2007-08-06 00:58:50

ワールドグランプリ キューバ戦 会見コメント

テーマ:柳本ジャパン

VBWスタッフのTです。

それにしても、今日の試合は悔しかった!

開幕3連戦の中でいちばん観客数も多く、応援も盛り上がっていただけに残念です。

来週も強豪との対戦を控えていますが、選手の皆さんには気持ちを切り替えて頑張ってほしいですね。



以下、会見コメントです。


■キューバ


・ルイザ主将

今日はキューバチームとして、よい試合展開だった。2セットを奪われたものの、少しずつ調子を取り戻し、日本バレーに対応できたと思う。途中、徐々に我々のブロックと守備がよくなり、日本のサーブに対応できるようになった。


・ペルドモ監督

とても印象的な試合だった。観客の声援がすごく、日本の守備とサーブになかなか対応できず、難しい試合となった。また、我々のサーブが不安定で、小さなミスを重ね、失点も多かったと思う。



■日本


・竹下主将

点数の差よりも内容が反省点。もっとミスを減らしたり、個人的にもトスの組み立てを修正できたのではないか?

相手のミスも多かっただけに悔しい結果だが、来週に向け、また課題を詰めていきたい。

大会までにチーム練習をやりきれていない部分があったが、個々のプレーは出てきている。チームとして組み立てていく中で、自分自身はBキャッチからの使い方など、もっとアタッカーを生かせるようなトス回しをしていきたいと思う。


・栗原選手

フルセット負けの敗因としては、あとひとつ、あと1本、詰められない何かがあった。チームとして負けたことも悔しいが、自分自身、バックアタックやコンビなど、もっと詰めていけるはず。来週に向け、ひとつひとつのプレーを修正しながらやっていきたい。

バックアタックは2戦、3戦と続く中で、相手にデータを取られ、決めきれなくなった。今後は相手のデータが集まった中でどう攻撃していくのか考えたい。


・庄司選手

本当に勝ちたかった試合。この悔しさを次の試合にぶつけたい。

キューバの高さとパワーは想像していたが、やっていく中でブロックを利用するなど、いろいろ考えながらプレーした。もっと向上できるようにしたい。隣同士の細かい部分の関係などを確認し、確立していきたいと思う。


・高橋選手

キャッチ(サーブレシーブ)、ブロックフォローなどが詰め切れていなかった。この負けを次に生かしたい。

すべてにおいて、もっとレベルアップしたいと思う。





・柳本監督

このグランプリは勝つことにこだわって臨んできたので、フルセットで負けたことは情けない。しかし、負けは負けなのだから、反省して受け止めなければ。

今日対戦したキューバもそうだが、もっと上位のチームに勝つために、チームの約束事や細かいコンビを詰めていかなければならない。

栗原が復帰し、2005~2006年のチームに比べ、レフトの決定力が出て、いい意味での安心感ができた。選手たちの意欲も感じるので、その中でトスワーク等を詰めていけば向上するのでは? 今年の全日本は肉付けとしてセンター線に個性ある選手を集めているが、例えば庄司は今までにないタイプの動きを見せてくれている。庄司を交代させずに使い続けることは、今しかできない大事なことと思っている。






AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

中西美雁さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。