1等と前後賞合わせて2億円が当たる「グリーンジャンボ宝くじ」が15日、全国で一斉に発売され、大阪・梅田の大阪駅前第4ビル特設売り場でも出勤前の会社員らが夢を買い求めた。

 雨にもかかわらず特設売り場には午前8時の発売開始前に約10人が並んだ。毎年20枚を購入するという大阪府高槻市の会社員、永田英司さん(44)は「景気が悪く、年収も下がった。2億円が当たったら家のローンを一括返済し、別荘を買いたい」と夢を膨らませた。

 発売は3月5日までだが、1億7千万枚が売り切れ次第終了。抽せんは3月12日に行われる。当せん本数は1等(賞金1億5千万円)が17本、1等の前後賞(2500万円)が34本、2等(500万円)が170本など。特別賞として「春のおとずれ賞」(1万円)が68万本用意された。

【関連記事】
【日本の議論】宝くじ収益金はどこへ消えた? 天下り法人に“埋蔵金”も
宝くじの起源、140年ぶり復活へ 大阪の「箕面富」
早くもお祭り騒ぎ! 1等2本“奇跡”の宝くじ売り場
3億円当たれ! 年末ジャンボ抽せん会に千人
昨年の年末ジャンボ 21億5000万円未換金

イラン革命記念日を取材、毎日記者が一時拘束(読売新聞)
普天間に複数の選択肢、と米上院議員(読売新聞)
電源コード断線火災事故 ドライヤーが最多の61件(産経新聞)
小児がんのQOLを考えるシンポジウム 21日に大阪で(産経新聞)
刑務官殴りけが負わす=30代受刑者を書類送検-北海道・帯広(時事通信)
AD