横浜市中区の法律事務所で弁護士の前野義広さん(42)が刺殺された事件で、前野さんが犯人とみられる男の応対をした際、「そんな刃物はしまいなさい」と男をなだめていたことが5日、捜査関係者への取材で分かった。神奈川県警加賀町署捜査本部は、男が前野さんと口論となって刃物を取り出し、なだめられた後に、前野さんの言葉を無視して刺したとみて、詳しい状況を調べている。

 事務所から事件後になくなった物がないことも判明。捜査本部は男に盗みの目的はなく、強い殺意を持って前野さんを訪ねた可能性が高いとみている。

 捜査本部の調べによると、前野さんは2日午後、事務所に1人でいたところ、予約のなかった男の訪問を受けた。捜査関係者によると、外出先から戻った事務所の女性事務員が「そんな刃物はしまいなさい」「落ち着いて」となだめる前野さんの声を聞いた直後、バタンという大きな物音がしたという。事務所には金品や書類など盗まれているものはなく、殺害現場周辺には弁護士業務にかかわる資料が残されていた。

 こうした状況から捜査本部は、強い殺意を持って事務所を訪れた男が刃物を取り出して前野さんと対峙(たいじ)し、なだめられたがこれに応じずに犯行に及んだとみている。

 横浜弁護士会などによると、前野さんは離婚調停や債務整理などを手がけていた。

【関連記事】
資料に名前の男性が所在不明 横浜の弁護士殺害 逃走男と同一人物?
現場を事前下見か 弁護士殺害 複数の刺し傷
計画的犯行か 現場に大型サバイバルナイフ 横浜の弁護士殺害
横浜の事務所内で刺された弁護士が死亡 殺人容疑で捜査 神奈川県警
ニセ女医のあきれた虚飾人生 甘言にすがった背景に「常勤医不在」の重い現実

小林陣営の選挙違反事件 労組丸抱えの運動(産経新聞)
<口蹄疫>対策本部長は引き続き山田氏(毎日新聞)
自民、強気 衆院解散や集中開催を要求(産経新聞)
わいせつDVD1万枚所持で男を逮捕(産経新聞)
玄葉光一郎政調会長会見詳報(3)(産経新聞)
AD