サッカー・ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会の日本代表の初戦、カメルーン戦を観戦する応援ツアー約30人が11日、成田空港を出発した。青いユニホームに身を包んだサポーターらは「カメルーン戦に勝って勢いづき、予選を突破してほしい」とエールを送った。
 川崎市の会社員鈴木宏尚さん(42)はサッカーファン歴約30年。日本代表が初出場したフランス大会から日本戦は必ず現地で観戦しているといい、「走り負けず、最後までやる気を見せてほしい。初戦が一番大事だと思う」と話した。
 日本代表FW岡崎慎司選手の母富美代さん(50)と兄嵩弘さん(25)=兵庫県宝塚市=もツアーに参加。高校でサッカーのコーチをしている嵩弘さんは「アグレッシブにいってほしい。勝利しかない。シュートをたくさん打って」と声援を送る。「弟は『3点取る』と言ってたから、取るんじゃないかな。弟が得点したら予選突破できる」と期待を込めた。
 富美代さんは「一生懸命もがいて戦っている姿を、この目で見届けたい。小さいころからの夢だったので」と笑顔を見せた。 

機械部品、不正輸出図る 容疑で大阪の卸会社捜索 兵庫県警(産経新聞)
「生活保護費で足りるはず」 老齢加算廃止は違法 (産経新聞)
口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)
<北教組不正献金>小林議員陣営元会計責任者に有罪判決(毎日新聞)
藤本美貴さんがタクシーと追突事故(産経新聞)
AD