決策を」…米国務長官(読売新聞)
営業損益7.2億円の黒字に転換、原価率が改善―ジャパンケア3月期連結(医療介護CBニュース)
女性職員にキス、副町長セクハラで依願退職(読売新聞)
【ワイドショー通信簿】子ども手当てと米百俵精神 小泉ジュニア、保育所に乗り込む
AD