金属バットで弟を殴り重傷を負わせたとして、警視庁石神井署は17日、傷害の現行犯で、東京都練馬区大泉町、会社員、可兒(かに)智行容疑者(46)を逮捕した。同署によると、可兒容疑者は「弟が家財道具を持ち出して換金しているようなので問いつめたら、バカにした態度をとった」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は同日午後7時10分ごろ、自宅で弟の修士さん(41)と口論となり、金属バットで修士さんの頭などを5~6回殴り、頭の骨を折る重傷を負わせたとしている。

 同署によると、可兒容疑者と修士さんは別居していたが、修士さんが今月初めごろから可兒容疑者方を訪れるようになり、電化製品や楽器などを持ち出していたという。

【関連記事】
犬の糞処理で口論、男性突き飛ばされ死亡 男を逮捕
「ストレスがたまっていた」 門真の元少年 傷害致死容疑で送検
「襲撃されて殺害」に広島高裁も正当防衛否定 元組員の控訴棄却
携帯電話注意されて教諭ける 容疑の中3男子逮捕 所沢
交際相手殴り、車壊す大暴れ 容疑の男を逮捕 栃木
外国人地方参政権問題に一石

橋下知事「大阪全体で再生考える」泉北ニュータウン協、初会合(産経新聞)
BoA、約2年ぶりの全国ツアー最終公演=「やりたい音楽を続けたい」(時事通信)
裁判員裁判の量刑、殺人や性犯罪で重い傾向(読売新聞)
競争激しい旧試験(産経新聞)
寛仁さま、トルコへ(時事通信)
AD