法人税滞納による差し押さえを免れるため会社の資産を隠したとして、大阪地検特捜部は12日、国税徴収法違反(滞納処分免税)容疑で、産業廃棄物処理会社「コスモスクリーンサービス」(大阪市城東区)の実質経営者岩本貢容疑者(64)と経理担当堂田陞八容疑者(62)を逮捕した。
 特捜部によると、いずれも容疑を認めているという。
 逮捕容疑によると、岩本容疑者らは同社の売上金の差し押さえを免れるため、2008年11月以降、売上金の振込先を同社から関連会社名義の預金口座に変えるなどして、計約8400万円を隠した疑い。 

【関連ニュース】
強盗殺人罪、男に無期懲役=仮釈放で慎重運用要請
桑名市課長、詐欺で逮捕=架空投資話で4000万円
工場跡地洗浄めぐり3000万=筑波大教授かたる
産廃投棄、メーカー課長も逮捕=無許可業者に依頼容疑
ミサワホーム創業者など所得隠し=株売却の8億円指摘

パロマ元社長が有罪 CO中毒死 元品質管理部長も 東京地裁判決(産経新聞)
大胆な財政出動方針、国民新が公約原案(読売新聞)
目白シンラート 夕闇に浮かぶ特設舞台で芸術を堪能(毎日新聞)
<ジェットスキー事故>3人心肺停止、女性1人不明 利根川(毎日新聞)
<普天間移設>米との交渉優先を 亀井担当相(毎日新聞)
AD