JR福知山線脱線事故で死亡した高見隆二郎運転士(当時23歳)の遺族が、大阪市の天満労働基準監督署に労災申請をしていたことがわかった。

 死亡による労災申請の期限は亡くなった日から5年で、失効直前だった。今後、事故前の高見運転士の勤務状況について審査が行われる見通しで、懲罰的な日勤教育が認定判断を左右する可能性が出てきた。

対北朝鮮制裁1年延長、拉致問題へ消極姿勢で(読売新聞)
普天間問題で協力要請 日米非公式首脳会談で首相(産経新聞)
<武雄市長選>樋渡氏が3選 佐賀(毎日新聞)
<強制わいせつ>容疑の消防士逮捕 夜行バス車内で女性触る(毎日新聞)
輸血ミス後患者死亡 阪大病院 B型女性にO型投与(産経新聞)
AD