反民主党を旗印に掲げる新党「たちあがれ日本」の結党記者会見が10日午後、東京都内のホテルで開かれた。

 代表に就いた平沼赳夫・元経済産業相は「今行われている民主党政権というような政治は、この国をダメにしてしまうのではないか」と語り、反民主の姿勢を鮮明にした。民主党の政策について「売国的な法案が羅列されていて、それをいま表面に出してきている。断じて、我が日本のために、野放図に許してはならない」と厳しく批判した。

 共同代表に就いた与謝野馨・元財務相は「民主党には政治に対する哲学や思想がない。自民党には、野党として闘う十分な気力がない。反民主として、非自民として国民のために闘っていきたい」と力説した。

 新党に結党時点で参加した現職国会議員は、平沼、与謝野両氏のほか、藤井孝男・元運輸相、園田博之・元官房副長官、中川義雄参院議員の計5人。党名を名付けた石原慎太郎・東京都知事も発起人の1人として記者会見に出席した。

<火災>高齢者住宅、入居者同士助け合って避難 1人病院搬送 福岡(毎日新聞)
「サミット以上に厳しい警備」=APEC対策委で副総監-警視庁(時事通信)
ペット死体、業者が投棄…経営者の元町議逮捕へ(読売新聞)
西部ガス発砲、組事務所など捜索…福岡県警(読売新聞)
<阿久根市訴訟>元係長の懲戒免職処分取り消し…鹿児島地裁(毎日新聞)
AD