中国電力島根原発1、2号機(松江市)の定期検査で多数の点検漏れがあった問題で、同社の山下隆社長は2日、松江市役所と島根県庁を訪れ、松浦正敬市長と溝口善兵衛知事に相次いで面会し謝罪した。
 面会で、溝口知事は「県民の信頼を揺るがす事態」と遺憾を表明、松浦市長は「非常に残念。会社の危機管理に体質的な問題がある」と徹底的な原因究明を強く要望した。
 山下社長は面会後に記者会見。「私が先頭に立ち、社の意識風土を変えたと皆さんにお示しする」と述べ、第三者を含めた調査チームを月内に発足する考えを示した。 

水俣病 未認定患者団体「不知火会」が和解案受け入れ(毎日新聞)
仕分け、党に協力要請=首相(時事通信)
小学教科書検定 神話など伝統文化増えるも、自虐史観は残る(産経新聞)
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%(医療介護CBニュース)
郵貯限度額2千万で決着…亀井・原口案が軸(読売新聞)
AD