鳩山由紀夫首相は18日午前、小沢一郎民主党幹事長の資金管理団体の土地購入をめぐる事件に関し、「闘うと言う以上、(小沢氏は)逃げない。ということは国民にも必要な説明をすると思っている。その方向で理解を求めるために、小沢幹事長自身が頑張っていくと考える」と述べ、小沢氏に説明責任を果たすよう促す考えを示した。首相公邸前で記者団の質問に答えた。
 小沢氏との16日の会談で「闘ってください」と伝えたことについては、「きのう(検察批判でないと)申し上げた」として、発言を撤回する考えがないことを強調。同時に「(検察人事に)介入するつもりは一切ない」と語り、捜査を見守る姿勢を重ねて示した。野党側が求める小沢氏の参考人招致については「国会で決める話だ」と述べるにとどめた。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない~民主・渡部元衆院副議長インタビュー~
「小沢独裁」は作られた虚像~民主・輿石参院会長~
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機
民主党と財務省の「一体化度」を検証する
「普天間」「習近平」「献金」で囁かれる「鳩山政権短命説」

<将棋>久保、桂得 羽生反撃 王将戦第1局(毎日新聞)
阪神大震災で建物倒壊跡地 5年前とほぼ同じ(産経新聞)
【中医協】診療報酬改定に国民の声を、中医協が地方公聴会(医療介護CBニュース)
【Re:社会部】「双方向」拡充します(産経新聞)
ストーカー殺人現場から出火か 新橋、13棟焼ける (産経新聞)
AD